開栓したドンペリ

ドンペリはシャンパンを普段飲まない方、ワイン初心者の方でも、一般家庭でも、問題なく開栓することができます。正しい手順かどうかというより、自分なりに開けやすいように開けてOK!

逆にシャンパンやワインの本などに記載されている、プロの方が行う正しい開栓方法だとなかなかその通りにうまく行かないことがあります。

ということで、ここでは、実際に一般家庭で、ドンペリを開栓している手順、方法を1つの例として下記に紹介していきます!

スポンサーリンク

1.キャップシールを剥がす

ドンペリルミナス

ドンペリの場合、ボトル先端部分にコルクを覆う黒い紙のようなものがついています。それが、キャップシール。(上記画像で、水色で”シール”と書かれている黒い部分。)コルクの上にあるキャップシールをまずは手で剥がします!これは簡単に剥がせるので心配いりません!

下記のようにキャップシールを剥がしてくと、針金のような留め具と共にコルクが見えてきます。

ドンペリシールを取った画像

コルクと瓶口に留められている針金が全て見えるようになればOKです!

スポンサーリンク

2.針金を緩める

ミュズレとコルク

1.でキャップシールをはがすと、上記のようにコルクの上に黒くて丸いもの(ミュズレ)が乗っていて、針金で固定されているのが分かります。

その針金の下の部分に、下記の画像の赤丸で囲っているような、”わっか”になっている部分を見つけましょう!

ドンペリの針金

この”わっか”を指で持って、何度かひねると、下記画像のようにしっかり留まっていた針金がゆるくなります。

針金を緩める

緩めることが出来たら、針金部分とミュズレ(コルクの上に乗っている黒くて丸いもの)を上に持ち上げて取りましょう!

王道の開け方からすると、この針金は緩めるだけで取らずに開けるらしいのですが(コルクが圧で突然抜けないよう)、これがなんとも難しい!ということで、この王道の方法はスキップし、取り外してしまいます!すると、下記のようにコルクのみになります。

ドンペリのコルク

ちなみにこの時点で、ガス圧が強く、コルク飛んでしまうケースがあるということを聞きますが、我が家では今のところ一度もないです!ただ、心配であれば、少し押さえておくと無難です。

スポンサーリンク

3.コルクを抜く

ふきんをかける

これで最後、コルクを抜きます!

万が一途中でポンッと抜けてしまってコルクが飛ぶなんてことは嫌なので、上記のように布巾をかけて抜きます。ちなみに、コルクを手で押さえながら抜くので、飛ぶことはないはずですが、心配な方は布巾などを使いましょう!

まず、コルクの上にふきんをかけてボトルを斜めにします。ボトルの底の一部はテーブルにつけたまま!(力が入るので、瓶底を回すことでテーブルに傷がつかないよう、テーブルの上に布巾や敷物があった方が良いです!)

ふきんをかける

上記画像は、撮影のために直立気味ですが、もっとボトルを斜めにした方が開けやすいです!私の場合は利き手とは反対の手(右手が利き手なら、左手)でふきんの上からコルクを押さえ、利き手でボトルネック(ボトルの上部、首のように細長い部分)を持ちます。(上記の画像の場合、利き手は左です。)

そして、利き手でボトルネックをまわしてコルクを緩ませていきます。コルクを回すというよりは、ボトルを回すことでコルクを少しずつゆるめていく感じ

ここが、王道のやり方と異なるところ!

スポンサーリンク

王道だと、ボトルネックは持たずに瓶底を持って回すようになっていますが、なかなか安定せずうまく出来ない!逆に、瓶底はテーブルに一部つけたまま斜めにして、ボトルネックを掴んで回した方が簡単に開けることが出来ます!

すると、ボトルを回すにつれて、瓶内からの圧力で、コルクが上に押し出されるような感覚になります。そこで圧力にまかせてコルクを押さえる手を緩めるとポンッと大きい音と共に一気に開いてしまって、びっくりするので、コルクは押さえたままにしましょう!

開栓したドンペリ

理想はシュッと静かに開けること。なので、ゆっくりコルクを押さえながら少しずつボトルを回して開けます。コルクが瓶内の圧力で押し上げられてきますが、一気に手を緩めるのでなく、あくまでコルクを押さえながら少しずつ瓶を回して、少しずつコルクを押さる手も緩めていくという感覚で!

そうすると、素人でもシュッと静かに開けることが出来るようになります!最初はうまく行かなくても、何度もやっている内に必ず出来るようになるので、ご安心を!

以上が、”ドンペリの開け方!”でした。

ドンペリに限らず、全てのスパークリングワインに通用する開け方なので、少しでも参考になれば嬉しいです。

Nextドンペリの飲み方

スポンサーリンク
Recommend Posts