モエ・エ・シャンドン

『”モエシャン”と”ドンペリ”、何が違うの!?』

”ドンペリニヨン”と、”モエ・エ・シャンドン”は、両方ともシャンパンであり、生産者も同じ”モエ・エ・シャンドン社”。では、両者の違いな何なのか、疑問に思う方も多いはず。

今回はこの、”モエシャン”と”ドンペリ”の違いについて、簡単にまとめておこうと思います。

スポンサーリンク

”モエシャン”と”ドンペリ”、何が違うの!?簡単3つの違い!

”モエ・エ・シャンドン”と”ドンペリニヨン”は、簡単にまとめると、下記3つの違いを見出すことが出来ます。

それぞれの違いについて詳しく見て行きましょう。

1.”モエ”と”ドンペリ”は、”ブランド”(醸造責任者)が違う!

”モエ・エ・シャンドン”と”ドンぺリニヨン”は、違う”ブランド”から出されるシャンパン。生産者は、同じ”モエ・エ・シャンドン社”ですが、ブランドは”モエシャン”と”ドンペリ”の2つに分かれていて、各ブランドによって醸造責任者も異なります。

これは、車に例えると分かりやすいはず。例えば、生産者は同じ”トヨタ自動車”だけれど”、トヨタ”というブランドで、コンパクトカーからSUVなど様々な車種がある一方で、”レクサス”という高級車ブランドもある。ここでいう”トヨタ”が”モエ・エ・シャンドン”であり、”レクサス”が”ドンペリ”。そんなイメージなんです。

そして、先ほども伝えた通り、ブランドが異なるということは、シャンパンを造る醸造家や醸造責任者も違います。車で例えると、設計士というところでしょうか。各ブランドの醸造責任者は、各ブランドを象徴するシャンパンを造る責任を負っています。ちなみに、”モエシャン”の最高醸造責任者は”ブノワ・ゴエズ氏”で、”ドンペリ”の醸造責任者は、”ヴァンサン・シャプロン氏”。それぞれのブランドで、醸造責任者が異なります。

このように、”ブランド”の違い(醸造責任者の違い)が、”モエシャン”と”ドンぺリ”の1つ目の違いです。

スポンサーリンク

2.”モエ”と”ドンペリ”、シャンパンのランク(グレード)が違う!

”モエシャン”と”ドンペリ”は、生産される”シャンパン”のランク(グレード)に違いがあります。そもそも”ドンペリニヨン”は、最高級ランクのシャンパンブランド。なので、シャンパンランク(グレード)で言えば、最高級ランクの”プレスティージュ”シャンパンしか造られません。よって、”ドンペリ”の全種類が、最高級ランクのシャンパンということになります。

一方で、”モエ・エ・シャンドン”の場合、シャンパンランクで言えば、最も一般的な”ノン・ヴィンテージ”シャンパンから、”ヴィンテージ”シャンパンなど、様々なラインナップのシャンパンが生産されています。

例えば、大手スーパーなどでもよく見かける上記の”モエ アンペリアル”は、シャンパンランク(グレード)で言えば、最も一般的な”ノン・ヴィンテージ”に該当します。ノン・ヴィンテージとは、一般的(大衆的)”なシャンパンということ。気軽に飲みやすく、美味しさが分かりやすい傾向にあります。

それ以外にも、上記のように”ヴィンテージ”ランクに該当するシャンパンが生産され、唯一無地の”モエ”というような高級派の”モエ・エ・シャンドン”も造られています。

この”シャンパンランク(グレード)”の違いが、”モエ”と”ドンペリ”の2つ目の違いになります。

>>”シャンパン”の”ランク”、”グレード”とは!?簡単、ランクの種類!

>>”モエ・エ・シャンドン”の種類と価格!

3.”モエ”と”ドンペリ”、価格が違う!

”モエエシャンドン”と”ドンペリニヨン”は、そもそもブランドコンセプトが異なり、生産されるシャンパンランクも違うと先にお伝えしてきました。ランクが違えば、熟成期間や造る手間も異なるため、価格にも当然差が出ます。

”ドンペリ”の場合は、高級シャンパン街道まっしぐらですので、最も安いものでも1万円台~。一方で、”モエシャン”の場合は最も安いもので4千円程度~。”モエ”が一般的な”ノン・ヴィンテージ”シャンパンを生産している分、”ドンペリ”よりもリーズナブルなタイプがあります。

この価格は、経済状況や為替の変動により前後しますが、ランクの差が変わらないように、両者の価格差はどんな時代であれ変わらず生じています。

スポンサーリンク

”ドンペリ”、”モエ”、シャンパンギフトにオススメなのはどっち!?

プレゼント画像

”ドンペリ”は、高級シャンパンブランドであり、”モエ”は大衆的で親しみやすいシャンパンブランド。それは、価格やボトルデザインにも反映されているため、”予算”や”贈る相手”、”シーン”によって、どちらがギフトとしてふさわしいのか、おのずと見えてきます。

価格目安:4千円程度~ *価格は変動します。

”モエ”は、”モエの種類と価格”にあるようにラインナップも豊富で、価格もリーズナブルなものからあるため、ギフトシーンによって、ふさわしい”モエ”を選ぶことが出来ます。例えば、予算が限られている場合や、カジュアルで気軽さのあるギフトには、上記の”モエ アンペリアル”が手に入りやすくオススメ。

>>”モエ アンペリアル”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

逆に上記の”モエ”だと、一般的すぎて”特別感”がないと感じる場合は、下記の”モエ ヴィンテージ”がオススメ。”ヴィンテージ”になると、ワイン好きさんでも、普段はあまり飲めない価格帯になるので、ワイン好きさんへのギフトとしてもオススメです。

価格目安:6千円後半~ *価格は変動します。

>>”モエ ヴィンテージ”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

さらに、”モエ”の場合は甘口タイプも生産しているため、女子へのギフトとしては、下記の”アイス アンペリアル”などが、ギフトとして人気があります。

価格目安:5千円代~ *価格は変動します。

>>”モエ アイスアンペリアル”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

一方で、”ドンペリ”の場合は、”ドンペリの種類と価格”で分かるように、最高級ランクのシャンパンらしく価格もランクアップし、見た目もシンプルかつ、シックにデザインになるため、”特別感”、”高級感”、”クラシカル感”、”公式感”などを演出したいギフトシーンにオススメです。

>>”ドンペリ”を見てみる(楽天市場)、(amazon)

以上が、『”モエシャン”と”ドンペリ”の違い!』でした。

ブランドが違う!そしてそもそもブランドが違うからスタンダードのランクが違う!ランクが違うから、価格も違う!それが分かっていれば十分。

普段ちょっとした贅沢には”モエ”、ここぞという特別な時には”ドンペリ”を選んで楽しい一時や特別な時を演出してみましょう。

それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事