ドンペリ3本

「ドンペリ」に限らず、買い物全てにおいて、「安いに越したことはない」そう思うのは当然のこと。ドンペリの場合は特にフルボトル1本の価格が高価なため、出来るだけ安いものを探したくなります。

では、どんな時に安く買えるのか、どうすれば安いドンペリに出会えるのか、ドンペリを安く買うコツをまとめておこうと思います。

また、「ドン・キホーテ」でドンペリが安いと聞いて、実際にドンキに行って確認。ドンキのドンペリは本当に安いのか、価格などについてもレポートしていきます。

ドンペリを安く買う4つのコツ!安いドンペリのリスクとは!?

黒板に電球

これまでの経験も踏まえて、ドンペリをより安く買うには下記4つの方法があります。最も安く買えるのは、「」ですが、なかなかそういったタイミングに出会えないのが残念です。

1.年末が安い!

ドンペリを購入してきて思うのは、1年を通して見ると、年末に特売の目玉としてドンペリが出ていることが多く、安く買える傾向にあります。数量限定のことが多いのですが、破格のお値段で売られていることも。

こればかりはお得!その一言に尽きます。

>>ドンペリを見てみる(amazon)(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

2.「並行輸入品」、「アウトレット品」、「箱なし」のドンペリを選ぶ!

ドンペリの箱

同じ種類のドンペリでも、「並行輸入品」、「アウトレット品」、「正規箱なし」のドンペリは安くなる傾向にあります。

「正規箱なし」とは、箱付きで販売されていないということ。「アウトレット品」は、ラベルや瓶に汚れなどがあるもの。「並行輸入品」とは、下記の通り。

 

正規品、並行品とは!?

『正規品』と表記のあるドンペリニヨンは、その表記のとおり、正規のルートで販売しているドンペリのこと。

ドンペリの正規輸入販売元は、MHD(モエ ヘネシー ディアジオ)。よってその販売元を通して輸入されたドンペリが正規品になります。

それに対し、『並行輸入品(並行品)』とは、輸入が正規販売者以外の個人や団体、組織が輸入しているドンペリを意味しています。

 

こういった理由付きのドンペリは、安く購入できますね。各ショップの商品詳細で「アウトレット品」、「並行品、並行輸入品」、「箱なし」などと記載があるので、安いドンペリを探してみましょう。

>>ドンペリを見てみる(amazon)(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

安くて平気!?安いドンペリの注意点!並行輸入品、アウトレット品のリスク!

はてな

並行輸入品やアウトレット品は安い分、正規品のドンペリよりもリスクがあることは理解しておきましょう。

並行輸入品やアウトレット品の場合は、輸送状況や保管環境が不明瞭になりがち。アウトレット品の中には、正規品だけれどラベルだけ汚れてしまったというようなお得品がありますが、それ以外については、正規品よりも劣化や香味の変化などのリスクを抱えていることになります。

経験上、リスクの確率は低い気がしますが(あまり劣化品に出会ったことがない)、こればかりは結果論。届いてみて、抜栓してみないと分かりません。

よって、目上の方へのギフトなど、失敗を限りなく0にしたい贈り物の場合は、「正規品」のドンペリを選んだ方が安心です。

>>正規品のドンペリを見てみる(amazon)(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

3.ネットショップを利用する!

ドンペリ ロゼ

ネットショップを利用する最大の利点は、ドンペリを低価格順に並べられるなど、同じドンペリの価格を比較できること。つまり、最も安いドンペリを選ぶことが出来ます。

一方で、直接足を運ぶ必要のあるワインショップ、デパート、大手スーパーなどの場合は、お店を渡り歩かない限りは他店と価格を比べることは出来ません。

よって、ネットショップを利用した方が、「正規品か並行品」の選択肢も広がり、安いドンペリを探すことが可能になります。

>>ドンペリを見てみる(amazon)(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

でも、ネットショップは送料がかかるでしょ!?

確かにネットショップは一般的に送料がかかります。ただ、ドンペリは1本あたりの値段が高いため送料無料キャンペーンの対象になっていることも多いです。

また、ワインを複数本同時に注文する場合に送料無料になるサービスを展開しているショップも多々あります。

さらに、送料がかかったとしても実店舗で購入するよりも安い可能性大。

それに、重いワインボトルを持ち運ぶ労力を考えると、いくら送料がかかったとしても、トータル的にはお得感があります。

ただ、ネットショップの場合、実物を見ることは出来ないため、実際に実物を見たい方はネットショップの利用はオススメできません。

>>ドンペリを見てみる(amazon)(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

4.不景気の時、円高の時にドンペリを買える!?現在は状況が変化!

ドンペリはフランスからの輸入品なので、経済状況によって価格に変動があり、「不景気な時、円高の時ほどドンペリが安い傾向にあります」と以前までは紹介していたのですが、現在状況か変わってしまいました。

というのもドンペリ、なんでこんなに高くなったの!?ドンペリの価格や値段が上がった理由とは!?という記事にもあるように、需要と供給のバランスが崩れ、需要量が供給量を上回ったことから、有名シャンパンブランドや有名シャンパンの価格がどんどんと上昇しています。

この現象が起きると、需要量が減らないと価格は下がらず、底なしの上昇傾向に・・。

ただ、以前はこの不景気や円高の影響が顕著に出ており、経験上、スタンダードのドンペリ白は現在3万円台~ですが、1万円弱で販売されていたことがあります。

その差は1/3程度、影響はかなり大きかったのです。なので以前は、世界的に経済が悪化し、為替に大きな変動がある時期は、かなりお得にドンペリを購入できました。

>>ドンペリを見てみる(amazon)(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

ドンキのドンペリは安い!?価格はいくら!?

ドン・キホーテ

ドンキホーテさんのドンペリ価格、気になる方も多いと思いますが、ズバリ結論からいうと、ドン・キホーテさんではドンペリが特段安いわけではないです。実際、現時点(2022年11月)においてはネット上の方が安く購入できます。

実際に見に行ってきたので、1つの参考として紹介しておきましょう。なお、ドンペリはここ最近価格の変動が大きいため、下記に紹介する内容と実際の価格が違う可能性は大です。価格は、その都度確認がオススメです。

2022年11月に見に行くと一般的なドンペリ白の価格は、47,190円(税込)でした。どっひゃーという価格。というのも、以前この記事を書いた当初は、下記の通り1万円台だったのです。

ドンキのドンペリ

ドンキのドンペリ

これ、ほんの数年前なんですよね。現在円安が続いているのも多少影響しているかもしれませんが、価格変動の幅が大きいのが分かります。

ドンキ、ドンペリはどこに置いてある!?

こればかりは店舗によって場所は異なりますが、私が行ったドンキでいうと、以前はワインコーナーのガラス扉で施錠されている高級ワインラック(棚)にありました。

でも、2022年11月に見に行った時は高級ワイン専用棚の設置場所が変わっており、ワインコーナーにはなく、別階のサービスカウンター近くに設置されていました。

どちらの時も共通しているのが一般的なワインとは別に置いてあるということ。場所が分からなければ「ドンペリどこにありますか?」と聞いてみましょう!

以上が、『ドンペリを安く買う4つのコツ!安いドンペリの注意点!』でした。

高価なドンペリ、賢くお得な買い物が出来ますように!

オススメ記事

 

Recommend Posts