ドンペリ
その理由はとてもシンプル!ドンペリがなぜ高価なのかというと、

ドンペリこと、ドンぺリニヨンは”プレスティージュシャンパン”だから!

なんですよね。『じゃぁ、プレスティージュシャンパンだとなぜ高価になるのか』、下記3つの視点から高価な理由を説明していきます。

スポンサーリンク

生産者が出す、最高級のシャンパンだから!


ドンペリは、”プレスティージュシャンパン”。”プレスティージュシャンパン”とは、生産者が出す最高級のシャンパンを意味します。

ドンペリの生産者は、”モエ・エ・シャンドン社”、その”モエ・エ・シャンドン社”の最高級シャンパンブランドが、”ドンペリ”。なので、”モエ・エ・シャンドン”が生産するシャンパンの中で、”ドンペリ”が最も高価になります。

>>シャンパンとランク!

ドンペリの値段を覗いてみる!

スポンサーリンク

ブドウの作柄の良い年にしか造られないシャンパンだから!

ドンペリ

さきほどドンペリは”プレスティージュシャンパン”と言いましたが、”ヴィンテージシャンパン”にも該当します。ヴィンテージシャンパンとは、単一年のブドウを使って造られるシャンパンのこと。

例えば、上記ドンペリはラベルに”2006”という年号の記載があります。これは、”2006年に収穫されたブドウを使っている”ということを意味しています。

最も一般的なシャンパンは、”ノン・ヴィンテージ”シャンパンと呼ばれていて、様々な年に収穫されたブドウで造られたワインをブレンドして造るため、品質を安定させやすいんですよね。一方で、”ヴィンテージシャンパン”の場合は、収穫年を限定するため、その年の天候やブドウの出来具合によって、品質や生産が左右されます。なので、ブドウの出来具合によっては、ドンペリが生産されない年もあります。

つまり、”ヴィンテージシャンパン”であるドンペリは、その年のブドウの個性が表現されるシャンパン。収穫年が限られるからこそ、製造に手間と労力がかかるため、おのずと高価になります。

スポンサーリンク

熟成期間が少なくても約8年かかるから!

”プレスティージュ”シャンパンの場合、一般的なノン・ヴィンテージシャンパンよりも長期の熟成期間が必要になります。”シャンパンの種類”でそれぞれの熟成期間についてまとめていますが、”プレスティージュ”シャンパンと呼ばれるには、5年~7年の熟成が必要。

”ドンペリ”の場合は、ドンペリの種類によって熟成期間が異なりますが、最も少ない”ドンペリ白”でさえも、約8年の熟成を経ることになっていて、熟成期間が長い。だからこそ、価値が高まります。

以上の理由が、ドンペリが高価になる理由!ドンペリの場合、知名度がある分、他のシャンパンよりも”価値”が見出しやすく、その価値は日本中で共有されてます。

ドンペリを探す!

スポンサーリンク
Recommend Posts