ラッピング

『お中元、お歳暮にワインはどうか!?』

贈り先様がワイン好きの場合は、そんな考えがふと思い浮かぶますよね。そして、ワイン好きの立場として、お中元やお歳暮にワインが届いたたらとても嬉しいです。

ただ、問題はどのワインを贈るかとということ。ワインを贈り物にする上で最も難しいのが選ぶことなんです。なぜなら、ワインは種類が多すぎるし、贈り先様の嗜好に合うか不安が生じてしまうから。

そこで、オススメなののが、お歳暮やお中元のワインギフトはシャンパンやスパークリングワインを選ぶこと。

ということで、なぜお中元やお歳暮はシャンパンやスパークリングワインがオススメなのか、実際のオススメを含めてまとめておきたいと思います。

スポンサーリンク

お中元やお歳暮には、シャンパン・スパークリングワイン!選び方やオススメ!

お中元やお歳暮にシャンパン、スパークリングワインがオススメな理由!

泡

お中元やお歳暮のワインに、シャンパンやスパークリングワインがオススメな理由は次の通り。

発泡性ワインは特別感があるから!シャンパンやスパークリングワインは結婚披露宴や慶事のお祝い事の乾杯に使われることが多いことから、特別な時に飲まれるお酒というイメージが根付いてます。

特にシャンパンは高級というイメージが根付いているため、特別感はさらにアップ。よって、赤・白ワインよりもシャンパンやスパークリングワインは特別感を演出しやすく、男女共に喜ばれる傾向があります。

熟成の必要がなくすぐに美味しく飲めるから!特に赤ワインの中には、購入してからしばらく熟成させないと美味しく飲めないものが多々あります。となると、保存・保管という手間が贈り先様にかかりますし、贈る側もどれが飲み頃か見極めが必要だということ。これがなんとも難しいのです。

一方で、シャンパンやスパークリングワインなどの発泡性ワインは楽ちん。熟成のピークを迎えた段階で出荷されるため、すでに販売されているものは飲み頃のもの。基本熟成の必要はないため、どれを選んでも美味しく飲めます。

万人受けタイプで、嗜好に左右されない!赤・白ワインは、人によって好みがかなり分かれます(特に赤ワイン)。実際に私の場合も、この産地の赤ワインは苦手、このブドウ品種のワインはあまり好きではないという嗜好があるほど。

お中元・お歳暮となると、目上の方や日ごろお世話になっている方へ贈ることがほとんどですよね。そんな大事なギフトシーンに苦手なものは贈りたくないと思うはず。

一方、シャンパンやスパークリングワインは発泡性ワインのため飲みやすく、嗜好性は強くありません。誰もが美味しく飲める、飲みやすいのです。よって、相手先様の嗜好をあまり考えなくても良いというメリットがあります。(甘いお酒が好きか否かくらいは把握しておくと良いでしょう)

選ぶのが楽(らく)、種類が限られている!下記図を見ていただくと分かるように、発泡性ワインの特にシャンパンはとても限定的なワインということが分かります。

ワインを知る図

つまり、シャンパンが最も選びやすいということ。(シャンパンは、フランスのシャンパーニュ地方で造られる一部のスパークリングワインのこと。)

ワインをギフトとして選ぶ際に最も支障となるのが種類が多くて迷うこと。でも、贈り物をシャンパンに絞ってしまえば種類が絞られ、選ぶのが楽になります。

お中元やお歳暮ギフト、予算でシャンパンかスパークリングワインを選びましょう!

パイパーエドシック レア ヴィンテージ

シャンパンやスパークリングワインの贈り物で、1番始めにするのが、シャンパンかスパークリングワイン、どちらにするかを選ぶこと。このどちらにするかは、予算でおのずと決まってきます。

5000円以下ならスパークリングワイン、5000円以上であればシャンパンがオススメ。

ではでは、シャンパン、スパークリングワインどちらにするかを決めたら、どう選ぶかオススメを含めて見ていきましょう。

スポンサーリンク

お中元・お歳暮のワイン、選び方のコツと鉄則!

