カーヴ

シャンパンやスパークリングワインを贈りもので頂いた!特別な日のお祝いや記念にシャンパンやスパークリングワインを買った!

そんな状況で一番最初の関門として訪れるのは、

そのシャンパン、スパークリングワイン、どうやって置いておけば良いの!?

という疑問。そう、自宅での保存や保管方法について、疑問が湧きます!せっかくのシャンパンやスパークリングワインを美味しく飲みたいからこそですよね。劣化させることは避けたい!

その日に飲むのであれば、手っ取り早く冷蔵庫で冷やして飲めば良いけれど、飲む日を別にしたい場合は、自宅で保管しておく必要があります。

そんな場合の、”シャンパンやスパークリングワインの保管、保存方法について”、まとめておこうと思います!

シャンパンやスパークリングワイン、どこに置いておけば良いの!?自宅での保存・保管方法まとめ!

自宅での保存・保管方法と注意点!

電球アイコン

手っ取り早く言っちゃえば、”シャンパン”や”スパークリングワイン”の保存・保管方法&注意点は下記の通り!

 

自宅保存・保管方法&注意点!
  • 常温保存はNG!”ワインセラー”か、”冷蔵庫”で保存・保管すること!
  • 保存の適温は、本来12度前後がベスト。
  • 冷蔵庫保存の場合は、ボトルを新聞紙にくるみ野菜室保存がベター!
  • ”セラー”がない場合は、1ヵ月内に飲むのがオススメ。

なぜ、上記のような保存・保管方法が良いのか、シャンパンやスパークリングワインの劣化となる原因から探っていきましょう!

スポンサーリンク

シャンパンやスパークリングワインが劣化する原因とは!?

日の光、紫外線

プルミエール ビュル ナンバーワン

シャンパンやスパークリングワインボトルの多くは、緑がかった暗い色をしています。それはまさに、紫外線から守るため!紫外線は、シャンパンの新鮮さ、フレッシュさを失う原因と言われていて、そもそもセラーやメゾン(生産者)のカーヴ(地下貯蔵庫)は暗く日の光(紫外線)が遮られています。

なので、シャンパンやスパークリングワインは、自宅に”セラー”があれば”ワインセラー”に、”セラー”がない場合は、飲むまでの短期間、冷蔵庫(できれば野菜室)に入れておくのがベスト!可能であれば、新聞紙でボトルを覆うとより良いです!

スポンサーリンク

温度(高温、低温)

シャンパンと温度

シャンパンやスパークリングワインの保存・保管の適温と言われるのが12℃程度。媒体によって、記載の温度幅(最低で10℃くらい、最高で15℃程度)が若干それぞれ違うけれど、12℃程度と思っておくと無難です!

>>シャンパンやスパークリングワインの温度、”保存の適温”と”飲む適温”が違うって知ってた!?『適温』とは!?

高温になると意図しない熟成や成分分解が始まってしまう可能性があるし、低温すぎると酒石というものが多く出来てしまい味わいに変化が出てしまう恐れがあります。

でもこの適温を一定に保つことって”セラー”がないと難しい!常温となると毎日温度が変りますし、朝晩で温度差が激しく変わることも。ただ、冷蔵庫の場合は、適温よりは低い温度になるけれど、常温よりは一定に保ちやすい!なので、セラーがない場合は”冷蔵庫”保存をオススメしています!

ただし、冷蔵庫での長期保管は低温によるリスクが大きくなるため、注意が必要です!あくまで短期間の保存・保管が前提になります。

>>”シャンパン”や”スパークリングワイン”の保存・保管、なぜ”冷蔵庫”がダメなの!?明確な理由とは!?

スポンサーリンク

湿度(乾燥)

コルク

シャンパンやスパークリングワインの保存・保管において、”湿度”が必要と言われています。なぜなら、コルクが乾いてしまうことによってボトルとコルクの間に隙間が出来てしまい、酸化(劣化)に繋がるから。よほどのことがなければ大丈夫という話も聞きますが、100%ではないので、対策をしておいた方がより安全です。

これが、冷蔵庫保存で”野菜室”をオススメしている理由!冷蔵庫の場合、”野菜室”の方が”冷蔵室”よりも湿度が高く設定されていることが多いです。ちなみに、長期保管を目的にした”セラー”の場合、湿度を保つ機能がついているものがほとんどです!

Q. 野菜室には入らない!冷蔵室でも大丈夫?

短期間であれば、問題なく飲めます!若干冷え過ぎているので、冷蔵室から出した直後だと本来の香りが楽しめないため、冷蔵室から出して温度が少し上がるとより楽しみが増します。あとは、ワインクーラーを使いながら温度調節を!

>>ワインクーラーとは!?(ドンペリ豆知識)

振動

泡

これは自宅での保存・保管ではあまり関係ないかもしれませんが、シャンパンやスパークリングワインは発泡性ワインなので、振動が大きいと泡が大きくなるのは想像できるはず。また泡が活発になりすぎると、本来の良さを感じ取ることが出来ないので、振動を避ける必要が出てきます。

ただ、先ほどもお伝えした通り、自宅で保存する場合、あまり振動を気にする必要はないはず!ワインセラーでも冷蔵庫でもフラットな状態で置くことになるので、そもそも振動はさほど起こりません。

スポンサーリンク

縦置き!?それとも横置き!?

はてな

シャンパンやスパークリングワインを自宅保存する場合に、ふと気になるのがこれ!

立てて置いた方が良いのか、寝かせた方が良いのか!?

ズバリ結論から言うと、短期間の冷蔵庫保存の場合は、”縦置き”、”横置き”どちらでも都合の良い方でOK

というのも、そもそも冷蔵庫保存する場合は、他の食品や飲料もあるので、置ける場所って限られてくるんですよね。よっぽどの空きスペースがない限り選べないと思います。我が家の冷蔵庫の場合、野菜室はそもそも横には置けないので立て置き(実質は斜め置き!w)しか選べません。

なので、短期間の冷蔵庫保存であれば、”置ける場所”に応じて、縦置き、横置きを決めればOKです!

ちなみに、本来、縦置き、横置きどちらが良いのかというと、実は人や媒体によって意見が分かれるのですが、横置きが良いとされることが多いです!先ほどの”湿度”のところでも触れたけれど、横に寝かせて置けばコルクが湿るので酸化(劣化)の防止になると言われる一方で、立てて保存すればフレッシュさが保てるという記載が専門誌にあったり。

ただ、劣化してしまえばそもそもフレッシュさを感じることすら出来ないので、長期保管する場合、我が家の場合は横置き”を基本としています!

>>シャンパンやスパークリングワインの温度、”保存の適温”と”飲む適温”が違うって知ってた!?『適温』とは!?

以上が、『”シャンパン”&”スパークリングワイン”、自宅での”保存・保管方法”とは!?縦置き、それとも横置き!?保存・保管方法まとめ!』でした。

それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

Reccomend