夜景とワイン

「金持ち」と書くとどこからどこまでが金持ちに該当するのが曖昧さはありますが、確かなのは我が家はごく普通の一般家庭であること。分かりやすく言えば、私たちは一般庶民に該当します。

先日、パートナーといつもの如くワインを飲んでいるといつのまにか「ワイン好き」という括り(くくり)の人たちについて話題になりました。内容としては、”「ワイン好き」を「金持ちのワイン好き」と「一般のワイン好き」で分けるとどう違うのか”について。想像や固定概念も含めながら、不要な考察と議論を繰り広げていたのですが、それが意外と的を得ているように感じて面白かったのです。

ということで、「金持ちのワイン好き」と「一般のワイン好き」の違いについて、私たちが導きだした結論を共有していきましょう。

スポンサーリンク

「金持ちのワイン好き」は、有名どころのワインに行く!?最小限の労力と手間でリスクの少ないワインを好む、経験値が豊富なワイン好き。

クリュッグ
「お金持ちのワイン好き」さんの場合、有名どころのワインを好み、高価であっても迷う事なく買うことが出来ます。例えば、フランスのボルドーの五大シャトーのワインであったり、ブルゴーニュの高級ワインであったり、シャンパンであれば有名ブランドのシャンパンや高級シャンパンであったり。そもそも、お金持ちの方は安いワインを買う必要がないですよね。

なので、少ない労力で「美味しいワイン」に出会いやすく、たくさんのワインの経験値があります。誰もが羨むワインの味わいも知っているでしょう。

知識面においては、渇望感はさほどなく、必要性も低くなります。なぜなら、ワインの知識がさほどなくとも、特定のワインショップやソムリエさんと定期契約をして美味しいワインの調達が可能であり、人脈や肩書を生かしてワインのプロと繋がることも容易であるからです。

だからこそ、美味しいワインに、最小限の労力と手間で出会え、豊富なワインの経験値を積めるのです。

では、「一般のワイン好きさん」はどうでしょうか。

スポンサーリンク

「一般庶民のワイン好き」は、安くて旨いワイン探しにハマる!?こだわりが強くストイックなマニアなワイン好き。

ヴィルマール

「一般庶民のワイン好き」は、ワインフリークといっても過言ではないくらいのワイン好きを想像していますが、このあたりのワイン好きさんは、「有名どころのワインは美味しくて当たり前」という意識があるため、そういった有名どころのワインに飛びつきません。というより、飛びつけないことも多いのです。というのも、ブルゴーニュの赤ワインなどで有名なワインで飲み頃のものは高価すぎて簡単に手を出せません。だからこそ、安くても旨いワインやコアなワインを探すことに価値を置きます。「え?この値段でこんなに美味しいの!?」と新たな発見をもたらしてくれるようなワインに出会えることが喜びなのです。

実際、「一般のワイン好き」さんは、ハードルが高いワイン探しをしている人が多いですよね。例えば、安くて旨いブルゴーニュ(フランスのブルゴーニュ地方)の赤ワインを探すとか、小規模生産者のシャンパンを選ぶとか、ワイン畑の地図を広げて気になる畑のワインを購入してみるとか。そうなると、美味しくないリスクや、失敗の可能性も大いに秘めたワインに挑戦することになります。ある意味、冒険家なんですよね。

知識はというと、お宝ワイン(安旨ワイン)を探すためにも、専門雑誌や書籍を読み漁ったり、畑の地図と睨めっこをしたり、ワインの商品ページをひたすら見たりで自然と知識が積み上がります。そのストイックな姿に、マニア、ワインフリーク、こだわりが強いという印象を抱かれやすい、それが「一般のワイン好き」さんです。

スポンサーリンク

なりたいのは「金持ちのワイン好き」、でも魅力的なのは「一般のワイン好き」

赤ワイン

ということで、勝手に「金持ちのワイン好き」と「一般のワイン好き」の違いを見出した上で、個人的に結論を出すと、なりたいのは「金持ち のワイン好き」でも魅力的なのは「一般のワイン好き」となりました。

お金持ちさんは、ワインの購入において「安い」というな節約志向や条件付けは不要。そう考えると、単に「素晴らしいワイン」、「美味しいワイン」ということで有名なワインを購入すれば良いわけです。すごくシンプルですよね。誰だって「美味しいワインや有名どころのワインを飲んでみたい」、だから「金持ちのワイン好き」になってみたいと感じるのです。

でも、人として魅力に感じるのは、「一般のワイン好き」。個人的な好みですが、一つのことにストイックな人や、一つのことを継続している人に魅力を感じ、好きなのです。ワインのプロの方が、ワインに詳しいのはお仕事上当たり前ですが、そうではない方が詳しかったり、ストイックだったりすると、途端に魅力が増します。これぞ、ギャップに落ちるということですよね。簡単に言えば、変わっていると呼ばれる人たちが、昔から好きなのです。

さて、あなただったら、「金持ちのワイン好き」、「一般のワイン好き」どちらになりたいですか!?そして、どちらが魅力的に感じますか!?

本日の1本:「ブルゴーニュ パストゥグラン 2017 エマニュエル ルジェ」

【価格】6千円台~※価格は変動します。

一般のワインフリークであるパートナーが、「この価格でこの美味しさとは・・」と感動し、飲んだ後も飾るほどのブルゴーニュの赤ワイン。

>>”ブルゴーニュ パストゥグラン エマニュエル ルジェ”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事