ドンペリルミナス

ドンペリには、『光るドンペリ』と言われるものがあります。それが、上記画像の”ドンペリ ルミナス”。ドンペリのラベル部分が光るんですよね。

そんな「ドンペリ ルミナス」について、体験レポと称して、ドンペリ  ルミナスの光る仕組みや光る時間などについて、まとめておこうと思います。

ドンペリ ルミナス、光る仕組みとは!?

ドンペリルミナス

私が購入した”ドンペリ ルミナス”は、”並行輸入品”だったということもあり、光る仕組みについての説明書などは一切ありませんでした。

 

並行輸入品(並行品)とは、正規ルート以外の個人や団体、組織で輸入されたワインやシャンパンを意味しています。

 

でもね、ふと瓶底を見るとボタン発見。そう、『光る仕組み』は、瓶底にあります。下記がドンペリルミナスの瓶底の画像なんですが、下の方に白いボタンがあるのが分かるでしょうか!?

ドンペリルミナス

この白いボタンが点灯のオン・オフボタン。ボタンを押すとラベルが光り、オフにすると消える仕組みです。

スポンサーリンク

”ドンペリ ルミナス”、光る時間はどれくらい!?

光る時間について、電池残量もあるため明確に記載しているショップはほぼないのですが、おおよそ3時間程度だそう。ただしこれは連続して点灯させた場合ですね。オン・オフを繰り返していると前後する可能性はあります。

一旦”オフ”にすれば、また次に光らせることが出来る!?

我が家のドンペリルミナス、数年前に購入し、何度かオンオフを繰り返し飾ってあるのですが、現在もまだ光ります。なので、電池残量がある限りは、一旦スイッチオフにして、期間が空いてもオンにすることで光るということになります。

以上が、『”ドンペリ ルミナス”体験レポ!どうやって光るの!?光る仕組みとは!?』でした。

このドンペリルミナス、薄暗い中で光らせるとやはり存在感があり癒されます。パーティシーンにはもちろんのこと、お家のインテリアとして飾りたまに光らせるという楽しみ方も◎ですね。

>>”ドンペリ ルミナス”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

>>光る、”ルミナスシャンパン”の種類一覧!(オーナーブログ)

スポンサーリンク
Recommend Posts