ドンペリロゼ

『ドンペリ』は、日本中で知れ渡っている単語であり、その『ドンペリ』が高級シャンパンを指していることも分かっているはず。

ただ先日、その高級シャンパン『ドンペリ』という言葉の意味は何なのか聞かれたので、”『ドンペリ』の意味について”まとめておきたいと思います。

『ドンペリ』の意味は!?由来は!?

ドンペリのミュズレ

『ドンペリ』は、モエ・エ・シャンドン社が生産する高級シャンパンを指していますが、『ドンペリ』は愛称(略称)であり、正式名称は、”Dom Pérignon(ドン  ペリニヨン)。

では、その”Dom Pérignon(ドン  ペリニヨン)”の意味は何なのかというと、意味のある言葉や単語ではなく、とある”人物の名前”の略称ということになります。

『ドンペリ』は、人物名!?

ドンペリ

つまり、『ドンペリ』とは、”Dom Pérignon(ドン  ペリニヨン)”の略称であり、”Dom Pérignon(ドン  ペリニヨン)”は、とある人物名の略称(由来)ということ。日本語にすると、なんだかニュアンスが違う気もしますが、『ペリニヨン氏』という感じ。

その『ドンペリ』に由来する人物は、"Pieere Pérignon(ピエール・ペリニヨン)”。ここで、「あれ?最初の”Dom(ドン)”がない!?」とお気づきの方が居るかもしれませんが、”Dom(ドン)”は、ヴェネディクト派の修道士の敬称なので、名前では省いています。

スポンサーリンク

『ドンペリ』の由来である、”ドン・ピエール・ペリニヨン”って誰!?

はてな

ドンペリの歴史”で詳しくは記載していますが、”ドン・ピエール・ペリニヨン”(1638-1715死去)は、フランスのシャンパーニュ地方にあるオーヴィレール修道院で酒庫係としてワインの醸造をしていた修道士。

色々と説はありますが、彼が存命中、偶然にも発泡性のワインが出来上がったこと、現在のシャンパン製造の特徴でもある”ブレンド”という方法を見つけたこと、コルクの利用を思いついたこと、丈夫なガラス瓶を採用したことなど、現在の”シャンパン”造りに多大な貢献をしたことから、”シャンパンの父”とも呼ばれています。

スポンサーリンク

なぜ、『ドンペリ』というブランド名になったの!?

ドンペリ

そんな、シャンパンの父として崇(あが)められている、”ドン・ピエール・ペリニヨン”が一生を捧げたオーヴィレール修道院とその畑を所有しているのが、高級シャンパン『ドンペリ』の生産者である、モエ・エ・シャンドン社。

モエ・エ・シャンドン社は、”ドン ペリニヨン”の商標権を獲得。シャンパン造りに大きな貢献を残した”ドン・ピエール・ペリニヨン”という人物への敬意を込めて、モエ・エ・シャンドン社が造る最高級ランクのシャンパンのブランド名として”ドン ペリニヨン”を採用し、現在も高級シャンパン”ドンペリ”は、”ドン・ピエール・ペリニヨン”へのオマージュ(敬意)を表現するシャンパンとして、造られています。

ちなみに、”モエ・エ・シャンドン社”には、この『ドンペリ』の由来になった、人物”Pieere Pérignon(ピエール・ペリニヨン)”の銅像があるようで、度々写真を目にします。気になる方は、ウェブ上で検索してみてくださいね。

これらが、高級シャンパン『ドンペリ』という、名前の意味、そして由来でした。

オススメ記事

スポンサーリンク
Recommend Posts