ドンペリ

まずワインギフトを選ぶ際の鉄則がありまして、それが「的を絞る」ということ。

先ほどもお伝えしましたが、ワインは種類がとにかく多く迷うのです。この迷いに深入りすると、見る気も失せる人が続出。ワインを選ぶことすら諦めてしまう人が多いです。ではどう的を絞るのか。

的の絞り方でオススメなのが次の3つ。手間を含めて楽な順に並べています。

大手百貨店でお中元・お歳暮用のワインギフトを選ぶ!

今の時期だとお歳暮シーズン。大手百貨店では、三越のお歳暮 2021 冬の贈り物伊勢丹のお歳暮 2021 冬の贈り物 というように、お歳暮に適切な贈り物がすでにピックアップされて紹介されており、その中に毎年ワイン(シャンパン含む)もあります。

こういった百貨店のお歳暮品を購入してしまうのはすごく楽。お歳暮用の品なので、贈り先様に失礼のないワインが選ばれており、ラッピングも定番のもの。熨斗などの対応も心配なく、安心して贈ることができます。

 

三越伊勢丹オンラインストア

三越伊勢丹オンラインストア

オススメされているものを選ぶ

次に楽なのあ、お中元やお歳暮にオススメされているワイン(シャンパン、スパークリングワイン)を選ぶこと。

贈る側がワインに詳しくない方の場合は、そのワインが贈り物に相応しいのか、美味しいか判断が難しく迷いが深くなる傾向にあります。よって、ワインに詳しい方がオススメするものを選ぶと無難。

こちらのサイトでも紹介しているので、宜しければ参考にしてみてください。>>お歳暮・お中元にオススメのシャンパン、スパークリングワイン

自分が好きなもの、贈り先様が喜ぶものを選ぶ

ペリエジュエ ロゼ

これは普段ワインを飲まれていて、経験値がある方。また、贈り先様の嗜好をよく知っている方の的の絞り方ですよね。

これもとても楽な方法ではありませんが、あまりワインの経験値がない場合はうまく機能しません。

それでは、最後にお中元やお歳暮にオススメのシャンパンを紹介しておきたいと思います。

お中元・お歳暮にオススメのシャンパンとスパークリングワイン!

シャンパンとスパークリングワインでオススメを分けているので、下記どちらかをクリックしてお進みください。

お中元・お歳暮にシャンパン!オススメは!?

5000円程度~シャンパンリスト
バロン・ド・ロスチャイルド ブリュット

【価格】5千円台~*価格は変動します。

ボルドーの赤ワインで有名なロスチャイルド家が造るシャンパン。

1口目のインパクトが強く、その美味しさと衝撃が記憶に残り、何度でもリピートしたくなるシャンパン。有名人の結婚披露宴で振る舞われたことでも有名です。

ボトルや箱のデザインからも、重厚感や正式感を与えるため、きっちりとした印象を伝えられるお中元・お歳暮ギフトになります。>>バロン・ド・ロスチャイルド ブリュットを見てみる(amazon)(楽天市場))、(Yahoo!ショッピング)

ドビ ブリュット 、P.ゲール&フィス キュヴェ コクリコ

【価格】6千円台~*価格は変動します

小規模生産者(RM)が作り出す、希少なシャンパン。赤いコクリコの花がボトルに描かれたデザインが映える1本。

小規模生産者(RM)の造るシャンパンで、生産量が限定されることから日本に輸入されるのは僅か。ワイン好きといってもなかなか飲めない貴重なシャンパンです。

そして、この赤いコクリコ(ひなげし)の花言葉は、『感謝』。お中元・お歳暮ということで、贈り先様に感謝の気持ちを伝えやすいシャンパンギフトです。>>キュヴェ コクリコを見てみる(楽天市場)(amazon)(Yahoo!ショッピング)

