ラミアブル

シャンパンの種類というと、色々な分け方がりますが、その1つに"ランク"があります。

"ランク"、"グレード"、呼ばれ方は異なることもありますが、ある意味シャンパンを知ったり、選んだりする上で、種類分けできる方法の1つ。ただ、この"ランクやグレード"、お店で細かく表記されているわけでもなく、シャンパンボトルに分かるように表記されているわけでもないので、見分けるのは難しいですね。

もっと、気楽に簡単に分かったらいいのに。ということで、今回は、『シャンパンの"ランク"、”グレード”について』、簡単にまとめてみました。

スポンサーリンク

3つのランク(グレード) から知る、シャンパンの種類!ギフトや贈り物はどのランクのシャンパンがオススメ!?

シャンパンのランク(グレード)は、下記のように3つに分けることが出来ます。

  • ”プレスティージュ”(最高級)
  • ”ヴィンテージ”(高級)
  • ”ノンヴィンテージ”(スタンダード)

最高級ランク(グレード)と呼ばれる”プレスティージュシャンパン”から順にランクの特徴とそのランクのシャンパン例をまとめていきます。

スポンサーリンク

”プレスティージュ (最高級)”

プレスティージュ (最高級)シャンパン、特徴!

ドンペリ

最高級ランクであるプレスティージュシャンパンの特徴は下記の通り。人生で1度は飲みたいと言われるようなシャンパンの多くが、このプレスティージュに該当します。

プレスティージュの特徴!
  • 最高級品という位置づけ。
  • 時間・手間・費用を大胆に使って造られるシャンパン。
  • 5年~7年の熟成が必要。それ以上のもが多数あり。
  • 各メゾンの伝統と個性が表現されるシャンパン。
  • 価格は、とても高価。
  • ”プレスティージュシャンパン”の見分けは困難。
  • ”プレスティージュシャンパン”のほとんどが”ヴィンテージシャンパン”。一部に”ノン・ヴィンテージ”も該当。

最高級ランクになるプレスティージュシャンパンは、各ブランドの最高級品という位置づけになります。そのため、高品質であることに加えて各ブランドの個性や、ヴィンテージ(年号)ごとの新鮮さといった要素を兼ね備える必要があります。

ただ、高級であるがゆえに、一般消費者にとって気難しさがあるものも多く、人によっては美味しいと感じないこともあります。美味しさが分かりやすい高級シャンパンとしては、下記プレスティージュシャンパン例に挙げた”クリュッグ”がオススメです。

>>高評価の高級シャンパン。”美味しくない”と感じるのはなぜ!?

また、少し混乱してしまうのが、プレスティージュシャンパンの多くが、”ヴィンテージ シャンパン”であるということ。ほんの一部においては、”ノンヴィンテージシャンパン”に該当するものもあります。ちなみに、ドンペリニヨンこと、ドンペリも、"ヴィンテージシャンパン”でありながら、”プレスティ―ジュシャンパン"というものに該当します。

スポンサーリンク

プレスティージュシャンパンの見分け方!

クリュッグ

この”プレスティージュシャンパン”、何が難しいって、『どれが、”プレスティージュシャンパン”なのかが分からないこと』なんですよね。シャンパンボトルに記載もありません。

となると、”どう見分けるか”ですが、見た目では分からないので、簡単に見分ける目安となるのは、”価格”。

1万円以上ならプレスティージュ!

と考えておくと良いと思います。ということで、いくつか有名どころの”プレスティ―ジュシャンパン”を下記に紹介しておきましょう。

スポンサーリンク

プレスティ―ジュシャンパン例

”サロン”

シャンパンにまつわる本を開けば、どの本にも載っている、高級シャンパン。『一生に一度は、人生に一度は飲みたいシャンパン』というようなフレーズも溢れんばかりに見る有名な高級シャンパンです。

”サロン”を見てみる。

”ドンペリニヨン”

モエ・エ・シャンドン社という生産者が造り出す、最高級シャンパンが、"ドンペリ"。日本では高級シャンパンの代名詞として最も知名度のあるシャンパンです。

”ドンペリ”を見てみる。

”クリュッグ”

上記のクリュッグは、”ノンヴィンテージシャンパン”なのですが、”クリュッグ”の場合は造られる全てのシャンパンが”プレスティージュシャンパン”に該当します。

このクリュッグ、最高級シャンパンにも関わらず気取らず飲み手を選びません。オープンに誰をも迎え入れてくれるすご腕の高級シャンパン。ワイン初心者さんでも、陽気に楽しめる、高級シャンパンです。

”クリュッグ”を見てみる。

”ルイ・ロデレール クリスタル”

この”ルイロデレール クリスタル”も本や雑誌などの媒体で、とにかくよく目にし、耳にする有名な”プレスティ―ジュシャンパン”。個人的には、価値を理解するには、ワインやシャンパンの経験値が必要だと感じます。

”ルイロデレール クリスタル”を見てみる。

”ペリエ・ジュエ ベル・エポック”

生産者のペリエジュエ社が造る、最高級シャンパンの"ベル・エポック"。ボトルのデザインあまりに美しいため、一度観たら忘れられない、第一印象から魅力的な高級シャンパンです。

”ペリエジュエ ベルエポック”を見てみる。

以上が、”プレスティ―ジュシャンパン”の例でした!

