グラハムベック

シャンパンやスパークリングワインのボトルを並べてみると、多くのボトルが深い緑色”をしているのが分かります。なので、外観からボトルの中の色は分からず、グラスに注がないと分かりません。グラスに注いだ途端、突如として黄金色や淡いピンク色。とても素敵なのですが、実はボトルが緑色なのには、しっかりとした理由があるのをご存知でしょうか!?

今回は、そんな”シャンパンボトルの豆知識”を、お伝えしようと思います。

スポンサーリンク

なぜ、ボトルが緑色なの!?それは、シャンパンやスパークリングワインを『劣化』から守るため!

ワイン蔵

シャンパンやスパークリングワインボトルがなぜ緑色なのか、先に結論から言ってしまえば、『紫外線』から守るためです。シャンパンやスパークリングワインにとって、紫外線は劣化の原因となるため、紫外線対策として、緑色の瓶が採用されています。

よくよく考えれば、ワインなどが保存されているカーヴは、地下蔵と言われるだけあって、薄暗い中で保存されていますよね。それは、紫外線対策でもあったのです。

ただ、一部のボトルでは緑色の瓶が採用されていないこともあります。その中で有名なのは、高級シャンパン、”ルイロデレールクリスタル”。

”ルイロデレールクリスタル”は、透明なボトルをしているのですが、上記商品画像の通り、その周りにはオレンジ色のセロハンが巻かれているのが分かります。これも、『紫外線』から守るため。

さらに、緑色ではなく下記のシャンパンのように茶色いボトルもみられます。茶色は、緑色よりも紫外線を防ぐ率が数パーセント高いということで、茶色のボトルを採用している生産者も存在しています。

一方で、透明なボトルのまま販売されている、発泡性ワインも多数存在します。その多くは『ロゼ』!下記のロゼスパークリングワインもその1つ。

スパークリングワイン ロゼ

ロゼは、色鮮やかなピンク色も魅力なので、その鮮やかさを見せることに重きを置いている場合があります。

スポンサーリンク

じゃぁ透明ボトルだったら、自宅保存はどうする!?

空に?の文字

シャンパンやスパークリングワインの自宅保存について、『新聞紙を巻く』と聞いたことはないですか?

『新聞紙を巻く』、というのも、『紫外線』からの劣化のリスクを守るため。なので、長期保存をしたい場合は、新聞紙を巻いておくとより良い!でも緑色のボトルの場合ですぐに飲むのであれば、さほど気にする必要はないと思います。

透明ボトルで長く保管する場合は、新聞紙で巻いて保管しましょう!

以上が、『なぜ、シャンパンやスパークリングワインのボトルは緑色なのか!?』まとめでした!

それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事