モエエシャンドン

『”モエシャン”とは!?”モエシャン”と”ドンペリ”、何が違うの!?』

シャンパンの中で、よく見かけるのこの”モエシャン”こと”モエ・エ・シャンドン”というシャンパン。生産者は、”モエ・エ・シャンドン”社で、ドンペリと同じ生産者。となると、さらに色々な疑問が湧きますよね。

ということで、今回はこの”モエシャン”について、簡単にまとめておきたいと思います。

スポンサーリンク

”モエシャン”とは!?

”モエシャン”とは、上記の”モエ・エ・シャンドン(MOËT & CHANDON)”というブランドのシャンパンのこと。”モエシャン”の生産者は、”モエ・エ・シャンドン社”であり、その”モエ・エ・シャンドン”社が展開する1つのブランドが、”モエシャン”こと”モエ・エ・シャンドン”なのです。

ちなみに、”モエ・エ・シャンドン社”が展開するもう一つのシャンパンブランドが、高級シャンパンで有名な”ドンペリ”こと”ドンペリニヨン”です。

”モエシャン”の種類と価格!

モエ アンペリアル

【価格】4千円程度~ *価格は変動します。

”モエシャン”のスタンダードな辛口・白シャンパン。スーパーなどの小売店で多く取り扱われているため、最も目にするのがこの”モエシャン”。シャンパンランクでいえば、最も一般的な”ノン・ヴィンテージ”に該当。

モエ ロゼ アンペリアル

【価格】5千円程度~ *価格は変動します。

”モエシャン”のスタンダードな辛口のロゼシャンパン。こちらもスーパーで良く見かけますね。上記の”モエ アンペリアル”とセットで置いてあることが多いです。シャンパンランクでいえば、最も一般的な”ノン・ヴィンテージ”に該当。

ネクター アンペリアル

【価格】5千円台~ *価格は変動します。

”モエシャン”の甘口(ドゥミ・セック)白シャンパン。辛口のシャンパンが苦手、シャンパンのアルコールの強さが苦手という方でも飲みやすい”モエ”。こちらもシャンパンランクでいえば、最も一般的な”ノン・ヴィンテージ”に該当。

ちなみに、この”モエ”、エキゾチックと表現されているのですが、”エキゾチック”というだけあって、公式HPによると合う料理はスパイスの効いた料理(カレー、サフラン、インド料理、中華料理)だとか。1度試してみたくなる”モエシャン”です。

ネクター アンペリアル ロゼ


【価格】6千円後半~ *価格は変動します。

上記の”ネクターアンペリアル”のロゼタイプ。こちらも甘口タイプ。上記画像は通常ボトルですが、下記のようにボトルが光るタイプ(N.I.R)も販売されています。

価格は少し高めになりますが、パーティシーンには活躍してくれる、ルミナスボトルです。>>光る仕組みとは!?ルミナスシャンパンの種類。

アイス アンペリアル

【価格】5千円台~ *価格は変動します。

”高級リゾートだけのモエ”。氷を入れて楽しむカクテルタイプの甘口・白”モエシャン”。女子に人気!

小売店には流通せず、高級リゾートだけの”モエ”と呼ばれるのがこの”アイス アンペリアル”。実際に小売店では見たことがありませんが、ネットショップでは販売されています。

一般的な細長いシャンパングラスではなく、普通のワイングラスに氷を入れて楽しむカクテルタイプ。まるでスイーツのような美味しさに感動してしまうかも!?甘口ですが後味はスッキリですよ。

アイス アンペリアル ロゼ


【価格】6千円後半~ *価格は変動します。

上記の”アイス アンペリアル”のロゼタイプ。こちらも氷を入れて楽しむカクテルタイプのロゼシャンパンです。

グラン ヴィンテージ

【価格】6千円後半~ *価格は変動します。

”モエシャン”の辛口・白、ヴィンテージシャンパン。シャンパンランクでいえば、”ヴィンテージ”に該当。

ヴィンテージシャンパンとは、単一年に収穫されたブドウのみを使って造られたシャンパンのこと。ラベルに年号の記載がありますが、その年に収穫されたブドウのみを使って造られている”モエ”ということ。一般的な”ノン・ヴィンテージ”シャンパンよりも製造に手間がかかる上、希少性も高まるため、価格も高くなります。