ポル ロジェ ブリュット レゼルヴ

【価格】5千円程度~*価格は変動します。

英国王室御用達で、ヘンリー王子やウィリアム王子の結婚式に振る舞われたシャンパンとして有名なのがこのポル・ロジェのシャンパン。

ボトルや箱のデザインが真っ白でクラシカル、そして気品高い印象を与えてくれるシャンパンギフトです。>>ポル・ロジェを見てみる(楽天市場)(amazon)(Yahoo!ショッピング)

10000円以上の高級シャンパン!
ドンペリ(ドンペリニヨン)ヴィンテージ

【価格】2万円程度~*価格は変動します。

日本ではシャンパンの王様という位置づけにあるドンペリ。

ドンペリの最大の魅力は、誰もが知っている高級シャンパンだということ。ドンペリ=高級、高価、特別というようなイメージが日本中に根付いているため、同じイメージを贈り先様と共有できるシャンパンギフトです。>>ドンペリを見てみる(amazon)(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

ニコラ・フィアット パルムドール

【価格】1万円台~*価格は変動します。

重厚感や圧倒的な存在感で魅せる、高級シャンパン。

ニコラ・フィアットというと、某大手航空会社のファーストクラスでサーブされたとして有名なシャンパン。そんなニコラ・フィアットから出される、最高級ランクのシャンパンがこのパルム・ドール。

ボトルデザインがラグジュアリーでシックなため、第一印象から魅せる高級シャンパンです。>>パルムドールを見てみる(amazon)(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

ボランジェ ラ・グランダネ

【価格】1万円台~*価格は変動します。

英国王室御用達、映画007で主人公のジェームスボンドの愛飲シャンパンとして有名な、名門ボランジェのヴィンテージシャンパン。>>ヴィンテージとは!?

このラ・グランダネは、ブドウの出来が良い年のみに造られるシャンパンで、一般的なシャンパよりもランクが上がります。>>ラグランダネを見てみる(amazon)(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

お中元やお歳暮にスパークリングワイン!オススメは!?

グラスに入ったスパークリングワイン

スパークリングワインはシャンパンよりも安いというイメージを持たれている方が多くいらっしゃいます。確かに最低購入価格はシャンパンよりもかなり安いのは事実ですが、実際はシャンパンと同程度の価格のものも多数存在します。

ただ、ワイン好きさんに贈るお中元・お歳暮となると、ケチった感覚は避けたいもの。そういった感覚になるスパークリングワインは避けて、特別感を演出できるスパークリングワインを選ぶ必要があります。

つまり、スパークリングワインを選ぶ場合は、シャンパンよりもすこし気を遣う必要があるということ。お中元やお歳暮にスパークリンぐぅあいんを選ぶコツは次の通り。

  • 国産スパークリングワインを選ぶ
  • 普段買えないものを選ぶ
  • リピートしたい美味しいスパークリングワインを選ぶ

発泡性ワインというとやはり、シャンパンと海外のものが人気が高く、国産スパークリングワインには手つかずという方が多くいらっしゃいます。

最近は国産スパークリングワインも期待大。とても美味しくなってきたので、日本が誇る国産スパークリングワインを選ぶのはオススメ。>>国産のスパークリングワイン、オススメは!?本当に美味しい日本のスパークリングを探せ!リアルレポ!

あとは、特別感が出るスパークリングワインを選びましょう。いつもスーパーで目にするスパークリングワインだとデイリー感覚が抜けません。普段あまり目にしないものがオススメです。

それでは、次にオススメといくつかピックアップしておきたいと思います。

5000円以下のオススメスパークリングワイン!
セグラヴューダス ブルート レゼルバ エレダード

【価格】3千円台~*価格は変動します。

第一印象から格式高く、上品な印象を与えるスペインのスパークリングワイン。

スペイン王室御用達のセグラ ビューダスという生産者が造る、最高級のスパークリングワイン。専用箱は、ボトルのデザインが見えるようになっていて、その美しさは一度見たら忘れられないほど。

ボトルデザインの美しさがさらに価値を高めてくれるスパークリングワインギフトです。>>セグラヴューダス ブルート レゼルバ エレダードを見てみる(楽天市場)(amazon)(amazon)(Yahoo!ショッピング)

