ドンペリニョンルミナス

以前、”ドンペリルミナス”と言って、暗闇で光るボトルのドンペリについてまとめていましたが、実はドンペリだけではなく、他にも光るルミナスシャンパンが多数存在します。>>”ドンペリ ルミナス購入レポ

ということで、暗闇で光る、”ルミナスシリーズのシャンパン”を紹介していきましょう。合わせて、光る仕組みは点灯時間などについてもまとめています。

 

スポンサーリンク

”ルミナスシャンパン”、”ルミナスボトル”の種類一覧!

ルミナスシャンパンと呼ばれる、光るシャンパンボトルを展開しているシャンパンは下記の通り。

スポンサーリンク

ドンペリ ルミナス

価格:2万円程度~*価格は変動します。

ドンペリのルミナスボトル。瓶底にスイッチがあって、それをONにすることで、光る仕組み。実際に購入したレポを画像付で公開しているので、気になる方は”ドンペリ ルミナス購入レポ”をどうぞ。

ちなみに上記の商品画像はドンペリ白ですが、ドンペリの種類によってラベルの色が異なります。下記は、ピンドンことドンペリロゼ。

 

パーティなど、暗闇の中では圧倒的な存在感を見せてくれるドンペリです。

>>”ドンペリ ルミナス”を見てみる(楽天)、(amazon)

ペリエ・ジュエ ベル・エポック ルミナスボトル

価格:2万円程度~*価格は変動します。

アネモネの花が描かれたとても美しいボトルの高級シャンパン、”ペリエ・ジュエ ベル・エポック”。このシャンパンにもルミナスボトルが存在します。光るのは、ボトル上のアネモネの花とラベル部分。

>>”ペリエ・ジュエ ベル・エポック ルミナス”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

モエ・エ・シャンドン ネクターアンペリアル ロゼ (N.I.R)

価格:6千円台~*価格は変動します。

ドンペリの生産者が造る、”モエ・エ・シャンドン”というシャンパンブランドの”ネクターアンペリアル ロゼ ドライ”のルミナスボトル。スイッチが付いていて、ONにするとボトルネックの”MOET”という文字と、ボトル全体にある線、ラベルのロゴが光る仕組み。

エキゾチックな雰囲気を醸し出すルミナスボトルです。

>>"モエ ネクターアンペリアル ロゼ ルミナス”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

ヴーヴクリコ イエローラベル ブリュット マグナム

価格:2万円台~*価格は変動します。

シャンパンの歴史には欠かせない、”ヴーヴ・クリコ”のマグナム(1.5ℓ)にルミナスボトルが登場。上記商品画像の通り、ラベルが光ります。>>シャンパンブランド、”ヴーヴ・クリコ”とは!?

マグナムボトルとは、一般的なフルボトル(750ml)の2本分の容量のため、パーティシーンで活躍してくれますね。

>>”ヴーヴ・クリコ ルミナスボトル”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

カーボン ブリュット ルミナス

価格:4万円台~*価格は変動します。

2017年にF1レース公式シャンパンとして採用されたのがこの、”カーボン シャンパン”。ボトルはレーシングカーにも採用されちえるカーボンファイバー製で、21の工程を1週間かけて作るという贅沢なシャンパン。下部に電源があり、それを押すとラベルが光る仕様。

>>”カーボン ブリュット ルミナス”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

D.ROCK ルミナス

価格:2万円台~*価格は変動します。

ナイトシーンシーンやパーティシーンでの活躍をイメージさせる、シャンパンブランドD.ROCKのルミナスシャンパン。ボトルは人工宝石を手作業で施した贅沢なデザイン。また、ロゴが光る仕様になっています。

なお種類があり、左から辛口の”ブリュット・ゴールド”、氷を入れて楽しむカクテルタイプの中口”グラシアホワイト”、”ロゼ”、白ブドウ100%で造られた”ブラン・ド・ブラン”の4種類があります。

>>”D.ROCK ルミナス”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

スポンサーリンク

ルミナスシャンパン、光る仕組みとは!?なぜ光るの!?

はてな

ルミナスシャンパンの光る仕組みは、商品詳細などで説明がないことが多く、若干不安が募りますよね。実際、ルミナスシャンパンを購入してみましたが、”並行輸入品”だったこともあって説明書などは一切ありませんでした。でも、大丈夫。光る仕組みはすごくシンプルなのですぐに分かります。

 

並行輸入品(並行品)とは、正規ルート以外の個人や団体、組織で輸入されたワインやシャンパンを意味しています。

ルミナスボトルは、ほぼ全てが電池式でボトルにボタンが付いています。下記画像は、実際に私がオーダーした”ドンペリ ルミナス”なのですが、このルミナスシャンパンの場合は、瓶底に白いボタンが付いていました。

ドンペリニョンルミナス瓶底

このボタンをオンにする(押す)と光る仕組みになっています。他のルミナスシャンパンも同様の仕組みで、瓶底もしくは瓶のどこかにボタンがあるので、探してみましょう。

「ボタンがどうしても見つからない!」という方は、購入先ショップに問い合わせをしてみましょう。

スポンサーリンク

ルミナスシャンパン、光る時間は!?電池が切れなければ、期間を置いてもまた光る!?

”ルミナスシャンパン”や”ルミナスボトル”は、どれくらいの時間光るのか。これも明記されてないことが多いですね。電池の残量にもよるので、販売先で確約できないという事情もあるかと思いますが、大体2~3時間程度と言われています。

ただこれはずっと光らせておいた場合のこと。電池残量がある限り、一旦スイッチをオフにしておけば、長い期間置いても大丈夫。再度ボタンをオンにすることでまた光らせることが出来ます。ちなみに、我が家のルミナスシャンパンは、購入してから数年経っていますが、まだ光ります。なんだかもったいない気持ちと名残惜しさがあって、短時間光らせてはオフにするのを繰り返していたので、まだ電池残量が残っているようです。

オン・オフを繰り返しながら、インテリアとして長期間楽しむ、そんな楽しみ方も出来るのが、ルミナスシャンパンです。

それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事