シャンパン、スパークリングワイン、途中保存はどうしたら良い?

シャンパンやスパークリングワインの発泡性ワインを楽しんだ時に生じるのがこの素朴な疑問。

私の場合は、1人で1本(750ml)のシャンパンを開けてしまった時に、半分程度で満足してしまい、ふと、

『シャンパン、飲み残し・・どうしよう?』

と困惑したのを覚えています。スパークリングワインも同じことですが、一晩置けば、炭酸ガスが抜けてしまうことは容易に想像が出来たんです。

“ジンジャーエール”や”スプライト”などの、炭酸飲料を買って残した次の日のあの、刺激がないこと・・、そんな経験と結び付けて考えてしまいました。笑

でも、『シャンパン』や『スパークリングワイン』の場合は、子供の頃親しんだ、”ジンジャーエール”や”スプライト”と訳が違う!価格も全く違うので、次の日だって楽しみたいという気持ちは拭えません。途中で捨ててしまうのは、とてもとてももったいなくて・・。

ということで、今回は、「シャンパンとスパークリングワインの飲み残し、飲みかけ」の保存方法につして書いていきます。

スポンサーリンク
レクタングル大の広告

『シャンパン』と『スパークリングワイン』、残ったらどうする!?途中保存の方法!

『シャンパン』と『スパークリングワイン』の品質をなるべく保ちたいのであれば、”ストッパー”を使うべし!

『シャンパン』や『スパークリングワイン』も、実際には途中保存は出来ます。

というのは、ホテルやレストランで、グラスでシャンパンやスパークリングワインを注文できますよね?

注文すれば、グラス一杯のシャンパンやスパークリングワインが運ばれてきますが、その後どうするか・・。お客様が注文するタイミングはバラバラだし・・。まさか、開栓したまま!?

そんなはずはないですよね。笑

実は、”ストッパー”と言って、『シャンパン』や『スパークリングワイン』の炭酸ガス抜けを防ぐための物が販売されています。(下記参考:我が家のシャンパンストッパー)

ストッパー

上記写真のストッパーは、瓶口に差し込み、上部の凸部を数回押すことで空気を送り込み、ガス抜けを防ぐ役割をしてくれます。このストッパーは、ワインを扱っている販売先なら割とどこにでも置いてあって、お値段も1000円弱なので、1つくらい常備しておいても良いはず!

種類がいくつもあって、瓶口の形状や大きさによって使用できない物もあるので、いくつか種類を持っているなんていう方もいらっしゃいます。

レストランやホテルでは、こういった”ストッパー”を利用していることが多く、本来の『シャンパン』や『スパークリングワイン』の品質が落ちないように対応しています。

ただ!開けた次の日や、数日跨いでの保存となると、確かにガスは抜けにくくはなりますが、品質の面では、開けたその日よりは衰えを感じることは否めず・・というのが個人的な感想です。

でも、この”ストッパー”があるおかげで、1人シャンパンも問題なく楽しむことができます。

ストッパーは買いたくない!ラップじゃだめなの?

もしも『シャンパン』や『スパークリングワイン』が普段の日常になく、たまたま特別な日に開けただけの場合。
「飲むか飲まないのか分からないのに、”ストッパー”は買いたくない!」
そう思う方がいらっしゃるのも分かります。

ということで、とある日の我が家で、シャンパンを一部飲み残し、ラップをして、輪ゴムで止めて実験してみることにしました。

ラップをかけた瓶

ワイン通の方からしたら、卒倒してしまうかもしれませんが、すぐに思いつくのがラップ保存だったので・・笑

このまま、冷蔵庫にて保存して次の日飲んでみましたが・・・

お・い・し・く・な・い

この一言に尽きます。笑 いや、飲めなくはないんですが、ガスが大分抜けてしまって、もはやこれシャンパンって呼べない・・そんな気持ちでした。本来の活発な印象や、爽やかさもなく・・・、楽しめず。

それでも、飲めればいい!そういう気持ちでいれば、ラップ保存でも良いのかもしれませが、それぞれの価値観や解釈によって、楽しめるか楽しめないかを異なりそうです。個人的には、オススメはしません。


以上が、シャンパンやスパークリングワイン、途中で残したものの途中保存方法についてでした。

私の場合、大体、1本(750ml)を2人で飲みきってしまいますが、1人で飲みたい時やたまたま残ってしまう時が実際にあります。

そんな時はもっぱら、ストッパーを利用します。ただ、たまに瓶口に入らずに断念することもありますが、次の日に楽しむというよりは、劣化してしまうと飲む気になれずに、料理酒として使ってしまうこともしばしばです。

ストッパー購入の方がもったいないのか、シャンパンやスパークリングワインの飲み残しの劣化の方がもったいないのか、人や状況によってそれぞれですが、価値が高い方に重きを置くことになるでしょう!

それでは、また!