シャンパンやスパークリングワインのフルボトルは1本750ml。シャンパングラスで約6~7杯程度になり、アルコール度数も13%前後が一般的と高いので、1~2人で飲む場合は全て飲みきれずに余ってしまうことがあります。

シャンパンやスパークリングワインは発泡性ワインのため、そのままにしておけばガスは抜けて泡がなくなるのは簡単に想像できます!

さぁ、余った”シャンパン”や”スパークリングワイン”どうする!?

ということで、シャンパン”や”スパークリングワイン”が余ってしまった場合の使い道をまとめておこうと思います!

スポンサーリンク

余った”シャンパン”、”スパークリングワイン”の使い道!

電球アイコン

余ったシャンパン、スパークリングワインの使い道は下記の通り!

途中保存をして、2~3日内に楽しむ!

ストッパー

シャンパンやスパークリングワインの余りや飲み残しは、上記画像のような専用の”ストッパー”というアイテムがあれば、ガス抜けを防ぎ、途中保存が可能です!

この途中保存について、もっと詳しく知りたい方は下記にまとめてあるので、どうぞ!

ただ、この途中保存に必要な”ストッパー”ですが、シャンパンやスパークリングワインによって瓶口の形状やサイズが異なるため、合う合わないがあるので注意が必要です。ちなみに私の場合、合わない可能性を考慮して、現在は様々なストッパー4個所持しています♡

”ストッパー”を探す!

スポンサーリンク

シャンパン・スパークリングワインカクテルで楽しむ!

ホワイトミモザ

私の場合、”辛口”シャンパンを飲んでいると、飲みきれないことがあるのですが、ジュースで割ってカクテルにすると飲み進められることがあります♡

ジュースで割るカクテルだと、アルコール感も弱まるので飲みやすいし、甘さがあることで気分が変わるんですよね!

もちろん、上記”1”の途中保存をした後にカクテルにして楽しむのもオススメです!

下記に簡単な作り方をまとめていますが、ジュースで割るカクテルで簡単でオススメなのは「ミモザ」「ホワイトミモザ」です!

>>簡単シャンパン、スパークリングワインカクテル、レシピ!

スポンサーリンク

”料理酒”として使っちゃう!

泡

これは、本来は出来るだけ避けたいところだけれど、私の場合はどうしても好みに合わず、「途中保存もなんだかな~」という時に有り難く”料理酒”として利用しています。

あとは、”ストッパー”がなく、途中保存が出来ない場合はオススメ!捨てるくらいならもったいないので、”料理酒”として活用しちゃいましょう。

ただ、この”料理酒”としての活用ですが、”辛口”のシャンパン、スパークリングワインであることが前提です。辛口のシャンパンやスパークリングワインはガスが抜けると、白ワインと同じ感覚で料理酒としての利用が可能ですが、甘口の場合は、甘さが出てしまうので、一般的な料理酒として使うと、「こんなはずじゃなかった」と大誤算の可能性あり!→実際に私やってます。w

ロゼも製法によっては赤ワインが使われている可能性があるので、一般的な料理酒と比べると若干違いがある可能性があります。

以上が、『シャンパン、スパークリングワイン余ったらどうする!?余ったシャンパン、スパークリングワインの使い道!』でした。

それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事