泡

「シャンパンってどんな味なんだろう。」

シャンパンという言葉はよく聞くし知ってはいるけれど、実際シャンパンがどんな味なのか、シャンパンに興味が湧くからこそ気になりますよね。ということで、今回は一般消費者さん向け、ワイン初心者さん向けに、「シャンパンの味について」まとめてみようと思います。

スポンサーリンク

シャンパンの味ってどんな味!?

はてな

シャンパンの味を簡単に言ってしまえば、下記3つの味の特徴のいずれか、もしくは複数合わせたもの、そして甘辛度によってシャンパンの味が表現できます。

シャンパンの味、3つの特徴!

泡

各シャンパンによって味わいは全く異なりますが、大雑把にシャンパンの味をまとめると下記3つの特徴を挙げることができます。

  • 「柑橘系のフレッシュさや爽快感がある」
  • 「果実味(原料はブドウ)があってコクがある」
  • 「芳醇でまろやかさがある」

これら味の特徴、シャンパンを造るための原料となるブドウ品種の特徴です。シャンパンの醸造に使われるブドウ品種はフランスのワイン法で定められていますが、主に使われるのは「シャルドネ」、「ピノ・ノワール」、「ピノ・ムニエ」の3種類。これらをブレンドして造られるのが一般的ですが、1種に絞って造られることもあります。これら3種のブドウ品種の味わいを表現しているのがシャンパンなのです。

スポンサーリンク

甘辛度で味わいが変化!

甘辛度表

先にお伝えしたシャンパンの味に影響与えるのが、甘辛度。シャンパンは辛口が主流ですが、甘口もあるため、甘口シャンパンを飲めば、甘い味に。辛口シャンパンであれば、アルコール感の強い味わいを感じることになります。

ただ、甘口シャンパンの場合、甘いのですが、後味はさっぱり。チューハイやサワーの甘さとは一線を画しています。さらに辛口といえども、シャンパンは発泡性ワイン、シュワシュワとした炭酸系の勢いを感じるため、日本酒や焼酎などのアルコール感の強いお酒よりは飲みやすいと感じます。>>シャンパンの甘辛度

「シャンパンの味」まとめ

シャンパングラスと海

シャンパンの味について正直に言えば、シャンパンの味は各シャンパンによってかなりの差があるため一概に言えません。先にお伝えした「シャンパンの味わい」は、あくまで大雑把な目安。なぜなら、各シャンパンによって使われているブドウの種類や量が異なる上に、生産者によって醸造過程に細やかな違いがあるからです。

もう少し分かりやすく言えば、シャンパンは、いくつかのブドウ品種をブレンドして造られるのが一般的。でも、使われるブドウ品種の量やブレンドする割合は各シャンパンで異なります。他にも、複数のブドウ品種をブレンドするのではなく、白ブドウのみを使って造られる「ブラン・ド・ブラン」という種類のシャンパンや、黒ブドウのみを使って造られる、「ブランド・ノワール」というシャンパンも存在するため、各シャンパンによって当然ながら味は変わるのです。

ブドウ畑

また、生産者によって醸造過程に細やかな違いもあります。例えば、発酵に樽を使う生産者もいれば、ステンレスタンクを使う生産者がいます。そうなると、味わいも当然ながら変わってきますよね。

つまり、シャンパンの場合、同じブドウ品種を使っていても味わいは生産者によって差があり、同じ生産者が造るシャンパンでも、収穫されるブドウの状態や個性によって味に差が出るのが普通なのです。

スポンサーリンク

各シャンパンの「味」を知る方法は!?テイスティングノートの存在!

グラス実験

さきほど各シャンパンによって味は違うとお伝えしました。では、各シャンパンの「味」を知るにはどうしたら良いのでしょうか。「モエシャンの味が知りたい」、「ドンペリの味が知りたい」などありますよね。

各シャンパンの味を知る方法、ちゃんとあります!ただ、その方法を活用する前に「シャンパンの味は、どこでどうやって表現されているのか」を知る必要があるので、先にお伝えしていきます。

シャンパンの味は、「テイスティングノート」といった試飲した際の味わいメモや、「テイスティングの記憶(結果)」によって説明されています。その、「テイスティングノート」や「テイスティングの結果」は、ワインの経験値がない人や一般消費者向けにワインのプロ(ワインを販売・提供する側の方)が書くものです。(一部のワイン愛好家さんが趣味で書かれているものもあります。)ソムリエさんがまとめることもあれば、ワインを扱う販売者の方がまとめている場合もあります。なので、1つのシャンパンでも味わいの表現はテイスティングした人によって違いがあります。

