ドンペリニョンルミナス

ドンペリことドンペリニヨンは、シャンパンのランク(グレード)で言えば、最高級品である、”プレスティージュシャンパン”に該当します。そんな最高級シャンパンのドンペリには種類が複数あります。

>>シャンパンのランクとは!

今回は、そのドンペリの種類をランク付けしてみようと思います!

ドンペリの種類とランク!まとめ

ドンペリコルク

今回は分かりやすいように、『価格』を参考に”ランク”を付けてみました

ランクが高くなる要因としては、『熟成期間の長さ』や『古酒』、『希少性』。そして、ランクの高さは価格にそのまま影響していきます。

熟成期間が長ければ長いほど、品質を保つのに手間や管理に手間がかかるため、どうしても高価になります。なので、ドンペリの種類の中では当時一番安かったドンペリが、時を経て『古酒』になり、『希少性』加わって価格が大幅に上がることがあります。

そして、ドンペリの中では最も一般的な”ドンペリ ヴィンテージ”でも、”ロゼ”の場合は製造に手間がかかる分、”白”よりも価格が上がります。

それでは、見て行きましょう!ランクが低いものから順に並べています!

スポンサーリンク

1.ドンペリニヨン ヴィンテージ

一般的で手が届くドンペリと言えば、この『ドンペリ ヴィンテージ』!このヴィンテージでさえも最低8年は熟成期間を要すると言われています。

ちなみに、上記商品画像は、"ドンペリ白"と呼ばれるものですが、下記のように”ロゼ”もあります。熟成期間はロゼが長いことが多く、手間もかかるので値段は倍以上することも!

>>【シャンパン&知識】シャンパン、”白”と”ロゼ”、どう違うの!?製造方法から知る、ロゼ!

”ドンペリ ヴィンテージ”を探す!

2.ドンペリニヨン P2

ドンペリは、”3つの時代を通る(3段階の熟成が訪れる)”と言われていて、第1期は、1.の”ヴィンテージ”として、そして次の第2期の熟成を経て出荷されるのがこの、”P2”という名のドンペリ。

P2は、約16年間の熟成を経て出荷されます。3.のエノテークと熟成期間は似ていますが、ブランドコンセプトが異なりますね。

ちなみに、上記商品画像のように”ロゼ P2”も存在しますが、現段階ではとにかく希少で、お値段はとても高価、20万円を超えるものも!

”ドンペリ P2”を探す!

3.ドンペリニヨン エノテーク

ラベルが黒いことから、ドンペリ黒とも呼ばれる”エノテーク”。

”エノテーク”として流通されているドンペリが現時点でとても少ないため、お値段がグンと上がりますし、ヴィンテージ(年号)によって差が大きくなります。

熟成期間は、16年程度と言われていますが、現段階で最後に出たヴィンテージ(ブドウ収穫年)は1996年のよう。

そして、”エノテークのロゼ”もありますが、さらに希少!さらにお値段がアップします!

”ドンペリ エノテーク”を探す!

4. ドンペリニヨン レゼルヴ ドゥ ラ ベイ

ドンペリ ゴールドとも呼ばれるこの、”レゼルヴ ドゥ ラ ベイ”。ラベルも、ゴールドですね!芸術作品とも呼ばれ、希少性の高いドンペリ。

熟成期間は約20年間とあり、箱も木箱で重厚なイメージ。お値段も上がります!

”ドンペリ レゼルヴ ドゥ ラ ベイ”を探す!

5.ドンペリニヨン P3

2.と同様、ドンペリは、”3つの時代を通る(3段階の熟成が訪れる)”と言われていて、第1期は、ヴィンテージとして、そして次の第2期は、”P2”、そして最後の第3期は、この”P3"として出荷されます。

この"P3"、熟成期間は25年以上とされていて、とにかく希少!破格のお値段!今販売されているものを見つけるのも大変かも!?

”ドンペリ P3”を探す!

以上が、”ドンペリの種類とランク、まとめ”でした!

改めて、それぞれの種類と価格を見てみると・・、希少性や古酒になるにつれ価格もアップ!そして、各種類発売したての頃は、割とお手頃だったのに月日が経つにつれ、「あれ!もっと安く出ていたのに!」というものもありました。

輸入品なので、経済状況によっても価格が変わります。

そして、ドンペリは”ヴィンテージシャンパン”なので、各種類、出荷される年も異なるので、同じ種類でも年号が異なると価格が跳ね上がるというような現象が出てきます。

一般的な考え方として、”希少性が高いものが高価になる”という感覚で見ていくのが分かりやすいかなと思います!

それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

Reccomend