気球を飛ばす場面

『シャンパン』について、いろいろと調べていると『シャンパン』は、『失敗の産物』であると、つくづく感じます。

 

シャンパンの歴史を見ると、シャンパンは、『失敗』とはとても縁が深い!

 

今回は、『失敗』という側面から『シャンパン』を通して見えてくる『成功』について、書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

失敗の逆手を取って大成功した、シャンパン!

 

perrier

 

そもそも、シャンパンとは、スパークリングワインの一種で、フランスのシャンパーニュ地方の特定地域でのみ造られる発泡性ワインのこと。

>>10の特徴で簡単解説!シャンパンとスパークリングワイン、ここが違う!

 

でも実は、シャンパンが造られる前は、シャンパーニュ地方では、発泡性ではなく、普通の”ワイン" が造られていました。普通のワインとは、赤ワインや白ワインのことをここでは、意味します。

でも、シャンパ―ニュ地方はフランスの北東に位置し、気候の影響から、栽培するブドウの品質が不安定だそうです。だから、良いフドウが取れる年、不作のブドウとなる年があるということ。

そして、冬になれば、10度以下になることもあり、それは、ワインの発酵が途中で止まってしまうということになります。そして発酵が止まっていたワインが春になり、温かくなるとまた発酵が始まる、偶然にもシャンパンの製造方法の特徴でもある二次発酵をしていたことで、発泡性ワインへの発見へと繋がりました。

>>もう難しくない!シャンパンの製造手順まとめ!

 

でも当初は、発泡性ワインはただの『失敗作』。

そもそも、ワインが発泡する概念がなかったわけで、まあ『失敗作のワイン』という認識を受けても当然といえば当然なんですが・・。

ということで、通常のワインでいえば、フランスの他の地域のワインの方が断然に美味しかった!ワインを飲まない方でも、"ブルゴーニュ"や"ボルドー"というワインの有名産地の名前は聞いたことがあるのではないでしょうか?これらの地方のワインと比べられると、シャンパーニュ地方のワインは、全く勝てませんでした。

 

でも当時のシャンパーニュ地方の状況って、日常の仕事や生活に置き換えることってたくさんあります。

ようは、競合相手に太刀打ちできないという場合だったり、予算が足りなくて、求めているゴールに達せない状況だったり。お金持ちの家庭と、一般家庭の差だったり・・こんな日常の状況に置き換えられるはず。

太刀打ちできないところでいくら勝負しても、求めている成功や成果はなかなか出ない・・でも、シャンパーニュ地方のワインはその後、爆発的な飛躍を見せ、世界にそして、発泡性ワインでは不動のトップを走り続けています。

一体どうやって!?

"特性"に注目し、その"特性"を生かすことに目を付け飛躍したのが、シャンパン!

ブドウ畑

前にもお伝えした通り、シャンパーニュ地方のブドウは、安定したブドウ栽培において環境面から困難を抱えてました。そして、ワイン製造においても、冬の寒さから、偶然にもワインが発泡してしまうという現象がありました。

<シャンパーニュ地方のワイン造りの弱み>

  • ブドウの品質が不安定
  • ワインが発泡してしまう

 

でも、生産者はこの2点の弱みを受け入れるのではなく、注目していきます。

普通なら、『失敗作』と言われれば、「いや~、うちは環境が悪いからうまくできないんだよ!」、「あっち(おいしいワインが造れる地域)はいいよなぁ、ラッキーで!環境に恵まれて!」と、愚痴をこぼして諦めそうですが、そうはしなかったということ。

『発泡するワイン』という、偶然に見つけ出した"特性"に生産者は注目をしました。普通のワインでは、いくら努力しても勝ち目が目に見えていたからでしょう。あえて、「失敗」の部分に「チャンス」を見出します。

そして、『いかに、発泡性のおいしいワインを造ることが出来るか』という部分に、焦点を当て、ブドウの品質が不安定な部分をどう解決していくかに力を注ぎました。それで、出てきたシャンパン製造における特徴が、『ブレンド(アサンブラージュ)』。

