ドンペリ

ドンペリことドンペリニヨンは、発泡性ということもあり、お酒が苦手な方にとっても飲みやすいワイン。でも、飲みやすいからこそ、「気づいたら一気に飲んでしまった!」 、「大したことなくてガッカリ」、「ドンペリ、美味しくなかった」そんな話しを良く聞きますし、実際に経験もあります。

でも、これは、ドンペリの魅力を引き出せていないということ。”ドンペリ”は、高級シャンパンであるが故に、気難しさがあります。ドンペリの魅力や美味しさを理解するには、ドンペリの飲み方がとても重要。

ということで、ドンペリニヨンの魅力を感じるためにも、”ドンペリの飲み方や注意点”をまとめておこうと思います!

スポンサーリンク

ドンペリ、飲む前の注意点3つ!

黒板に電球

”初めてのドンペリ、飲む前の注意書き3つ!”で伝えた通り、ドンペリを飲む前に注意として知っておきたいのは、下記3つのこと。これらに気を付けないと、”美味しさ”や”魅力”が感じられない可能性が大きくなります。

 

初めての”ドンペリ”、3つの注意書き!
  • ”ドンペリ”1本を大勢で飲まない!
  • ”ドンペリ”を開栓してすぐ飲まない!
  • ”ドンペリ”をグビグビ飲まない!時間をかけて飲むべし!

詳しくは、”初めての”ドンペリ”、飲む前の注意書き3つ!”にまとめていますが、ドンペリは目先の美味しさは分かりにくい高級シャンパン。つまり、簡単に美味しいと思えない、価格相応の”美味しさ”を感じられない可能性大ということ。

”ドンペリ”の魅力を感じるためには、とにかく”時間”が必要。そういう意味でも、大勢で飲まないこと、抜栓してすぐに飲まないことなど、早飲みしないよう気を付ける必要があります。

スポンサーリンク

ドンペリの”美味しさ”や”魅力”とは!?

ドンペリのミュズレ

先ほど、”ドンペリ”は目先の美味しさは分かりにくい、簡単に美味しいと思えないということをお伝えしました。では、”ドンペリ”の魅力や美味しさとは何なのか。どうやって、”美味しい”と感じ、価値を感じられるのか。他のシャンパンと何が違うのか。疑問が湧きますよね!

これまで”ドンペリ”を含めて、色々なシャンパンを飲んできましたが、一般消費者である私たちが”ドンペリ”を美味しいと感じ、魅力を見出すポイントはズバリ、下記の通り。

”ドンペリ”の”美味しさ”や”魅力”とは!?ポイント!
  • ドンペリの変化
  • ドンペリの香り
  • ”跡”を残す

上記3つについては、他のシャンパンと比較しても、圧倒的な個性と違いを感じることが出来ます。つまり、この3つのポイントから、ドンペリの”美味しさ”や”魅力”を感じられるということ。

ロゼシャンパン

まず、”ドンペリの変化”というのは、ドンペリは抜栓して時間をかけて飲むことで、温度も上昇しどんどんと変化していきます。それは、味わいもそうですが、次の”ドンペリの香り”にも言えること。時間をかけて飲んでいる内に、「あ、変わった!」そんな風に楽しむことが出来ます。そして、”ドンペリ”の変化に伴って、飲み手の感情も変化します。この”ドンペリの変化”は、他のシャンパンと比較しても変化が明白で本当に凄い!

抜栓した直後は、香りも控えめで厳かで人を寄せ付けない、緊張感漂う感覚がありますが、途中から一気に門が開いて味わいや香りも開くという印象。まるで、別世界。でもね、それも長くは続きません。最後には、しっかりと門が閉じる。「一体、何だったんだ!?」と一瞬分からなくなる曖昧さを残して終わります。これも、”ドンペリ”の魅力。

つまり、ドンペリは、様々な感情を飲み手の中に残すということ。これが、3つ目の”跡”を残すということに該当します。この記憶(跡)はずっと残って、不思議と消えません。何年経っても残る。こんな風に、”跡”を残してくれるシャンパンは、滅多にありません。

これらの魅力や美味しさは、ワイン通やワインプロでなく、一般消費者としてでも感じられること。ただ、この魅力を感じるには、次に説明する”飲み方”が重要になってきます。

ドンペリ、”美味しさ”や”魅力”を感じるための、オススメの飲み方!

1.冷蔵庫やセラーから出して、抜栓。すぐに飲まない!

開栓したドンペリ

初めての”ドンペリ”、飲む前の注意書き3つ!”にも記載していますが、ドンペリの抜栓直後は、ドンペリにとって寝起きの状態。なので、抜栓直後は、すぐグラスに注ぐのではなく、最低でも10分程度はそのままにしておきましょう。

ドンペリの白(スタンダード)でさえ、8年間の熟成という、長期間の眠りについていたものを抜栓という形で突如起こすため、抜栓直後はまず落ち着かせて、ドンペリをしっかり起こしてあげましょう。

この際、高温の季節や部屋の温度が高い場合はすぐに温度が上昇してしまう可能性があるため、下記のようなワインクーラーか、ボールに氷水を入れて、適宜冷やしましょう。自宅に1つワインクーラーがあると重宝するので、この際に揃えてみては!?