そして、そんな「テイスティングノート」や「テイスティング結果」を知る方法は下記2つ。

「テイスティングノート」、味を知る2つの方法!
  • 生産者の公式ページ or ブランドの公式ページを見る
  • 販売ショップの各シャンパンの商品詳細ページを見る

 

具体的に例えると、見たことのある方が多いである、上記画像の有名シャンパンブランド「モエシャン」の場合、「モエシャン」ブランドの公式ページというのがあります。>>モエ・エ・シャンドンの公式ページ  こういったブランドの公式ページには各シャンパンのリストが掲載されていて、各シャンパンごとにテイスティングノートが載っています。

また、楽天市場Amazonといった大手ショッピングサイトで「モエシャン」を探すと、「モエシャン」を扱うショップがずらりと表示されます。そのどれかをクリックして商品の詳細をみてみましょう。全てではありませんが、味についてのコメント(テイスティングノート)が掲載されていることが多いです。

これらを見ることで、「テイスティングノート」や「テイスティング結果」を見ることが出来、各シャンパンの味わいを知ることが出来ます。

ただ、ここで問題が出てくるんですよね。次に行きましょう。

スポンサーリンク

「テイスティングノート」を見ても、シャンパンの味が分からない!どうする!?

この問題、一部のワイン愛好家さん以外、ほとんどの一般消費者の方が抱えてる問題です。せっかくプロの方が書いてくださった、テイスティングノートを見ても、味がイメージ出来ないのです。

実際にテイスティングノートを見てみましょう。下記は、「モエエシャンドン」という有名シャンパンブランドの公式ページにあるテイスティングノートです。

TASTING NOTE
1869年に誕生。3種のブドウの個性がバランスよく調和し、フルーティーな輝き、魅惑的な味わい、エレガントな熟成が感じられます。この豊かな味わいは、良質なブドウからできた100種類ものベースワインをブレンドすることでスタイルの一貫性を実現しています。 グリーンアップル、洋ナシといった新鮮な果実とミネラル、白い花のニュアンスにブリオッシュ、シリアルなどの成熟した香りが調和。フレッシュでありながらエレガントで、口当たりはしなやかで芳醇。アペリティフからデザートまで、どんな料理にも絶妙に調和します。

 

すごく丁寧に記載されていますよね。プロの方も、ワインを知らない方でも分かる様に最大限工夫して書いて下さっているのですが、

「ミネラル」ってどんな味?、「グリーンアップルの味」が分からない、「シリアルの成熟な香り」ってどんな香り?、「魅惑的な味わい」ってどんな味?

というように、頭の中は?でいっぱいになるのです。この分からない感、私も通ってきた道なのですが、ズバリ言ってしまいましょう。これはどうしようもないのです!w

というのも、明白に「味」をイメージするにはどうしてもワインの経験値が必要になります。実際に飲む経験を積めば積むほど、実際の味と、表現されている言葉が繋がっていきます。「この味が、こういう言葉で表現されるのか」とか、「ああ、まろやかってこんなワインのことか」、「ミネラル感ってこのことか」というように、紐付いて分かってくるのです。私の経験でいうと、ワインを飲み続けて5年くらい経った頃から、テイスティングノートをみてなんとなく味をイメージできたり、飲んだ後にテイスティングノートを見て、「あぁ、確かにそうだな」と思えるようになりました。

なので、商品詳細ページや「テイスティングノート」を見て、味が分からないのはある意味当然なのです。ぼんやりと、「そういう味なのか。ふむふむ。」と思っておけばOK。最初の頃は、そのワインが「好みか」、「好みじゃないか」を判断できればそれで十分なのです。そんな風に楽しくワインを飲み続けていく中で、「味」について理解できるようになっていきます。

 

「シャンパンの味」、あまり細かすぎるとつまらなくなるので、あっさりとまとめてみました。それでもかなりのボリュームになってしまいましたが・・。一般消費者にとっては、楽しく美味しく飲むのが大事。あまり、味の理解にこだわらず、好みかどうかを判断しながら楽しく飲みましょう!その内、だんだんと味について理解が進んでいきますよ。

それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事