シャンパン”ドンペリニヨン”の由来となっているのは、”ピエール・ぺリニヨン(ドン ペリニヨン)”というオーヴィレール修道院の修道士。そんな”ピエール・ぺリニヨン(ドン ペリニヨン)”は、「シャンパンの父」とも呼ばれています。そこで、浮かぶ疑問は下記の通り。

なぜ、「シャンパンの父」と呼ばれるの!?

簡単にまとめれば、現在のシャンパン造りにおいて欠かせない基礎を築いた人物だから

ということで、今回は、”ピエール・ペリニヨン(ドン ペリニヨン)"が、成し遂げたと言われることを集めて一覧にしてみました!

ただ、この「シャンパンの父」という表現については、”ドンペリニヨン”というシャンパンブランドを展開する上での宣伝や広告の一貫としてだったとも言われています。また、彼が成し遂げたされることの一部は、確たる証拠がないものも存在します。

今回はそんな要素も含めて、整理してみました!

スポンサーリンク

”ピエール・ペリニヨン(ドン ペリニヨン)"が、シャンパンの歴史上で成し遂げたとされること一覧!証拠が残っているものは!?

ドンペリ

分かりやすく、下記のようにまとめてみました!

そして整理してみた結果、”彼が成し遂げたと証拠や記録が残っているもので十分『シャンパンの父』に値する”、個人的にはそう感じました。”ピエール・ペリニヨン(ドン ペリニヨン)"の存在なしでは、広告・宣伝も含めて、現状には辿りつかなかったのではと感じます!

”ピエール・ぺリニヨン(ドン ペリニヨン)”が成し遂げたと言われていること一覧!

本とメガネ

実は彼が成し遂げたとされていることは、様々な媒体によって異なるので、様々な媒体からまとめて一覧にすると下記の通り!

スポンサーリンク
”シャンパン”において、”ピエール・ペリニヨン”が成し遂げたとされること一覧!
  • 発泡するワインを発明した!
  • ガス圧に耐えられるよう、耐圧性の高いガラス瓶を発明・導入!
  • コルク栓を発明・導入!
  • 黒ブドウで白ワインを初めて造った!
  • シャンパン生産用の圧搾機を発明!
  • 地下ワイン蔵(カーヴ)を初めて建設!
  • ワインをアッサンブラージュ(ブレンド)する方法を発案した!

上記を”ピエール・ぺリニヨン(ドン ペリニヨン)”が成し遂げたことだとすれば、「発泡するワインを発明した!」という時点で十分と感じますが・・、残念ながら真実ではないことも含まれています。

特に、前述の「発泡するワインを発明した」ということに関しては、実際にはイギリスの科学者が、”ピエール・ぺリニヨン(ドン ペリニヨン)”よりも前にシャンパーニュ地方のワインが発泡することを見つけたという記録が残っているということで、事実と異なります。

「じゃぁ、実際に彼が成し遂げたことは何なのか!?」、記録が残っているとされているものを次にピックアップしてみました!

スポンサーリンク

証拠や記録が残っているものはどれ!?

ぶどう畑

上記の”ピエール・ペリニヨンが成し遂げたとされる一覧”の中で、下記のことについては、”ピエール・ぺリニヨン(ドン ペリニヨン)”の後継者とされる”フレール・ピエール”の記録に残されているそうです。

  • ガス圧に耐えられるよう、耐圧性の高いガラス瓶を導入(発明ではない)
  • コルク栓を導入(発明ではない)
  • 黒ブドウで白ワインを初めて造った!
  • シャンパン生産用の圧搾機を発明!
  • ワインをアッサンブラージュ(ブレンド)する方法を発案した!

特に注目されているのは、”アッサンブラージュ(ブレンド)”と、黒ブドウから白ワインを造ったこと(圧搾機の発明含む)。

”アッサンブラージュ(ブレンド)”に関して言えば、フランスの北東に位置することから安定したブドウ栽培が難しい環境のシャンパーニュ地方にとって、短所を長所として伸ばしここまで発展させることが出来た方法。これなしには、現在のシャンパンは語れないはず!

スポンサーリンク

また、黒ブドウから白ワインを造ったことに関していえば、もともとブドウの果皮に色素が含まれているので、黒ブドウの果実は破砕して果皮と一緒になって果汁を取り出す方法だと赤色が自然とついてしまうんですよね。なので、黒ブドウ=赤ワインというある意味縛りやルールのようなものがあったけれど、そんな概念を転換したのが”ピエール・ぺリニヨン(ドン ペリニヨン)”。黒ブドウから透明な果汁を絞る”コカール・プレス”を発案したわけです!

他は、コルクや耐圧性のある丈夫な瓶の存在に気づき、導入したということになります。

以上が、『”ピエール・ペリニヨン(ドン ペリニヨン)"はなぜ「シャンパンの父」と呼ばれるのか!?”ピエール・ペリニヨン”がシャンパンの歴史上で成し遂げたこと一覧!』でした。

こう整理すると、個人的には「シャンパンの父」と呼ばれるのは納得・理解出来てしまいます! 「シャンパンの父」というのが正しいのか正しくないのかはさておき、”シャンパン”の歴史において、偉大な貢献者であることは間違いない、そう感じます!

スポンサーリンク
Recommend Posts