ドンペリの箱

”ドンペリ”は飲んだことがないけれど、”ドンペリ”こと”ドンペリニヨン”を人に贈りたい、そう思う方もたくさんいらっしゃると思います!→私もその一人でした!

ただ、自分が知らないモノを贈るのって、かなり不安!

ネットショップを利用した場合は、実物を見ることもないので、余計に不安が強くなります。そんな不安を少しでも軽減するべく、今回は、”ドンペリ”の”正規箱”の正体に迫りたいと思います♡

現在、3種類の”ドンペリニヨン”の正規箱が手元にあるので、それらの画像と共に説明していきます!→”ドンペリ”のブランド側で、デザイン等の変更があれば、箱の仕様も変わる可能性があります。

”ドンペリ”こと”ドンペリニヨン”の正規箱の正体!箱の中や、入っているものとは!?

はてな

”ドンペリ”の正規箱の『外観』!

ドンペリのボックス

スポンサーリンク

正規箱の”正面”

ドンペリの正規箱

画像:(左)”ドンぺリ レガシー”、(中央)”ドンペリ ロゼ”、(右)”ドンペリ白”

箱の正面は上記画像の通り、どれも似ていますね!”ドンペリニヨン”のロゴ、と”ヴィンテージ(収穫年)”、”ラベルデザイン”などが入っています。ただ、一番左の”ドンペリ レガシー”については、”ドンペリ”ブランドの最高醸造責任者の引退・交代を記念した限定品のため、旧新の最高醸造責任者のサインが入れられています!

正規箱の”側面”

ドンペリの箱

画像:(左)”ドンぺリ レガシー”、(中央)”ドンペリ ロゼ”、(右)”ドンペリ白”

上記が箱の側面!ドンペリのロゴマークが入っていますが、一番左の限定品の”ドンペリ”だけ、最高醸造責任者のサマリーのようなものが入っています!

後は、上部裏側に若干ですが紐が出ているのが分かりますか!?これ、3つの箱全てにあるのですが、”ドンペリ”の箱ってすごく重厚で開きづらいので、上下に紐がついていて、引っ張ることで取りやすくなるように出来ています。

スポンサーリンク

正規箱の”裏側”

ドンペリの箱

画像:(左)”ドンぺリ レガシー”、(中央)”ドンペリ ロゼ”、(右)”ドンペリ白”

上記が箱の裏側!先ほどもお伝えしましたが、紐が箱の上と下から出ていて、この両者の紐を上下に引っ張ることで箱が開けやすくなります!

あとは、左の”ドンペリ レガシー”は”正規品”で、真ん中の”ドンペリ ロゼ”と右の”ドンペリ白”は、”並行輸入品”なので、裏に貼ってあるシール(輸入者の表記などの記載があるもの)が異なります!

スポンサーリンク

箱の中はどうなってるの!?入っているものは!?

ドンペリ箱の中

まず箱を開けると、上記の通り!冊子が入っています!何の冊子かというと、冊子を開くと下記の通り!記載事項はぼかしを入れていますが、色々な言語でそのヴィンテージ(収穫年)の特徴の解説が記載されています!

ドンペリの冊子

上記の冊子を取ると、下記の通り、”ドンペリ”のラベルデザインをモチーフにしたカバー紙がお目見え!シャンパンは紫外線に弱いので、光を遮断する目的もあるのかなと感じます。ちなみに、左の”ドンペリ レガシー”だけ、限定品なので若干デザインが異なります。

ドンペリの箱の中

このカバーを上に上げると、下記のように箱の中が見えるようになっています。

ドンペリ箱の中

もう少し近づいて箱の中を見てみると、下記のように上下に突起物があるのが分かります!

ドンペリの箱の中

この突起部分にドンペリの瓶を差し込めるようになっていて、ボトルをしっかり固定できるようになっています!イメージとしては、箱の中で”ドンペリニヨン”のボトルが浮いているような感じ!振動や衝撃から避けることが出来るということ。さすが、よく考えられています。

 

以上が、『”ドンペリ”こと”ドンペリニヨン”の”正規箱”の正体に迫る!箱の中はどうなってるの!?入っているものは!?』でした!

>>”ドンペリ”こと”ドンペリニヨン”、『箱付き』と『箱なし』どう違うの!?『箱付き』、『箱なし』どっちが良い!?

スポンサーリンク
Recommend Posts