>>オーケストラから知る、シャンパンの強みと魅力

 

良いブドウがなかなか造れなかったシャンパーニュ地方は、収穫年毎、畑毎、ブドウ品種毎などに細かく分けてまずはワインを造り、それをブレンドすることで、安定した品質のワインを造る方法を取り入れています。

つまり、ブドウが不作の年でも、多数のワイン(収穫年毎、畑毎、ブドウ品種毎などのワイン)とのブレンドで品質の良いワインに仕上げるということ。

ヴィンテージシャンパンと呼ばれるシャンパン(ドンペリを含む)は、決まった年のブドウのみで造られているので、さらに制限がかかることから、ブドウが不作の年などでうまくブランドの味を出せない場合は、出荷はされません。だから、毎年ヴィンテージシャンパンが発売されるわけではないんですよね。

よって、このブレンドという技術で、シャンパーニュ地方のワインの弱みである、品質の不安定さをカバーしました。

そして、品質の安定を追及した結果、『おいしい発泡性ワイン』造りに成功。そして、その味は、多くの人々を魅了した結果、現在の人気に至るということに繋がります。

『弱み』にこそ、『本来の強み』が隠れている!?

気球を飛ばす場面

 

こんな風にシャンパンの歴史を探ってみると、『弱みこそ本来の強味が隠れている』、『弱みや失敗と周りが認識するところに、ビジネスチャンスや飛躍するチャンスがある』というような成功哲学が見えてきます。

「環境が悪いからおいしいワインは出来ない、おいしいワインが造れる地域はいいよな~」と弱みを受け入れ、諦めていたら、そもそも『シャンパン』は存在しなかったんですよね。

 

そう考えると、やはり『シャンパン』は、『失敗を逆手にとって成功した産物』

 

でもこのシャンパンの話は、日常でも起きうる出来事。

例えば、"お金持ちの家庭"と、"一般の家庭"があって生活が明らかに違うとします。

お金持ちの家庭は来ている服もとっても高品質なものばかり・・、そこで一般家庭が同じように良い服を揃えようとしても元の経済力に差が出るので、太刀打ちできない。これは、シャンパーニュ地方のワインが、ブルゴーニュ地方やボルドー地方のワインに勝てなかったのと同じ。勝算のない、ワイン造りで無駄な努力を続けていることに繋がってしまいます。

そして、「お金持ちの家庭を見て、いいよなぁ~、運に恵まれてラッキーで」と受け入れて諦めてしまうと、もちろん飛躍は難しいんですよね。

 

だからこそ、制限の中で、”強み”や”特性”を伸ばして成功や飛躍をする必要があります。そして、その"強み"や"特性"は、実は『弱みや失敗』と言われている部分から見つかる可能性がある・・、そんなことをシャンパンを通して考えさせられてしまいました。

 

実は、私も同じような体験をしています。 スケールはちっちゃめですが・・笑

若いころ、周りに『マイナス思考』って言われておりまして、それが自分の弱みだと思い込んでいたんですよね。でもある時、自分の強みを伸ばすことに興味があって、自分の強みを知るテスト(ストレングスファインダー)をオンライン上で受けたんです。そうしたら、びっくり!自分が超絶プラス思考という結果が出たんですよね!

もう、マイナス思考と思い込んでいた時間を返してほしい!笑

そして、『マイナス思考』と言われる背景に自分の『強み』があることもわかりました。私は、『慎重』という特性が自分の上位の強みだったんです。私の慎重に行動する部分を見て、周りはそれを『自信のなさからくる行動、マイナス思考』と弱みと捉えていたんです!まさに、弱みに強みが隠れていたということ。

 

あなたの周りの弱みにも、伸ばせる強み、飛躍できるチャンスが隠れていませんか!?

シャンパンを通して、生きるを考えさせられる・・なんだか不思議ですが楽しい日々です!

それでは、また!

Twitterでフォローしよう

Reccomend