スシスパークリングワイン

見た目にもインパクト大、お寿司に合せるスパークリングワインとして誰もが気になるスパークリングワインがあります。それが、上記画像の「寿司スパークリング」。

この寿司スパークリングワイン、ラベルが日本語であることから多くの人が国産のスパークリングワインだと勘違いし、ワイン好きさんの中には敬遠してしまう方もいるのですが、日本産のワインではありません。なんと、イタリアの生産者が造る、イタリアのスパークリングワイン。生産者自身が、お寿司好きということで造られたスパークリングワインなのです。

この「寿司スパークリング」、飲まず嫌いは「もったいない」です!実際にお寿司と共に飲んでみたので、今回はこの「寿司スパークリングワイ」についてまとめておこうと思います。

 

スポンサーリンク

「寿司スパークリング」とは!?

 

まずは、この「寿司スパークリング」について、簡単におさらいしておきましょう。

 

「寿司スパークリング」の特徴!
  • イタリアのスパーククリングワイン、極辛口・白。
  • 生産者は、イタリアのアストリア社。ヴェネツィア国際映画祭の公式スパークリングワインに選出されたり、賞を取るなど、スプマンテ(イタリアのスパークリングワイン)の秀逸な生産者。
  • 生産者の希望でお寿司のために造られたスパークリングワイン。
  • 和柄デザインのラベルも、まさかのイタリアでデザイン。
  • 価格:1千円代~(*価格は変動します。)

 

この寿司スパークリング、ラベルも含めて和柄デザインなので、まさかイタリアのスパークリングワインだとは思いませんでした。

日本の組織や企業とのコラボでもなし。生産者がお寿司がお好きで「お寿司と合わせたい」という熱い情熱のもとに造られたスパークリングワインなんですよね。

>>”寿司スパークリング”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

スポンサーリンク

「寿司スパークリング」、おスシに本当に合うの!?「寿司スパークリング」のススメ!

寿司スパークリングワイン

「本当におすしに合うのか!?」、私自身が疑心暗鬼だったのですが気になり購入。そして先日、知人宅でお寿司パーティがあったため手土産として持参し、「寿司スパークリングワイン」を皆で飲んでみました。

その結果どうだったかというと、その場で一緒に飲んだ全員(4名)が「お寿司にすごく合う」という喜びの感想をいただくことに。みなさん「美味しい」と表情がキラキラしていました。手土産ワインで喜んでもらえるのは、本当に嬉しい!

飲む前は、お酢の酸味や生の魚の臭いが後味に残るのではという懸念があったのですが、全く残りませんでしたね。それどころか、酢飯ともぴったり合って、逆に酢の酸味がまろやかになる感じ。爽やかであっさりとした柑橘類を感じつも、甘味を思わせるコクや果実味も感じるのです。お寿司との相乗効果抜群。さすが、「寿司スパークリング」という名が付くだけありましたね。

また、みなさんこの寿司スパークリングワインのギャップに驚かされていました。和柄のラベルからやはり国産ワインだと思われる方が多く、イタリアのスパークリングワインだと伝えると「えー!」と、びっくりされていました。思わぬところで、サプライズに。

この「寿司スパークリングワイン」、おすしが食卓に並ぶ際、お寿司パーティなどにはオススメです!

それでは、また!

>>”寿司スパークリング”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事