グラン ヴィンテージ ロゼ

【価格】7千円台~ *価格は変動します。

上記の”グラン ヴィンテージ”のロゼタイプ。シャンパンランクでいえば、”ヴィンテージ”に該当。

エムシースリー

【価格】5万円程度~ *価格は変動します。

”モエシャン”の中で最高級の究極の1本。シャンパンランクでいえば、”プレスティージュ”に該当。

”モエシャン”の中で最も高価で高級なのが、この”エムシースリー”。”エムシースリー”は、店頭販売をしない方針のため、普段目にすることありません。

スポンサーリンク

”モエシャン”と”ドンペリ”、3つの違いとは!?

モエエシャンドン ロゼ

”モエシャン”と”ドンペリ”、生産者は同じ”モエ・エ・シャンドン社”ですが、簡単に言えば下記3つの違いを見出すことが出来ます。

1.”モエシャン”と”ドンペリ”は、”ブランド”(醸造責任者)が違う!

”モエシャン”と”ドンぺリ”の決定的な違いは、”ブランド”が違うということ。生産者は、同じ”モエ・エ・シャンドン社”ですが、ブランドは”モエ・エ・シャンドン”と”ドンペリニヨン”の2つに分かれていて、各ブランドによって醸造責任者も異なります。

これは、車に例えると分かりやすいはず。例えば、生産者は同じ”トヨタ自動車”だけれど”、”トヨタ”というブランドで、コンパクトカーからSUVなど様々な車種がある一方で、”レクサス”という高級車ブランドもある。ここでいう”トヨタ”が”モエ”であり、”レクサス”が”ドンペリ”。そんなイメージです。

そして、当然ながらブランドが異なるということは、醸造責任者も違います。車で例えると、設計士というところでしょうか。ちなみに、”モエシャン”の最高醸造責任者は”ブノワ・ゴエズ氏”で、”ドンペリ”の醸造責任者は、”ヴァンサン・シャプロン氏”。

このように、”ブランド”の違い(醸造責任者の違い)が、”モエシャン”と”ドンぺリ”の1つ目の違いです。

2.”モエ”と”ドンペリ”、”ランク(グレード)”のラインアップが違う!

”モエシャン”と”ドンペリ”は、生産される”シャンパン”のランク(グレード)に違いがあります。そもそも”ドンペリ”のモットーは、”Vintage Only(ヴィンテージオンリー)"であり、ヴィンテージシャンパンを造ることにこだわりを掲げています。そして、ドンペリの場合は、ヴィンテージシャンパンであり、生産者の最高級品である”プレステイージュ(最高級)”シャンパンでもあります。

よって、”ドンペリ”というブランドから出るシャンパン全ては、最高級品の”プレスティージュ”と”ヴィンテージ”のみ。”ノン・ヴィンテージ”シャンパンは、そもそも造られていないのです。

一方で、”モエシャン”の場合は、”モエシャン”の種類にもあるように、一般的な”ノン・ヴィンテージ”シャンパンから、”ヴィンテージ”、”プレステイージュ”と、全てのランクのシャンパンがあるのが特徴です。あえて言えば、より万人受けするのが、”モエシャン”ということになりますね。

3.”モエ”と”ドンペリ”、価格幅が違う!

”ランク(グレード)”のラインアップが違う!でお伝えした通り、”ドンペリ”は、高級シャンパンのみであるのに対し、”モエシャン”の場合は、一般的なシャンパンから高級シャンパンまで種類が豊富です。となると、”モエ”と”ドンペリ”の価格幅も異なってきます。

”ドンペリ”の場合は、高級シャンパン街道まっしぐらですので、最も安いものでも1万円台~。古酒となると、数十万で販売されているものもあります。一方、”モエ”の場合は一般的なノン・ヴィンテージシャンパンからあるので、5千円以下~数万円程度の価格幅。

つまり、”ドンペリ”は高価であるのに対し、”モエシャン”は一般的なノン・ヴィンテージシャンパンからあるため、リーズナブルと捉えることが出来ます。

スポンサーリンク

”モエシャン”と”ドンペリ”、どっちが美味しいの!?

