ドンペリ

ドンペリことドンペリニヨンには、容量の異なるボトルの種類がいくつかあるのをご存知でしょうか!?公式のブランドサイトなどに掲載されていないので、広く周知されているわけではないのですが、実はドンペリには複数のボトルの種類があり、販売されています。

今回は、そんなドンペリのボトルの種類について、まとめておこうと思います。

ドンペリ、ボトルの種類!

ドンペリの箱

一般消費者に向けて販売されているドンペリボトルの種類は現時点で4種類。

フルボトル(Bouteiile/ブテイユ)750ml

ドンペリ

【価格】1万5千円程度~*価格は変動します。

まずは、最も定番で、最も目にするボトルが上記の”フルボトル(Bouteiile/ブテイユ)750ml”。当然ながらドンペリの販売数もこのボトルサイズが最も多く、ドンペリの各種類においてフルボトルが存在します。

>>”ドンペリ フルボトル”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

マグナム(Magnum)1500ml

【価格】5万円程度~*価格は変動します。

このマグナムボトルはドンペリのフルボトル2本分の容量、1500mlのボトルです。ドンペリの種類によって価格は異なるのですが、価格を見てお気づきのように、ドンペリフルボトル2本よりも高価な傾向にあります。

>>”ドンペリ マグナム”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

ジェロボアム(Jeroboam)3000ml

【価格】30万円越え~*価格は変動します。

ジェロボアムは、ドンペリフルボトル4本分の容量3000mlのボトル。あまりの高値に驚いた方もいるはず。ドンペリフルボトル4本よりも遥かに高価ですよね。現在販売されている、ジェロボアムのドンペリは全てヴィンテージ(年号)がかなり前で古酒のため、希少性が高いことも価格に関係しているとは思いますが・・、このジェロボアム以降は気軽に購入出来ないドンペリです。

>>”ドンペリ ジェロボアム”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

マテュザレム(Mathusalem)6000ml

【価格】80万円越え~*価格は変動します。

マチュザレムは、ドンペリのフルボトル8本分6000ml容量のボトル。ヴィンテージ(年号)もかなり前で古酒である上に、販売されているのはごくごく僅かでさらに希少性が高まります。容量は前の”ジェロボアム”の2倍の容量なのですが、やはり価格は単純に2倍にならず割高です。

>>”ドンペリ マチュザレム”を見てみる(楽天市場)

パーティには”マグナム”まで!?大きいドンペリボトルの注意点!

グラスにシャンパン

”マグナム”や”ジェロボアム”、”マチュザレム”などの大きいドンペリボトルは、フルボトルを何本も購入する必要もなく、見応えもあるのでパーティには魅力的に見えるもの。→ドンペリ1本、何人分?何杯分? →パーティ、ドンペリ何本必要!?ドンペリの量や本数、人数の関係(近日公開予定)

でも、これらの大きいドンペリボトルは一般家庭においては課題もあり、注意が必要です。どんな課題かというと、保管や保存場所に困るということ。

ドンペリを含めたシャンパンは、ワインの中でも劣化しやすいと言われており、12℃~15℃程度の直射日光や一部の蛍光灯が当たらない冷暗所での保存、保管が基本。となると、一般家庭の場合はセラーか、冷蔵庫(野菜室がオススメ)での保管・保存になりますが、大きいボトルだと、サイズ的に入らない可能性が高まるのです。

「では常温保存を・・」となると、高温多湿の夏や氷点下の冬ではない短期間であれば、室内での常温保存で劣化せずに済む可能性はありますが、今度は冷やすのが難しい。シャンパンは冷やして飲むものなので、飲む前に必ず下記のような”クーラー”で冷やすか、一時的に冷蔵庫で冷やすことになります。

でも一般的な1本用の”クーラー”の場合、大きいボトルは入りません。複数本用のクーラーであれば入る可能性はありますが、その分の水と大量の氷が必要になります。また、この他にも容量が多いほど重量も増すので、持ち運びが大変になります。

そう考えると、ドンペリは、”マグナム”までがオススメ。それ以降になると、古酒で希少になるので価格も高騰し、保存・保管場所にも配慮が必要になるからです。

”マグナム”を超える大きさとなると、販売数が僅かになり古酒が目立ちます。古酒になると扱いも難しいもの。よほどのワイン通やワインプロでないと楽しめない可能性があるため、一般的なパーティにおいては、”フルボトル”か”マグナムボトル”のドンペリがオススメです。

オススメ記事

スポンサーリンク
Recommend Posts