はてな

シャンパンやスパークリングワインの発泡性ワインを楽しんだ時に生じるのがこの素朴な疑問。

私の場合は、1人で1本(750ml)のシャンパンを開けてしまった時に、半分程度で満足してしまい、ふと、

『シャンパン、飲み残し・・どうしよう?』

と困惑したのを覚えています。

スパークリングワインも同じことですが、一晩そのまま置けば、ガスが抜けてしまうことは簡単に想像できるはず。"ジンジャーエール"や"スプライト"などの、炭酸飲料を買って残した次の日のあの、刺激がない感じ・・、そんなイメージがピッタリ。笑

でも、『シャンパン』や『スパークリングワイン』の場合は、"ジンジャーエール"や"スプライト"と訳が違う!価格だって・・お高い・・。そう思うと、次の日だって楽しみたいという気持ちは拭えません。途中で捨ててしまうのは、なんだかもったいないし・・。

ということで、今回は、「シャンパンとスパークリングワインの飲み残し、飲みかけ」の途中保存方法についてまとめておこうと思います。

スポンサーリンク

『シャンパン』と『スパークリングワイン』の途中保存には、"ストッパー"を使うべし!

意外に知らない方も多いと思いますが、『シャンパン』や『スパークリングワイン』も、途中保存が出来ます

なんなら次の日の方が美味しいという意見も!

実際のところ、ホテルやレストランで、グラスでシャンパンやスパークリングワインを注文できますよね?

注文すれば、グラス一杯のシャンパンやスパークリングワインが運ばれてきますが、その後どうするか・・。お客様が注文するタイミングはバラバラだし・・。「まさか、開栓したまま放置!?」

当然ながら、そんなはずはなーーい!

実は、"ストッパー"と言って、『シャンパン』や『スパークリングワイン』のガス抜けを防ぐための専用の物が販売されています。(下記参考:我が家のシャンパンストッパー)

ストッパー

上記写真のストッパーは、瓶口に差し込み、上部の凸部を数回押すことで空気を送り込み、ガス抜けを防いでくれます。このストッパーは、ワインを扱っているお店なら割とよく見かけますね!お値段も1000円弱なので、1つくらい常備しておいても良いはず!

ただ、ストッパーは種類がいくつかあって、瓶口の形状や大きさによって、その日のボトルに使用できないものもあります!なので、いくつか種類を持っているなんていう方も居ますね!

レストランやホテルでは、こういった"ストッパー"を利用していて、本来の『シャンパン』や『スパークリングワイン』の品質が落ちないように対応しています。

ただ!ストッパーがあるからといって、開けてから長期間の保存は、若干心配なので、早めに飲みきるようにしています。我が家も数日保存した経験しかないので、1ヵ月とか、それ以上の保存になると、個人的に不安があります。

でも、この”ストッパー”。1つあると便利ですよー!1人シャンパンを楽しむことも、気軽になります!

>>”ストッパー”を探す(楽天)、(amazon)

スポンサーリンク

ストッパーは買いたくない!ラップじゃだめなの?

開栓した状態!

もしも『シャンパン』や『スパークリングワイン』をほとんど飲まず、たまたま特別な日に開けただけの場合。

「飲むか飲まないのか分からないのに、"ストッパー"は買いたくない!」

そう思う方がいらっしゃるはず。よーーーーく分かります!だって、必要ないものを買う必要はない!

ということで、とある日の我が家で、シャンパンを一部飲み残し、ラップをして、輪ゴムで止めて実験してみることにしました。シャキーン!

下記の感じで、ラップして輪ゴムつけてみました♪

ラップをかけた瓶

ワイン通の方からしたら、卒倒してしまう光景かもしれませんが、お許しを・・、すぐに思いつくのがラップ保存でしたので!

そしてこのまま、冷蔵庫にホイッと入れてて保存してみました。そして次の日、不安と期待を抱きながら飲んでみましたが・・・

 

お・い・し・く・な・い!

 

ハイ、この一言に尽きます。笑 いや、飲めなくはないんですが、空気が大分抜けてしまって、もはやこれシャンパンって呼べない・・。「泡ってすっごく大事な要素なのね」なんて、改めて発泡性ワインに感心してしまったほど。本来の活発な印象や、爽やかさもなく・・・、楽しめませんでした!

それでも、別に良い!飲めればいい!そういう気持ちでいれば、ラップ保存でも良いけれど、次の日も楽しみたいという場合は、ストッパーがやっぱりオススメです!

以上が、”シャンパンやスパークリングワイン、途中で残したものの途中保存方法”でした。

>>”ストッパー”を探す(楽天)、(amazon)

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

Reccomend