ドンペリロゼ

今回のギフト購入レポートは、ついに、「ピンドン」と呼ばれる、『ドンペリ ロゼ』が登場!

ドンペリを直送で贈る際、どんな風に贈られてくるのか、不安だし気になりますよね。そんな不安を解消すべく、ドンペリロゼをギフト対応で購入し、どんな風に届くか、箱の中はどうなっているのか、画像付きでまとめておこうと思います。

ピンドンこと、ドンペリ ロゼの箱付、ギフト購入レポート!

今回も利用したショップは、”酒類の総合専門店 フェリシティーさん。ラッピングの種類も豊富、価格もリーズナブル、サイトも見やすく、問い合わせへの対応も丁寧とあって、個人的にリピートしています。

まずは、到着から。今回は3本同時購入したため、下記の通り大き目の箱で到着しました。テープの貼り方など細かいところを含めて梱包はとても丁寧なので、個人的に安心感があります。

梱包箱

箱を空けると、下記の通り。とてもキレイに梱包されています。シャンパンやスパークリングワインが動かないように部屋が仕切られて、緩衝材が置かれたり、巻かれていたりします。ちなみに、ドンペリロゼは画像左。

箱の中

ドンペリロゼを出してみると、下記の通り、ラッピングされた上に緩衝材が巻かれています。これだとラッピングが汚れず安心。

ドンペリロゼ

緩衝材を取ると、下記の通り。ラッピングの状態が分かります。今回は、箱付のドンペリロゼを購入したので、包装紙&ギフトシール(税込50円)のラッピングをお願いしました。包装紙の色も選べるのですが、今回は、ロゼなので華やかな赤(ワイン色)を選択しました。ラッピングもとっても丁寧で、上品に見えます。

ドンペリロゼ

ラッピングを取ると、いよいよピンドンの箱が登場。やはり、ドンペリの正規箱、重厚感があります。

ピンドン

せっかくなので、下記の通り箱の側面もお店しましょう。結構厚みがあって大きい箱ですよ。

ドンペリロゼ

今度は、下記の通り箱の後ろを見てみましょう。箱の後ろを見ると、紐が上下についているのが分かります。この紐を引っ張ると、簡単に箱を開けることが出来ます。この紐がないと、しっかりはまっているので、スムーズに開けられません。

ドンペリロゼ

そして、蓋を取ると、下記の通り、ドンペリロゼのが登場!!と思いきやまだまだ出てきません。w 開けると、「ドンペリ ロゼ 2005」の説明書が出てきます。(→蓋の方に入っている場合もあるので、説明書が見当たらない場合は、蓋の裏をチェック。)

ドンペリロゼ

説明書を取ると今度は、下記の通りドンペリを覆う紙が登場。まだ、ピンドンに出会えません。

ドンペリロゼ

上記のドンペリロゴのような真っ黒な盾の部分を上に広げて開けると、ようやくドンペリ ロゼのお目見え。

ドンペリロゼ

上記の箱、箱の中の上下に突起物があって、ドンペリをはめ込めるような作りになっているので、ボトルがしっかり固定されて動かないようになっています。さすが高級シャンパンですね。

そして箱から出すと、下記の通り、ドンペリ ロゼ(ピンドン)の登場です。

ドンペリロゼ

以上が、『ドンペリ ロゼ(ピンドン)箱付のギフト購入レポート!』でした。

箱付のドンペリは、開けるところからわくわくするんですよね。箱を開けても、いくつかの手数(てかず)を経ないとドンペリロゼに出会えないというのも期待感を増幅させてくれます。

箱付きのドンペリロゼは、より正式感やクラシック感が出るので、目上の方へのギフトやここぞという特別なお祝いの贈り物には、箱付がオススメです。

”ドンペリ ロゼ”を見てみる

スポンサーリンク
Recommend Posts