シャンパンで乾杯

お祝いと聞くと、「シャンパン」を思い浮かべる方も多いですよね。実際に、結婚披露宴を含めたお祝いの席での乾杯は、シャンパンが多く用いられています。『なぜ、お祝いにはシャンパンなのか』、その習慣は、過去から引き継がれてきたものでした。

『お祝いにシャンパン』という習慣の始まりは!?

 

もともとの始まりは、シャンパンではなく、シャンパーニュ地方のワインから。初代のフランス国王が戴冠式をシャンパーニュ地方で行って以来、代々の国王が同じく即位式をシャンパーニュ地方で行うようになりました。その際のおもてなしとして、シャンパーニュのワインが使われていたそうです。

それからというもの、シャンパーニュ地方のワインは、評判や人気が高まり、お祝いの席には、シャンパーニュのワインという習慣になっていったとのこと。シャンパーニュ地方のワインといえば、行き着く先はやはりシャンパン。

そんな背景から、様々な公式行事のお祝いや慶事の場面ではシャンパンが用いられるようになり、「お祝い=シャンパン」という認識が広まりました。

スポンサーリンク

お祝いのイメージにシャンパンがぴったり、3つの理由とは!?

お祝いにシャンパン

お祝いの場面は、いつもの日常とは違った特別な時ですよね。そんな時を、ワインで表現できるのがまさにシャンパン。その理由は3つ。

1つ目の理由は、シャンパンは五感で慶事の時を連想させてくるから。シャンパンは、冷えたシャンパングラスの中に立ち昇る泡、豪華な印象を与えてくれるゴールド色や華やかさを演出するピンク色を目にします。そして軽快にパチパチと弾ける泡の音と共に、、口に含めば豊かな香りが漂い美味しい一時を過ごせます。こんな風に五感で楽しめるのがシャンパン、ゴージャスな時、特別な時を連想させてくれるのです。

次の理由は、価格。シャンパンは価格面でも「特別感」を印象付けてくれます。シャンパンの場合、「デイリーワイン」という位置づけはありません。というのも、赤・白ワインやスパークリングワインの場合は最も安くてワンコイン程度(500円)のものから見つかりますが、シャンパンは安くとも3000円代後半から。価格面においても特別感を感じられるのです。

最後、3つ目の理由は、シャンパンや煌びやか、高貴というようなイメージが世に浸透しているから。シャンパンの場合、著名人が愛飲したという話や著名人の愛好家の噂が絶えません。また、有名イベントのオフィシャルシャンパンも多々あるため、煌びやかさや高貴というようなイメージが世界中に浸透し、最も定着している唯一のワインとも言えるのです。御祝といえば、煌びやかで華やかな瞬間、そんな時にシャンパンが相応しいと感じるのも、自然の流れのように感じます。>>有名人や公式イベントにまつわるシャンパン一覧(シャン・スパギフト!)

以上が、シャンパンとお祝いの関係でした。シャンパンはスパークリングワインの1種ですが、他のスパークリングワインとは一線を画す存在。ここぞという特別なお祝いに、ぴったりなワインなのです。

>>お祝いシーンに合わせてに手っ取り早く、シャンパンを探す!(シャン・スパギフト!)

スポンサーリンク
Recommend Posts