スポンサーリンク

”ヴィンテージ(高級)”

ヴィンテージ(高級)シャンパン、特徴!

ヴィンテージシャンパンの特徴!

スタンダードである、ノン・ヴィンテージシャンパンが、様々な年のブドウから造られるワインをブレンドすることで造られるのに対し、このヴィンテージシャンパンは、単一年のブドウのみで造られます。

シャンパーニュ地方はブドウ栽培において、決して季候に恵まれている地域ではないため、ブドウの出来はなかなか安定しません。そのためにも、様々な年のブドウで造られたワインをブレンドすることで、安定した品質のシャンパンを造ることが出来ます。

>>オーケストラから知る、シャンパンの強みと魅力

それをせずに、単一年のブドウで造られる(例えば、2004年に収穫されたブドウのみを使って造られるなど)ヴィンテージシャンパンは、ブドウの出来具合に左右されますし、その年のブドウの個性を出すことが求められるため、ノン・ヴィテージシャンパンに比べると、ブドウ栽培面も含めて製造のハードルが上がります。

スポンサーリンク

ヴィンテージシャンパンの見分け方!

ヴィンテージシャンパンの見分け方は、とても簡単。ボトルやラベルに、『Millesime(ミレジメ)』『Vintage(ヴィンテージ)』、『西暦の年号』などの表記があれば、ヴィンテージシャンパンになります。

例えば、上記のシャンパンのラベルを見ると、”2009”という年号が表記されています。よって、このシャンパンは、ヴィンテージシャンパンに該当します。この”2009年(単一年)”とは、2009年に収穫されたブドウを使って造られたということを意味しています。

もう1つ、プレスティージュシャンパンでありながら、ヴィンテージシャンパンである、ドンペリを例に挙げてみましょう。下記はドンぺリのラベルなのですが、右上の水色の線が引かれている部分に、『MILLESIME(ミレジメ)』という表記があるのが分かるでしょうか。

ドンペリのラベル

そして、上記写真の真ん中あたりの緑の線が引かれている部分には、『Vintage 2004』の記載があり、”ヴィンテージシャンパン”であるということが分かります。その他の線が何を表しているかは、【簡単!ラベルの読み方】という記事で詳しくまとめていますので、気になる方はどうぞご覧になってみてください。

スポンサーリンク

ヴィンテージシャンパン例

”プレスティ―ジュシャンパン”の多くが、”ヴィンテージシャンパン”なので、さきほどのプレスティージュシャンパン例("クリュッグ"以外)も”ヴィンテージシャンパン”の例にはなりますが、それ以外のヴィンテージシャンパン例をほんの一握り掲載しておきます。

”モエ・エ・シャンドン ヴィンテージ”

これは、ドンペリの生産者でもある、モエ・エ・シャンドン社が造る"モエ・エ・シャンドン"というブランドのヴィンテージシャンパン。ラベル(エチケット)に大きく『2009』という西暦表記があります。

”モエ・エ・シャンドン ヴィンテージ”を見てみる。

”パイパー・エドシック ヴィンテージ”

パイパー・エドシックという生産者が造り出す、ヴィンテージシャンパン。マリリン・モンローが愛したシャンパンブランドとして有名ですが、このシャンパンも『2006』という表記がラベル(エチケット)にあり、2006年のブドウを使用したヴィンテージシャンパンであることが分かります。

”パイパー・エドシック ヴィンテージ”を見てみる。

スポンサーリンク

”ノンヴィンテージ (スタンダード)”

ノンヴィンテージ (スタンダード)、特徴!

