マネキネコ

冷えていないシャンパンやスパークリングワイン、当日飲みたい場合はどうすれば良い!?

シャンパンやスパークリングワイン、お店の冷蔵庫ではなくて常温で置かれていることってありますよね。逆に冷えているシャンパンやスパークリングワインはほんの僅かだったりします。

でも、「どうしても今日グビっといきたい」、そういう時があるのです。ということで、今回は、”冷えていないシャンパンやスパークリングワインを当日冷やす方法について”まとめておこうと思います。

シャンパンやスパークリングワイン、当日冷やす方法!
スポンサーリンク

3~4時間あれば、冷蔵庫に入れて冷やす。

セグラヴューダス ブルート レゼルバ エレダード

シャンパンやスパークリングワイン、飲むまでに3~4時間程度の時間がある場合は、冷蔵庫に入れて冷やしましょう。冷蔵庫にもよりますが、3~4時間程度冷やすと、10℃以下になります。我が家の冷蔵庫だで実際に実験してみましたが、3時間冷蔵庫に入れたところ、9℃になりました。>>冷蔵庫に3時間入れたら本当に冷えるの!?実験結果!

万が一、それでも冷えが足りない場合は、次に紹介する”氷水で冷やす”をしましょう。冷蔵庫に入れてあった分、冷やす時間は短縮できます。

氷水にボトルを入れて冷やす。最も早く冷やす方法!

最も短時間で冷やせる方法がこの”氷水で冷やす”こと。なぜなら、空気よりも水を通しての方が伝達率が良いからです。10℃以下に冷えるのに要する時間は、30分以内と考えておきましょう。この”氷水で冷やす”ためには、下記のものが必要になります。

氷水で冷やすための、必要グッズ!
  • ワインクーラー(シャンパンクーラー)、なければボールや容器
  • 氷、足りなければ保冷剤
  • 布巾(ふきん):濡れたボトルを拭くため

まずは、上記商品画像のようなワインを入れるワインクーラーやシャンパンクーラーがあればベストですが、ない場合はボトルが入る容器やボールで代用してもOK。とにかく、ボトルが浸かれば冷やすことが出来ます。ただ、ボールだと浅すぎるんですよね。なので、自宅にワインクーラー(シャンパンクーラー)1つあると便利。2千円程度からあるので、この機会に購入するのもオススメです。

>>”シャンパンクーラー”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

スポンサーリンク

次に氷水ですが、理想は氷と水が1対1の割合であること。そうすると、1分で1度下がると言われていています。ただ、そうなると、氷が大量に必要で、一般家庭の冷蔵庫にある製氷機1回分では足りない可能性大。なので、氷が足りない場合はコンビニなどで氷を購入するか、見栄えは悪くなりますが、保冷剤でも代用可能です。手元にある氷だけで冷やすということも出来ますが、冷えるのに時間がかかるか、冷えが足りない可能性があるので注意しましょう。

ちなみに、実際に我が家で、冷えていないシャンパンやスパークリングワインを氷水で冷やす場合、氷が若干足りていないのですが、ワインクーラーで20分~30分で8℃程度になります。

後は、氷水で冷やすと、ボトルを上げる際に水が垂れるので、布巾が必須。氷水で冷やすのは少し手間がかかりますが、冷蔵庫から出してテーブルに出しているのと違って飲んでいる間中温度が上がらず、冷やし続けることが出来て便利なんですよね。オシャレなワインクーラーも多いので、雰囲気作りにも貢献してくれます。

>>”シャンパンクーラー”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

冷凍庫に入れるのはNG。

危険の文字

最後に、「手っ取り早く冷凍庫に入れちゃえば良いじゃない!」という意見が聞こえてきそうですが、オススメしません。風味を損ねると言われているのと、忘れて凍らせてしまう可能性大なのです。

以上が、”シャンパンやスパークリングワインを当日に冷やす方法”でした。

それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事