国産スパークリングワイン2種

【価格】4千円台~*価格は変動します。

上記はお中元・お歳暮両方にオススメの辛口・国産スパークリングワイン。ルミエールさんのシャンパンと同じ製法で造られている、日本が誇るブドウ品種甲州を使ったスパークリングワイン「KAKITSUBATA」。

イギリスのワイン専門誌が主催する「グラスオブ バブリー アワード2019」で部門最高賞に輝いた実績もある国産スパークリングワイン。

ラベルデザインもカキツバタが描かれ、とても美しい第一印象も抜群のスパークリングワインです。>>カキツバタを見てみる(楽天市場)(amazon)(Yahoo!ショッピング)

次に紹介するのは、お中元にオススメのスパークリングワイン「デラウェアにごりスパークリングワイン」。

【価格】2千円程度~*価格は変動します。

誰もが知るブドウ品種「デラウェア」を使って造られたスパークリングワインで、収穫後すぐに造られるフレッシュな辛口・白。

こちらのスパークリングワイン、一言でいうと「レモン」なんですよね。酸味が特徴的で商品説明にある通りまさにレモネードの感覚。なので、キリリとした感覚を欲する初夏~にしっかり冷やして飲むのがオススメ。

また、ボトルとラベル(ボトルネックにかけられているもの)がオシャレで贈り物として見栄えも良いです。>>デラウェアにごりスパークリングを見てみる(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

ロデレール・エステート カルテット ブリュット

【価格】3千円台~*価格は変動します。

名門シャンパンメーカー、ルイ・ロデレールが米国で造るスパークリングワイン。

ルイ・ロデレールといえば、超有名なシャンパンブランド。そこから出される、最高級シャンパンのクリスタルは人生で1度は飲みたいと言われるほど。そんなルイ・ロデレールが米国カリフォルニアで造るのがこのスパークリングワイン。

醸造方法は本家のルイ・ロデレールと同じであり、最後のブレンドにおいてはルイ・ロデレールの醸造責任者自らが行っているそう。スパークリングワインの中に、シャンパンを感じられる1本。>>ロデレール・エステート カルテット ブリュットを見てみる(楽天市場)(amazon)(Yahoo!ショッピング)

ワインのお中元とお歳暮ギフト、失敗しないために注意したいこと!

ラッピング

百貨店のお中元・お歳暮ギフトを購入するのであれば心配はいらないと思いますが、自分でワインギフトを探し贈る場合に失敗しがちなのがラッピング。

贈り物は第一印象もとても大事で、いくら良いワインを贈っても、最後のラッピングでケチってしまうと全てが台無しになります。

つまり、ラッピングをケチらないことが大事。ギフトとしてより正式感やクラシック感を出すには正規箱付きのものを選ぶか、ラッピングとして箱をつけてもらうのがオススメ。

ただ、箱付きでなく低価格の簡易ラッピングでも素敵な見栄えにしてくださるショップもあるので、贈り先様のご関係や好みで選ばれるのが良いと思います。>>好みのラッピングはどれ!?ラッピング選手権!シャンパン、ワインギフト、ラッピングからショップを選ぶ!

実は私、ラッピングをケチったがために、ギフトを台無しにしたことがあります。たくさんの時間をかけて贈り物のワインを決めたのに、最安値で買うことばかりにとらわれて、ラッピングを重要視していなかったんです。

そしていざ届いたら、全然納得のいかないラッピングになってしまい後悔に駆られました。救いだったのは、こちらで1度受け取ってから贈り先様に渡すギフトだったのでなんとか修正できたのですが、これが贈り先様へ直送だったら悲劇でしたね。

最後のラッピング、熨斗の対応には注意しましょう。>>ギフト購入レポ

 

以上が、『お中元・お歳暮にワイン!贈って喜ばれる、シャンパン・スパークリングワインギフト』でした。

納得の行く、素敵なシャンパン&スパークリングワインギフトが見つかりますように。そして、贈り先様が喜ばれますように。それでは、また!

 

Twitterでフォローしよう

オススメ記事