ドンペリ2008

ドンペリといえば、日本で知名度No.1といわれる高級シャンパン。そんな”ドンペリ”のランクやグレード、気になりますよね。

そもそも”ドンペリニヨン”にランクやグレードはあるのか、そして、そのランクやグレードはどんな基準で決まるのか。今回は、”ドンペリ”のランクやグレードについてまとめてみました。

”ドンペリ”こと”ドンペリニヨン”のランク、グレードとは!?

ドンペリの箱

先に結論から言うと、”ドンペリ”こと”ドンペリニヨン”のシャンパンランク(グレード)は、”ヴィンテージ”、”プレスティージュ”というランク(グレード)に該当します。これは、”ドンペリ”の全種類において共通するランク(グレード)です。

 

”ヴィンテージ”とは、ボトルやラベルに記載のある単一年(年号)に収穫されたブドウのみを使って造られるシャンパンで、その年のブドウの個性が表現されるシャンパン。一般的な”ノン・ヴィンテージ”よりも製造に手間がかかり、3年以上の熟成が必要。

プレスティージュとは、各生産者の最高級品という位置づけのシャンパン。熟成期間は5年~7年が必要ですが、それ以上のものが多々存在します。価格も高価になります。また、一部を除き、”プレスティージュ”シャンパンのほとんどが、”ヴィンテージ”シャンパンに該当します。

このシャンパンのランク以外になると、”ドンペリ”の種類の中で”ランク”や”グレード”を分けることになります。ドンペリの種類の中で分けたい場合、どんな”ランク”や”グレード”付けができるのでしょうか。早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

”ドンペリ”のランクやグレードを決める基準は!?

はてな

ドンペリの種類の中で”ランク”や”グレード”を付けるとなると、基準になるのは、”価格”と”熟成期間”

”価格”と”熟成期間”と考えると、2つの異なるランクやグレードが出来そうですが、”熟成期間”と”価格”は比例しているため、”価格”で分けても”熟成期間”で分けても、同じランクやグレード順になります。熟成期間が長いほど高価になるということですね。なので、熟成期間が長いほどランクやグレードは上がります。

それでは、”熟成期間”や”価格”を踏まえて、各”ドンペリ”をランク順、グレード順に並べてみましょう。

スポンサーリンク

”ドンペリ”の種類とランク、グレード一覧!

ドンペリ

”ドンペリ”を、”価格”・”熟成期間”を基準にランク付け、グレード付けしてみました。下に行くほど、熟成期間が長く、高価になり、ランクやグレードも上がります。

1.ドンペリニヨン ヴィンテージ

  • 【価格】1万5千円程度~*価格は変動します。
  • 【熟成期間】8年程度

”ドンペリ”ブランドの中で最もスタンダードで一般的なのがこの”ドンペリ ヴィンテージ”、”ドンペリ白”とも呼ばれています。このヴィンテージでさえも最低8年は熟成期間を要すると言われています。

”ドンペリ ヴィンテージ”を見てみる

2.ドンペリニヨン ロゼ

  • 【価格】2万8千円程度~*価格は変動します。
  • 【熟成期間】10年以上

”ピンドン”や”ドンペリピンク”とも言われるのがこの、”ドンペリ ロゼ”。熟成期間は上記の”ドンペリ白”よりも長く、”ピノ・ノワール”というブドウ品種にこだわりを持って造られる高級ロゼシャンパンです。熟成期間は、”ドンペリ白”の倍ではないけれど、お値段は倍以上することも..。

”ドンペリ ロゼ”を見てみる

3.ドンペリニヨン P2

  • 【価格】4万円程度~*価格は変動します。
  • 【熟成期間】16年程度~

ドンペリは、”3つの時代を通る(3段階の熟成が訪れる)”と言われていて、第1の時代は、1.の”ヴィンテージ”として、そして次の第2の時代を象徴しているのがこの、”P2”という名のドンペリ。

