空に?の文字

 

簡単に知りたい!すぐに知りたい、”シャンパンとスパークリングワインの違い”

そんな方のために、以前よりもっと簡単にまとめてみました。

スポンサーリンク

簡単!”シャンパン”と”スパークリングワイン”の違い!

シャンパンは、フランスのシャンパーニュ地方で造られた一部のスパークリングワイン(発泡性ワイン)のこと。なので、”シャンパン”は、”スパークリングワイン”の一種。

ただ、日本では、”シャンパン”と”スパークリングワイン”を下記の通り区別して呼んでいる風潮があります。

 

シャンパン・・・”フランスのシャンパーニュ地方で造られた、一部のスパークリングワイン” ボトルに、"CHAMPAGNE"と記載のあるもの。

スパークリングワイン・・・上記、”シャンパン”以外の色々な国のスパークリングワイン。

 

なので、こちらのサイトでも、分かりやすいように上記の呼名に合わせた表記にしています。

ちなみに、”スパークリングワイン”と”シャンパン”の見分け方ですが、とっても簡単!”シャンパン”は、ボトルに必ず、”champagne"や、"CHAMPAGNE"の記載があります。

例えば、下記画像で言えば、②と記載のある部分に、”CHAMPAGNE”の文字がありますね!

 

パイパーエドシックのラベル

 

下記、”ドンペリ”も”シャンパン”のため、下記の②と記載されたところに、”Champagne”の記載があります。

 

ドンペリのラベル

 

以上が、”簡単!シャンパンとスパークリングワインの違い!”でした。

もっと詳しくしりたい方は、下記に別にまとめてありますので宜しければどうぞ!

>>10の特徴で簡単解説!シャンパンとスパークリングワイン、ここが違う!

それでは、また!

Twitterでフォローしよう

Reccomend