”モエシャン”と”ドンペリ”、どちらが美味しいのか。”ドンペリ”の方が高価なので、その分「”ドンペリ”の方が美味しいはず」と思われる方が多いと思います。でも、実は、”モエシャン”の最も安い”モエ アンペリアル”の方が、”ドンペリ 白”よりも美味しいと感じる人が多いのです。

”ドンペリ”より、”モエシャン”が美味しい!?なぜ!?

先にお伝えした通り、”モエ”は、万人受けできるシャンパン。力強さもあり、多くの人に「美味しい」と感じられるシャンパンと言えます。一方、”ドンペリ”は、高級シャンパンであり、ヴィンテージシャンパンであることにこだわりがあります。つまり、使われている収穫年のブドウの個性を表現するシャンパンということ。それに合わせて、長年積み重ねてきた”ドンペリ”らしさも表現するのです。こういったドンペリの”こだわり”に価値を見出せないと、”美味しさ”に期待しすぎてしまい、実際の飲んだギャップから「美味しくない」と落胆しがち。

また、ドンペリの本当の魅力とは!?にある通り、ドンペリは、力強さでではなく、人の心に跡を残す高級シャンパン。力強さは、飲んだ瞬間にドーンとインパクトがあり、美味しいと感じやすくなりますが、その美味しさは、記憶に残りません。そういった、”力強さ”や”目先の美味しさ”でいえば、”モエシャン”の方が優位。だからこそ、”モエシャン”の方が、美味しいと感じます。

でも、どちらが記憶に残るかというと、圧倒的に”ドンペリ”ですね。ただ、正直なところ「美味しい」という記憶が残るわけではありません。まさに跡を残す、目先の美味しさではない、奥深い感情が何年経っても跡としてずっと残ります。

よって、気軽に「美味しい」と感じたい場合は、”ドンペリ”よりも”モエシャン”の方がオススメ。ワインの経験値を積んだ方や、ワイン好きさん、ワイン通さんが集うパーティであれば、”ドンペリ”もオススメです。

スポンサーリンク

”モエシャン”、ギフトや贈り物にオススメなのは!?


”モエシャン”には、種類が豊富。その中でもギフトにオススメなのは、どの”モエ”なのか。さらりとまとめてみました。

まず、女子へのギフトやプレゼントにオススメなのは”アイス アンペリアル”か、”アイス アンペリアル ロゼ”

”リゾートだけのモエ”ということで、希少性もあるし、何と言ってもスイーツ感覚で楽しめるため飲みやすく、美味しさに感動しやすいはず。真っ白なボトルも魅力です。

>>”モエ アイス アンペリアル”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

結婚祝いなど、ここぞというお祝いのギフトにオススメなのは”グラン ヴィンテージ”か、”グラン ヴィンテージ ロゼ”

普段スーパーで見かけることはないため、非日常を演出でき、特別感があるからです。

>>”モエ グラン ヴィンテージ”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

ワイン好きさんやワイン通さんへのプレゼントや贈り物にも、”グラン ヴィンテージ”か、”グラン ヴィンテージ ロゼ”がオススメ。

なぜなら、デイリー使いができる価格帯ではないため、なかなか飲む機会がないからです。自分では購入しない分、喜ばれます。

>>”モエ グラン ヴィンテージ”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

パーティへの手土産などには、様々な人が気軽に飲めて楽しめる、”アンペリアル””アンペリアル ロゼ”がオススメ。

>>”モエ アンペリアル”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

価格も手ごろで手に入りやすく、手土産には重宝します。また、ルミナスボトルの”ネクター アンペリアル NIR”も、ボトルが光る仕組みからパーティを盛り上げてくれるでしょう。

>>”モエ N.I.R”を探す(楽天市場)、(Amazon)

ほんの少し知識を入れるだけで、その場が気楽でより楽しくなります。これで、あなたも”モエシャン”通。パーティの話題としても使えるはずです。

シャンパンライフ、楽しみましょう!それでは、また。

スポンサーリンク

 

Twitterでフォローしよう

オススメ記事