”P2”は、1.の”ヴィンテージ”の2倍、約16年間の熟成を経て出荷されます。下記、”エノテーク”の後継品とも言われてます。

また、現在は売り切れで見当たらないためランクには掲載していませんが、上記のように”P2”のロゼがありました。そもそも”ロゼ”は熟成期間が長い上に希少性も増すため、お値段が10万越えになるなど高騰します。

”ドンペリ P2”を見てみる

4.ドンペリニヨン エノテーク

  • 【価格】5万円程度~*価格は変動します。
  • 【熟成期間】16年程度~

”ドンペリ黒”とも言われる、”エノテーク”。この”エノテーク”は”白”と”ロゼ”がありますが、現行の”P2”が後継品とも言われていて、現在販売されているものはどれも古酒になります。よって、ヴィンテージ(年号)によって価格に大きな幅があります。30万円を超える”エノテーク”もあります。

”ドンペリ エノテーク”を見てみる

5.ドンペリニヨン レゼルヴ ドゥ ラ ベイ

  • 【価格】8万円後半~*価格は変動します。
  • 【熟成期間】20年程度

”ドンペリ ゴールド”やドンペリの芸術作品とも呼ばれるのが、この”レゼルヴ ドゥ ラ ベイ”。箱も木箱で重厚なイメージがあります。熟成期間が20年というのもありますが、販売されているのはどれも古酒で、ヴィンテージ(年号)によって大きな価格差があります。

”ドンペリ レゼルヴ ドゥ ラ ベイ”を見てみる

6.ドンペリニヨン P3

  • 【価格】30万円以上~*価格は変動します。
  • 【熟成期間】25年以上

ドンペリは、”3つの時代を通る(3段階の熟成が訪れる)”と言われていて、第1の時代は、1.の”ヴィンテージ”として、そして次の第2の時代が”P2”、そして最後の3つ目の時代を象徴するのがこの”P3”。ドンペリの集大成と捉えることが出来る1本です。

この”P3”、熟成期間からも希少性が分かりますが、お値段は跳ね上がり、破格です。

”ドンペリ P3”を見てみる

これらが、”ドンペリ”の種類をランク、グレード順一覧。

本来、”ドンペリ白”と”ドンぺリロゼ”は分けてランク、グレード順にしたいところですが、”ロゼ”は希少性が高く販売されていないものも多いため、一緒にまとめています。

スポンサーリンク

ランクやグレードが高い”ドンペリ”はギフトとしてはNG!?ギフトにオススメの”ドンペリ”!

箱の中のドンペリ

”ドンペリ”こと”ドンぺリニヨン”、知名度が高く、価値を共有しやすい分、プレゼントやギフトとして人気がありますが、ドンペリの種類の中でギフトとしてオススメなのは、”ドンペリ白””ドンペリロゼ”

逆に上記一覧にあるグレードの高いドンペリは、一般的に考えるとギフトとしてオススメしません。なぜなら、グレードの高いドンペリは、高価で価値が高い一方で、熟成期間が長いため扱いが難しく、価値を理解するにはそれ相応のワインの経験値と飲み手の技術が必要になるからです。

玄人よりのワイン好きさんであれば、価値を理解できる可能性も高いため、グレードの高い”ドンペリ”(熟成期間の長いドンペリ)を贈るのもアリでしょう。

でも、それ以外の方であれば、グレードの高いドンペリを贈っても楽しめない可能性大。そのリスクがあるのであれば、楽しみやすい”ドンペリ白”か”ドンペリロゼ”の方がギフトとしては喜ばれます。

>>”ドンペリ ヴィンテージ”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

>>”ドンペリ ロゼ”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

以上が、"ドンペリ”のランクとグレードはについて”でした。”ドンペリ”への理解が増し、少しでも楽しめますように!

もっと”ドンペリ”について知りたいという方は、”ドンペリ豆知識”というサイトで詳しくまとめていますので、参考にしてみてくださいね!

>>ドンペリとは!?(ドンペリ豆知識)

>>世界で1つの名入れドンペリ(ドンペリ豆知識)

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

Reccomend