シャンパングラスに温度計

シャンパンは全般的に、”保存・保管の適温”と”飲んで楽しむための適温”が違うのはご存知でしょうか!?

大体の目安として、”保存・保管の適温”は12℃程度、”飲んで楽しむための適温”は8℃程度と言われています。

ただ、”飲んで楽しむための適温”、いわゆる”飲みごろ温度”は、各シャンパンによって差が出るのと、飲む人の好みによって違いが出てきます。例えば、とあるシャンパンは生産者側が低めの3℃を適温として指定していたり、人によってはキンキンに冷えたシャンパンを好む方がいて、そういう方は8℃よりも低い温度を”飲み頃温度”としていたりします。

では、”ドンペリ”こと”ドンペリニヨン”の”保存・保管の適温”と”飲んで楽しむための適温”はどうでしょうか!?

”ドンペリ”の場合は、”保存・保管の適温”と”飲みごろ温度”が一緒!?

ドンペリの保存・保管の適温は!?

はてな

ドンペリことドンぺリニヨンの保存・保管の適温は、12℃程度!これは、どのワインでも同じと言われているので、とても分かりやすい!

ただ、この適温の幅は媒体によって若干の差があります。10℃~13℃と記載しているところもあれば、12℃~15℃と記載しているところもありますが、大体12℃程度と思っておけば無難。

でも、この12℃を一定に保つのは、”ワインセラー”がないと難しい!長期保管をする場合は、この適温を出来るだけ一定に保った方が良いけれど、短期間の保管であれば低温になってしまう冷蔵庫でも問題なしです!

>>ドンペリの自宅保存・保管方法!

スポンサーリンク

ドンペリの”飲んで楽しむための適温”、”飲みごろ温度”は!?

ドンペリルミナス

この”飲みごろ温度”は、先ほどもお伝えした通り、各シャンパンによって差が出るのと、飲む人の好みによって違いが出てくるので、明確に「この温度!」というのが難しいところ。

生産者側で温度を指定してくれれば分かりやすいけれど、そうじゃない場合は、一般的な適温と言われる8℃程度で楽しむか、好みによって楽しむことになります。

好みで違うというのはどういうことかというと、シャンパンの場合、温度によって味わいに変化が出てきます。というより、温度によって飲み手の捉え方が変わってきます。詳しくは、下記オーナーブログでまとめているので興味のある方はどうぞ!

>>シャンパン、温度によって味が変わる!?低めの温度と高めの温度で何が違うの!?

そして私の場合、”ドンペリ”は、10℃~12℃程度が飲みごろ温度としています!

なぜなら、その温度で”ドンペリ”の凄さに感動したからなんですよね!「やっぱり高級シャンパンなんだなぁ」と感じられたのがその温度でした。プロのような専門用語の表現は出てこないけれど、10℃以上になると熟成感だったりふくよかさや豊かさ、甘さ、極め付けは香りが一気に広がります。だから、適温と言われれば10℃~12℃程度!

でも、”ドンペリ”飲み方のオススメは、8℃程度の低温度からゆっくり飲んで自然に温度変化を楽しむこと!冷蔵庫からテーブルに出しておけば、時間と共に自然に低温から徐々に温度が上がっていくので、変化するドンペリを感じることが出来ます。この方が、より感動が増すので、オススメです!

スポンサーリンク

まとめ

本とメガネ

結論から言うと、私の場合は、”ドンペリ”こと”ドンペリニヨン”の保存・保管温度と飲み頃温度が一緒という結果になりました!

ただ、飲み始めから10-12℃というわけではなく、飲み始めは8℃程度の低い温度から楽しみます。ただ、最も”ドンペリ”に対して魅力を感じたのが10-12℃だったので、”飲んで楽しむための適温”がその温度ということです!

以上が、『”ドンペリ”こと”ドンペリニヨン”の”飲みごろ温度”とは!?”保存・保管温度”と違うの!?』でした。

スポンサーリンク
Recommend Posts