プレニチュード、プレニテュード(Plenitudes)とは、『熟成』を意味します。

 

シャンパンやスパークリングワインは、出荷時にすでに熟成のピークを迎えているので、赤ワインなどのように瓶内での熟成は不要になります。

つまり、購入してすぐに飲んでOKということ!

 

ちなみに、ドンペリで言えば、ドンペリは3回の熟成を経ると言われているんですよね。まずは、約8年で1度目、約16年で2度目、約25年以上の時を経て3度目というように。

>>3つの時代を経るシャンパン、ドンペリ!

 

だから、3度の熟成がピークに達した段階でそれぞれ、"ドンペリニョン ヴィンテージ"、"ドンペリニョン P2 / エノテーク", ”ドンペリニョン P3"として、発売されます。もちろん、お値段もその都度にアップしていきます!

 

あっ、じゃぁ、最も安い"ドンペリニョン ヴィンテージ"を買って、家で長期間保存しておけば、安く済んで、"P2/エノテーク" や "P3" を味わえることになるんじゃない!?

 

なんてこ知恵が働いてきそうですが残念!ドンペリの"P2"や"P3"、"エノテーク"として発売されるものは、ほんの一握りのドンペリのみ。長期熟成に耐え、飛躍し、ドンペリのブランドに沿うもののみがリリースされます。

 

例え、"P2"や"P3"と同じ年代(ヴィンテージ)のドンペリを長期間保管していても、それが正式に発売される"P2"や"P3"と同等の品質があるかは、未知の世界。劣化している可能性だって含みます。

だから、プレニテュード(Plenitudes)を迎えたシャンパンを飲むのならば、自ら長期保存しておいたシャンパンよりも、そのプレニテュード(Plenitudes)を表した正式なシャンパンを買うこと、オススメいたします!

 

 

>>シャンパンの種類

>>ドンペリの種類と価格

関連キーワード

Twitterでフォローしよう

オススメ記事