ドンペリ3本
"ドンペリ"で知られる、"ドンペリニョン"は知名度が高く、高級シャンパン、特別なシャンパンのイメージが日本中で共有されています。

でも、”ドンペリ”という名前は知っていても、”ドンペリ”がどんなものなのか、知らない方も多いのではないでしょうか。ということで、そんな”ドンペリ”の正体について、下記3つの特徴から探っていきましょう。

 

スポンサーリンク

1.ドンペリは、スパークリングワインの1種で、”シャンパン”!

ドンペリ
”ドンペリ”こと、”ドンペリニヨン”は、ワインの中のスパークリングワイン(発泡性ワイン)の1種で、”シャンパン”と呼ばれるアルコール飲料。

シャンパンとは、フランスのシャンパーニュ地方で生産される発泡性ワインのこと。”シャンパン”を名乗るには、フランスのワイン法で決められている条件をクリアする必要があり、条件に該当しない場合は”シャンパン”と名乗ることが出来ません。

ただ、日本においては、発泡性ワイン全般を”シャンパン”と呼ぶ方もいれば、シャンパン以外の発泡性ワインを”スパークリングワイン”、シャンパンは”シャンパン”と区別して呼ぶ方もいます。ややこしさがありますね!

”ドンペリ”は、どんなシャンパン!?

ドンペリ

”ドンペリ”こと”ドンペリニヨン”はどんなシャンパンかというと下記の通り。

  • グレード(ランク):ヴィンテージシャンパン、プレスティ―ジュシャンパン
  • 甘辛度:辛口
  • アルコール度数:12.5%
  • 生産者:モエ・エ・シャンドン(所在地:エペルネ)
  • 生産者タイプ:NM(ネゴシアン・マニピュラン)

”ドンペリ”と呼ばれるシャンパンには種類がありますが、上記の点においてはどのドンペリニヨンにも共通しています。

スポンサーリンク

”ドンペリ”の種類は!?

ドンペリの種類は、スタンダードである”ヴィンテージ”、”ロゼ”、”P2”、”P3"などが現在の定番としてあり、その他にも”ドンぺリ黒”、”ドンペリゴールド”といった古酒や、限定品が存在します。”ドンペリの種類と価格”にて詳しく記載しているので、その一部の内容を引用して掲載しておきます。

 

ドンペリニヨン ヴィンテージ(ドンペリ白)


最もスタンダードなドンペリ!

作柄の良いブドウのみを使用して造られたドンペリ!熟成期間は8年程度。

【価格】1万5千円程度~*価格は変動します。

ドンペリニヨン ロゼ ヴィンテージ(ピンドン)

鮮やかな、ピンク色のドンペリ!

”ピンドン”と呼ばれるのがこの、”ドンぺリニヨン ロゼ ヴィンテージ”。ドンペリ白と異なるのは、ロゼにするべく製造工程に色付けをする手間がかかっていることと、熟成期間。ドンペリロゼの方が、ドンペリ白よりも熟成期間が長く、10年以上の熟成を経て出荷されます。

【価格】2万8千円程度~*価格は変動します。

ドンペリニヨン P2


第二の熟成のピークを迎えた、進化したドンペリ!

ドンペリは3つの時代を経ると言われており、第一の時代を表現するのが、最もスタンダードなドンペリヴィンテージ。その後、さらなる熟成を経て、「2度目のプレニテュード(熟成)」と呼ばれる、第二段階の熟成のピークを迎えたドンペリのみが、"ドンペリ P2"としてリリースされる。熟成期間は16年程度。

>>3つの時代を通るシャンパン、ドンペリ!ドンペリが迎える3つの時代とは!?

【価格】4万円程度~*価格は変動します。

ドンぺリニヨン エノテーク(ドンペリ黒)

「エノテーク」というセラーに貯蔵された、希少性の高いドンペリ!

このエノテークは、通常のドンペリよりも更なる熟成期間(16年程度)をかけて発売された、ドンペリ。現在は、”エノテーク”としてリリースされるドンペリはなく(後継品が”P2”とされています)、以前リリースされたものが販売されているため、とても高価。

「エノテーク」とは、古いヴィンテージが置かれているセラーのこと。その「エノテーク」というセラーに貯蔵された中の一握りのみが「ドンペリニョン エノテーク」として発売されます。

【価格】5万円程度~*価格は変動します。

ドンペリニヨン レゼルヴ・ドゥ・ラ・ベイ(ドンペリゴールド)


約20年間熟成させた、希少なドンペリ!

十分に評価の高いヴィンテージのドンペリを約20年間熟成させた、希少なものが、 "ドン ペリニヨン レゼルブ ドゥ ラ ベイ"。シャンパン発祥となった、オーヴィレール修道院にちなんで、”ドゥ ラ ベイ(修道院)"という名が付けられています。現在、この種類のドンペリはリリースされていないため、以前リリースされたものが販売されています。

また、ラベルがゴールドであることから、ドンペリゴールドとも呼ばれています。

【価格】8万円後半~*価格は変動します。

ドンペリニヨン P3


約25年以上熟成させた、希少なドンペリ!

十分に評価の高いヴィンテージのドンペリを約25年以上熟成させた、希少なドンペリが、"ドンペリニヨン P3"。

ドンペリは3つの時代を通ると言われていて、その最後の「3度目のプレニテュード(熟成)」のピークを迎えたドンペリのみがリリースされるため、大変希少なドンペリ。お値段は・・、かなり高価です!

>>3つの時代を通るシャンパン、ドンペリ!ドンペリが迎える3つの時代とは!?

【価格】30万円以上~*価格は変動します。

ドンペリ ルミナス

暗闇で光る、ドンペリ!

ルミナスシリーズといって、ドンペリのラベルが光る仕様になっているドンペリがあります!