ノン・ヴィンテージの特徴!
  • 各メゾン(生産者)のスタンダートシャンパン。
  • ノン・ヴィンテージは、複数年のブドウから造られるワインをブレンドして造られたシャンパン。
  • 価格が手頃なものが多い。
  • 見分け方はわりと楽。

各ブランドのスタンダードシャンパンに該当するのが、この”ノン・ヴィンテージシャンパン”。シャンパンの中では価格も手頃なものが多く、大衆向けに造られている印象があるので、ワイン初心者さんでも親しみやすく、初心者さんから玄人さんまで楽しめるシャンパンです。

ただやっかいなのが、ノン・ヴィンテージシャンパンでありながらも、”プレスティージュシャンパン(最高級)”に該当するシャンパンが存在するということ。プレスティージュシャンパン例に挙げた、”クリュッグ”がその1つですが、そういった場合は価格を見ましょう。高価格であるものは、その可能性が高いです。

スポンサーリンク

ノン・ヴィンテージシャンパンの見分け方!

ghマム

ノン・ヴィンテージシャンパンを見分けるのは割と楽。ヴィンテージシャンパンのようにパッと見て年号の記載があってすぐ分かるという明確さはないけれど、”年号”や”MILLESIME(ミレジメ)”、”Vintage”の記載がなければ、ノン・ヴィンテージシャンパンです。

また、ネットショップでは"NV"と表記しているものが多く、"NV"とあれば、ノン・ヴィンテージシャンパンを意味します。

プレスティージュシャンパンに該当しないノン・ヴィンテージシャンパンを見分けるポイントとして、分かりやすいのはやはり”価格”。値段が手頃で、3000円~7000円未満のものは大体が一般的なノンヴィンテージシャンパンですね。

スポンサーリンク

ノンヴィンテージシャンパン例

ノン・ヴィンテージシャンパンの例をいくつか挙げていきましょう。

”モエ・エ・シャンドン ノンヴィンテージ”

ドンペリの生産者である、モエ・エ・シャンドン社の造る、ノンヴィンテージシャンパン。このボトルや"MOET"の文字を見たことがある方も多いのでは!?スーパーなどでも取り扱っていることもあり、ロゼもよく見かけます。ボトルやラベルに年号の表記がないのが分かります。

”モエ・エ・シャンドン ノン・ヴィンテージ”を探す!

”クリュッグ”

プレスティージュシャンパンの1つとして紹介した、”クリュッグ”というシャンパンですが、ノンヴィンテージシャンパンでもあります。なぜなら、単一年のブドウでのみ造られたわけではなく、複数年のブドウを使用して造られているからです。

ただし、この生産者で造られる全てのシャンパンは、ノン・ヴィンテージであっても、"プレスティージュシャンパン"に属します。なので、このクリュッグはノンヴィンテージシャンパンでありながら、とても高価です。

”クリュッグ”を見てみる。

”パイパー・エドシック ブリュット”

上記シャンパンは、パイパーエドシックという有名ブランドのノンヴィンテージシャンパン。西暦表記がないのが分かります。

”パイパー・エドシック ブリュット”を見てみる。

”ペリエ・ジュエ ノンヴィンテージ"

上記シャンパンは、ペリエ・ジュエというブランドののノン・ヴィンテージシャンパン。こちらも、西暦表記等がないのが分かります。

”ペリエ・ジュエ(ノンヴィンテージ)”を見てみる。

ギフトや贈り物のシャンパン、どのランクやグレードがオススメ!?

ドゥブル

シャンパンのランクやグレードが分かると、疑問として湧くのが贈り物やギフト用のシャンパンについて。どのランクやグレードのシャンパンを選べば良いのか、疑問が湧きますよね。ギフトや贈り物用のシャンパンを選ぶ場合の目安をまとめてみました。

ノン・ヴィンテージ”はどんなギフトシーンでも活躍できる万能派です。予算が5000円程度~1万円以下の価格帯で選択肢が豊富にあるので、様々な種類から選ぶことが出来ます。カジュアルにシャンパンを贈りたいのであれば、”ノン・ヴィンテージ”がオススメ。もちろん、フォーマルシーンでの贈り物としても全く問題ありません。また、”ノン・ヴィンテージ”は、ある意味大衆派なので美味しさが分かりやすく万人受けするものが多いので、ワイン初心者さんや普段ワインを飲まない方へのシャンパンギフトにも向いています。

>>"ノン・ヴィンテージ シャンパン”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

ヴィンテージ”や”プレスティージュ”シャンパンは、特別なお祝いやシーン、ワイン好きさんへのギフトにオススメ。予算は、1万円近く~と考えておくと良いでしょう。価格帯からも、普段頻繁に飲めるわけではないので、ここぞという特別なお祝いやワイン好きさんへのギフトにオススメです。逆に、”ヴィンテージ”や”プレスティ―ジュ”になるとワイン初心者さんや普段ワインを飲まない方は価値が分からない可能性があります。決して、贈り物に不向きというわけではありませんが、ワイン初心者さんに”ヴィンテージ”や”プレスティージュ”シャンパンを贈る場合は、ワイン初心者さんでも美味しく楽しく飲めるよう、”ワイン初心者さんにオススメのシャンパン”にあるように、美味しさが分かりやすいシャンパンを選びましょう。

>>”ヴィンテージ シャンパン以上”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

オススメ記事
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事