>>”ワインクーラー”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

なお、冷蔵庫で保管していた場合は(3~4時間以上の保管が目安)、上記の通りで良いのですが、セラーで保管していた場合はセラーでの保管温度は高めのため、飲む前にワインクーラーなどで(状況によって異なりますが20分~30分程度が目安)冷やす必要があるので注意しましょう。

スポンサーリンク

2.1杯目、低温のドンペリを飲んでみる。

泡

まず、低温の”ドンペリ”を飲んでみましょう!ドンペリを含むシャンパンの飲み頃温度は、6℃~12℃と言われていて幅広く、シャンパンによってはもっと低温をオススメするものもあります。

ドンペリを冷蔵庫保管(3~4時間以上の保管が目安)していた場合、冷蔵庫から出した直後は大体6℃~8℃程度なはず。抜栓して、10分程度落ち着かせるために少々置いたとしても、状況にもよりますが10℃未満。その状態の”ドンペリ”をまず1口飲んでみましょう!この1口目がベースとなり、”ドンペリ”の変化を感じ取ることができます。

その後は、時間をかけてゆっくり1杯目を楽しみます。時間と共に徐々に温度が上がり、冷蔵庫から出してそのまま20分程度経過すると、10℃以上に温度が上昇していきます。→ご家庭や時期、状況によって、差は出てきます。

”ドンペリ”のボトルは、ドンペリを置く環境に応じて、ワインクーラーにつけておくでも、テーブルに置いておいてもOK。ドンペリは温度上昇するにつれて、味わいや香りが変化するのですが、ぬるすぎると美味しくないので、ぬるすぎるようなら冷やしましょう!

スポンサーリンク

3.2杯目、温度が上がったドンペリで、変化と香りを楽しむ。

ドンペリ

ゆっくり1杯目を飲んで、2杯目になると、そろそろドンペリもしっかり起きて、本領発揮できる頃。抜栓直後で冷えた状態(10℃弱まで)だと、香りも広がらず、厳かで堅い印象なはず。

その”ドンペリ”、時間が経ち、温度が上がってくると、香りが一気に開きます。この香りが感じられるのが、私自身の経験上12℃~15℃程度。香りは、ヴィンテージ(年号)によって異なりますが、お花は柑橘系のフルーツや、焼いたような香ばしさなど、とにかく感動します。そして、香りと共に、味わいにもまろやかさや、コクが感じられるようになり、味わいの変化も感じられます。

もし、香りも味わいにも変化がないと感じる場合は、飲むのが早かったり、温度が低すぎる可能性があるので、もう少し時間をかけましょう。経験上、抜栓してから1時間程度経った頃にようやく変化を感じることがあります。

スポンサーリンク

4.3杯目~、途中保存し、次の日に飲んでみる。

ストッパーが付いたドンペリ

これは、2人でドンペリのフルボトル1本を飲んでいることを考えての提案ですが、3杯目あたりから、”途中保存”して、次の日に楽しむのがオススメ!2人でドンペリ1本を空けようとすると1人3杯半程度。その最後の約1杯を次の日に残しておくということです。

実は、次の日のドンペリ、「前の日より美味しい!」と感じた経験が何度もあります。特に、ドンペリロゼは顕著にそう感じましたね。長期熟成の間、眠っていたドンペリがようやく覚醒したという感覚でしょうか。なので、次の日のドンぺリ、余裕があれば、是非お試しを!

ドンペリとストッパー

ただ、”ドンペリ”は発泡性ワインのため、途中保存するには、上記のような専用の”ストッパー(シャンパンストッパー)”が必要になります。その”ストッパー”がない場合は、ガスが抜けてしまうため、途中保存はせずに飲んでしまいましょう!なお、ストッパーについては、下記に詳しくまとめているので参考にしてみてください。

以上が、『ドンペリの”美味しさ”や”魅力”を感じるための、オススメの飲み方』でした。大事なことは、じっくり時間をかけて飲むこと。時間をかけることで、ドンペリの美味しさや魅力を感じやすくなります。

万が一、”美味しくない”と感じてしまったとしても、何ヵ月、数年たって、「ドンペリ、もう一回飲んでみようかな!?」そうふと思うことがあります。そんな、思いが湧いてきたら、実はドンペリの魅力に気づいているということ。それはドンペリが、”美味しさ”とは別の思いもよらぬ形でしっかり”跡”を残した証拠なのです。

”ドンペリ”は決して安くない。せっかくの”ドンペリ”、飲み方に注意して、楽しみましょう!

 

スポンサーリンク
Recommend Posts