瓶底にスイッチがあって、それをオンにすることでラベルが光るという仕組み!光る時間は2~3時間程度!

>>”ドンペリ ルミナス”体験レポ!光る仕組みとは!?

【価格】2万円程度~*価格は変動します。

”ドンペリ”の相場は!?いくらで買えるの!?

ドンペリの正規箱

ドンペリの中で最もスタンダードとなるシャンパンは、”ドンペリ ヴィンテージ”となるため、”ドンペリ ヴィンテージ”の価格が相場の始まりとなります。そう考えると、

”ドンペリ”の相場は、1万6千円程度~。

”ドンペリの種類と価格”に詳しく記載していますが、ドンペリは種類によって価格差が大きく、1万円台で購入できるドンペリニヨンもあれば、○十万というドンペリも存在します。

>>”ドンペリ”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

スポンサーリンク

2.ドンペリとは、大手生産者(モエ・エ・シャンドン社)が造る、”高級シャンパン”!

ドンペリは、高級シャンパンブランド名!

ドンペリルミナス
”ドンペリ”は、シャンパンの大手トップメーカー(トップ生産者)である、”モエ・エ・シャンドン社”が生産・展開する高級シャンパンのブランド!

ドンペリの生産者である、モエ・エ・シャンドン社は、創業1743年の老舗シャンパンメーカーで、シャンパンの生産量、出荷量、ストックは最大規模。生産するシャンパンは世界150ヶ国に輸出され、モエ・エ・シャンドン社のシャンパンは、世界で最も飲まれているシャンパンと言われています。

ちなみに、モエ・エ・シャンドン社は、高級シャンパンブランドである”ドンペリ”の他に、下記のような”モエ・エ・シャンドン”というシャンパンブランドも展開。大手スーパーでも目にすることが出来るシャンパンなので、この”MOET”という文字に見覚えもある方も多いはず。

>>”モエ・エ・シャンドン”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

簡単に言ってしまえば、”ドンペリ”は高級派、”モエ・エ・シャンドン”は大衆派というイメージ。両者とも生産者は同じですが、各ブランドによって醸造責任者が異なります。

スポンサーリンク

”ドンペリ”の醸造責任者は、ヴァンサン・シャプロン氏

ドンペリの箱

醸造責任者とは、シャンパン造りにおいてもっとも重要な決断を下す役割を果たす人物。ドンぺリニヨンで言えば、ドンペリを出すかどうかを決断し、味(ブレンド)の調整を行う役割を担っているのが、この醸造責任者。

現在、ドンペリブランドの醸造責任者は、ヴァンサン・シャプロン氏。2018年まで28年間ドンペリの醸造責任者を務めていたリシャール・ジェフロワ氏が引退し、2019年からドンペリニョンの醸造責任者に就任。過去のドンペリブランドの伝統を引き継ぎながらも、新たなドンペリの時代が期待されています。

ドンペリブランドは、シャンパンの父への敬意!

ドンペリミュズレ

そもそも”ドンペリ”は、シャンパンの父と言われる、”ドンピエール・ペリニヨン”への敬意を表現しているブランド。

この人物について詳しくは、”ドンペリの歴史”で伝えていますが、そんな”シャンパの父”への敬意を表現し続けることで、その名に恥じないような品質を維持し、終わりなき努力を重ねながらトップを走り続けているのが、この”ドンペリ”です。

>>”ドンペリ”のマニフェスト

スポンサーリンク

3.ドンペリは、ヴィンテージシャンパンであり、プレスティージュシャンパン!

ドンペリは、シャンパンの種類とランクで言えば、”ヴィンテージシャンパン”であり、”プレスティージュシャンパン”に該当します。

ドンペリが、ヴィンテージシャンパン!?


”ヴィンテージシャンパン”とは、単一年のブドウを使って造られるシャンパンのこと。例えば、ドンペリのラベルに”2009”とあれば、それは”2009”年に収穫されたブドウのみを使って造られている”ヴィンテージシャンパン”であることを意味します。

一般的(スタンダード)なシャンパンの場合は、品質を安定させるために、様々な収穫年のブドウで造られたワインをブレンドします。シャンパンの生産地であるフランスのシャンパーニュ地方は、フランスの北東に位置し、平均気温が低いため、決してブドウ栽培に向いていると言えません。そんな土地で、シャンパンの品質を安定させるためには、ブレンドがとても重要になります。

一方で、”ヴィンテージシャンパン”の場合は、単一年に収穫されたブドウのみに限って使われるため、その年のブドウの個性が出ます。製造面においては、他収穫年のものとブレンドが出来ないため、手間や労力がかかり、ブドウの出来具合によっては製造できない可能性もあります。

また、一般的なヴィンテージシャンパンの熟成期間は、3年~5年程度とされていますが、ドンペリの場合は約8年の熟成を経ます。

スポンサーリンク

ドンペリが、プレスティージュシャンパンとは!?

ドンペリ

”プレスティージュシャンパン”とは、そのブランドから出る最高級品ということ。

ドンペリは、生産者であるモエ・エ・シャンドン社が出す、最高級シャンパンに該当するため、”プレスティージュシャンパン”になります。

”プレスティージュシャンパン”の一般的な熟成期間は5年~7年程度と言われていますが、実際にはもっと長期間の熟成期間を経るものが多々あります。また、プレスティージュシャンパンのほとんどが”ヴィンテージシャンパン”に該当します。

以上が、『簡単3つの特徴から知る、ドンペリ!ドンペリとは!?』でした。

>>”ドンペリ”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

もっと実際のドンペリについて知りたいという方は、下記の実体験に基づいた”ドンペリ”の記事をどうぞ。

スポンサーリンク
Recommend Posts