はてな

ドンペリって1本で何人分!?何杯分なの!?パーティやイベントでドンペリを飲もうと思うと、ドンペリ1本でどれくらい飲めるのか、ドンぺリの量が気になりますよね。ということで今回は、フルボトル1本のドンペリの量に対して、何人分なのか、何杯分なのかを実際に計算してみました。

ドンペリ1本、グラス何杯分!?何人分!?

グラスにシャンパン

ドンペリのフルボトル1本の量は、750ml。その量を、上記のような一般的なシャンパングラス(フルート型:注ぐ量140mlと仮定)を使用すると考えると、5.3杯分。つまり、5杯弱になります。次に、”ドンペリ1本が何人分か”という人数で考えた時、1人1杯と考えると、ドンペリのフルボトル1本で、5人分。1人2杯と考えると、ドンペリのフルボトル1本で2人分となります。

ただ、この杯数と人数は、”グラスの容量”によって大分差が出てきます。例えば、上記のフルート型の細長いシャンパングラスの場合、150ml~200mlを超えるものなど、様々な容量のグラスがあります。注ぐ量はその容量の6~8割程度になりますが、グラスの容量が変われば、1杯分の注ぐ量も異なるため、容量が多くなれば杯数(人数)は減り、容量が少なくなれば、杯数(人数)も増えるようになります。

ちなみに、下記は我が家のシャンパングラス、容量は200mlのもので、注いだシャンパンの量は140mlです。

フルートグラス

また、シャンパングラスの中には、容量100mlや120ml程度の小さ目のグラスも販売されています。下記は、プラスチックのシャンパングラスですが、容量は120mlと小さめ。なみなみ注げば120mlですが、容量の8割程度にすると100ml。

このような少容量のグラスを使うと、1本あたりの杯数、人数も増えます。これらのことも踏まえて考えると、

ドンペリ1本、普通のシャンパングラス(注ぐ量:140mlと仮定)だと5杯弱で、1人1杯と想定すると、5人分。1人2杯と想定すると2人分。
ドンペリ1本、小さめのシャンパングラス(注ぐ量:100mlと仮定)だと、7杯半程度で、1人1杯と想定すると7人分。1人2杯と想定すると3.7人分、4人分程度。

となります。グラスの容量によって、杯数、人数は変わりますが、目安として参考にしてみてくだいね。

スポンサーリンク

ドンペリ、1杯で足りる!?何杯で酔うの!?

ドンペリ

”ドンペリ、何杯分、何人分か”を計算するにあたり、1人1杯と想定して計算をしてみましたが、「1杯で足りるの!?」という疑問が浮かぶ方も多いはず。足りるか、足りないかは、飲む人による差が大きいところですが、”酔い”の指標で考えると、体重50kgの人で”ほろ酔い”になるのはドンペリ150mlから。上記の1杯分の想定量(140ml)で考えると、2杯目から”酔う”と捉えることが出来ます。

ちなみに、体質による個人差はありますが、体重50kgの人だとドンペリ1杯目だと”爽快期”、2杯目から”ほろ酔い期”になります。どの状態が”足りる”となるのかは人それぞれですが、個人的には1杯弱(140ml~)が健全で気持ち良く飲めるので、1杯で十分足りていると感じます。杯数が、「1杯だと味気ないな~」という方は、小さ目なグラスで2杯(200ml以下)にすることも出来ます。

”酔い”に関しは、体重や体質によって個人差がありますが、厚労省の”アルコール”のページ”アルコール健康医学協会”によると、”酔い”の程度というものがあり、SUNTORYさんのHPでは下記のようなイラストでその”酔いの程度”を分かりやすく説明してあります。

 

アルコール血中濃度

 

”爽快期”だと、アルコールを飲んでいわゆる心地よい程度。ドンペリ1杯(140mlと仮定)の状態ですね。そして飲み進めていくにつれ、”ほろ酔い期”、”酩酊初期”となっていきますが、”酔い”が進めば進むほど理性を失ったり、怒りっぽくなったり、声が大きくなったりとデメリットの方が大きくなっていきます。これは上記の表から分かること。最後は”死の危険がある”という文字からもそれは明らかです。

ただ、この”酔い”の程度は、体重や体質が違うとまた変わってくるため、自分の体重に沿った量を知りたい場合は、SUNTORY”さんの” 良いの程度を判定してみましょう”というページで”酔いの目安”を知ることが出来ます。ご自身の体重と、アルコール度数(ドンペリ12.5%)と飲酒量を入力することで、その量でどの程度の”酔い”の程度になるのかを判定してくれるので参考にしてみましょう。

 

サントリーさんのページ画像

 

ちなみに、厚労省の”アルコール”のページ”アルコール健康医学協会”によると、アルコールの適量は、純アルコールで20gと言われていて、それをドンペリに置き換えると、200mlになります。それを超えて飲むとどうなるか、詳しくは、”ドンペリ”のアルコール度数は!?飲み過ぎ、酔い過ぎないための豆知識!”に記載していますが、小柄の方や体質によっては、2杯を超えてしまうと”酩酊初期”という酔いの状態に入る可能性があり、立つとふらついてしまったり、気が大きくなってしまったり、怒りっぽくなったりという変化が出てくるので注意が必要です。

実際にドンペリ1本を2人で空けようとすると、1人2杯以上になります。私の場合は、お酒は決して弱い方ではなく、逆に強いと言われているくらいですが、それでも2杯目から酔いが回ります。小柄な方やお酒の弱い方は、さらに少量で”酔い”が回る可能性があるため、ご自身の体型や体質を踏まえて量の調整を考えましょう。

飲み過ぎには様々なリスクが潜んでいます、せっかくのドンペリ、節度を保って美味しく楽しく飲みましょう!

オススメ記事

スポンサーリンク
関連キーワード
Recommend Posts