ドンペリ

『なぜ、ドンペリが高いのか。』、『なぜ、高価なのか。』その理由は大きく分けると2つあるのですが、1つ目はとてもシンプル。なぜならドンペリはプレスティージュシャンパンであり、ヴィンテージシャンパンだからなんですよね。では2つ目のドンペリが高い理由は何かというと、経済状況や為替の影響が挙げられます。

ということで、なぜドンペリが高いのか、2つに分けて理由をまとめておきたいと思います。

ドンペリの値段が高い!理由は、「ドンペリはプレスティージュシャンパンだから」。

ドンペリルミナス

ドンペリは、シャンパンのランクでいうと、「プレスティージュ」シャンパンなんですが、「ヴィンテージ」シャンパンでもあります。では、なぜプレスティージュシャンパンであり、ヴィンテージシャンパンだと高価になるのでしょうか。

それには、下記3つの理由があります。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

プレスティージュシャンパンは、生産者が出す、最高級のシャンパンだからドンペリは高価!

ドンペリ3本
ドンペリは、シャンパンのランクで言えば「プレスティージュシャンパン」に該当します。「プレスティージュシャンパン」とは、生産者が出す最高級のシャンパンのこと。よって、プレスティージュシャンパンが最も高価ということになります。

ドンペリでいえば、ドンペリの生産者は、モエ・エ・シャンドン社ですよね。そのモエ・エ・シャンドン社の最高級シャンパンブランドが、「ドンペリ」。なので、モエ・エ・シャンドン社が生産するシャンパンの中では、ドンペリブランドがランクでいえば最も高い位置づけにあるということになります。

ただ、プレスティージュシャンパンという枠組みで見れば、プレスティーシジュランクのシャンパンは他にも多々あり、実はドンペリが飛びぬけて高いというわけではありません。他生産者の造る、プレスティージュシャンパンの中には、ドンペリの2倍以上の価格のものもあります。>>ドンペリを見てみる(amazon)(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

ちなみに、ドンペリの生産者であるモエ・エ・シャンドン社にはドンペリの他に「モエ・エ・シャンドン」というシャンパンブランドを展開しています。下記のシャンパンが代表格なのですが、小売店の多くで取り扱っているので見たことがある方も多いのではないでしょうか。

【価格】5千円程度~*価格は変動します。

上記の「モエ・エ・シャンドン アンぺリアル ブリュット」は、シャンパンランクでいえば、最もスタンダードの「ノン・ヴィンテージ」というシャンパンに該当し、プレスティージュシャンパンのドンペリに比べると価格はぐっと安くなります。>>モエ・エ・シャンドンを見てみる(amazon)(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

ドンペリは、ブドウの作柄の良い年にしか造られないヴィンテージシャンパンだから高い!

ドンペリ レガシー

さきほどドンペリはプレスティージュシャンパンと言いましたが実はヴィンテージシャンパンでもあります。詳しくはシャンパンのランクに記載がありますが、ヴィンテージシャンパンとは、単一年のブドウを使って造られるシャンパンのこと。例えば、上記ドンペリはラベルに「2006」という年号の記載があります。これは、「2006年の単一年に収穫されたブドウを使っている」ということを意味しています。

一方で、一般的なシャンパンであるノン・ヴィンテージシャンパンの場合は、様々な年に収穫されたブドウで造られたワインをブレンドして造られています。なので、ノン・ヴィンテージシャンパンには年号の記載はありません。

では、ヴィンテージシャンパンとノンヴィンテージシャンパン、どちらが手間がかかるのかというと、手間がかかるのは断然「ヴィンテージシャンパン」。ノン・ヴィンテージシャンパンのように、さまざまなワインをブレンドして造る方が各年の天候に左右されることもなく、品質を安定させやすくなります。

逆にヴィンテージシャンパンの場合は、収穫年を限定するため、その年の天候やブドウの出来具合によって、品質や生産が左右されるということになります。だからこそ、ブドウの出来具合によっては、ドンペリとして生産・出荷されない年が出てきてしまうし、品質を安定させるので醸造する側の経験値や腕が必要ということになります。

つまり、ヴィンテージシャンパンであるドンペリは、その年のブドウの個性を表現する個性派シャンパンであり、各ヴィンテージ(年号)ごとに唯一無地の存在になるため、希少性が増すと言えます。

そんなことから、ドンペリはおのずと高価になるのです。

熟成期間が少なくても約8年かかるから、ドンペリは高くなる!

ドンペリ3本

プレスティージュシャンパンの場合、一般的なノン・ヴィンテージシャンパンよりも長期の熟成期間が必要になります。シャンパンの種類で各ランクごとの熟成期間を記載していますが、プレスティージュシャンパンの場合、5年~7年の熟成が必要なんですよね。

ドンペリの場合は、ドンペリの種類によって熟成期間が異なりますが、最も熟成期間が少ないドンペリ白でさえも、約8年の熟成を経ることになっていて、プレスティージュシャンパンの規定の熟成期間(5年~7年)よりも長期に渡ります。また、「ドンペリ ロゼ」や「P2」、「P3」ともなると更に長期化します。

熟成期間が長くなれば長くなるほど、管理する期間も長くなり手間がかかりますよね。それに、醸造面でもノン・ヴィンテージシャンパンのように様々な年のワインをブレンドすることで品質の安定を図ることは出来ません。

これら手数(てかず)の面からも、プレスティージュシャンパンであるドンペリは、おのずと高価になるということなのです。>>ドンペリを見てみる(amazon)(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

ドンペリはなぜ高い!?理由は、「経済状況や為替の影響」。

ドンペリロゼのミュズレ

「以前まではドンペリはこんなに高くなかったのに、なぜこんなに高くなった!?」、こんな思いを抱える方もいるはず。ドンペリの相場を定期的に見ている、以前ドンペリを購入したことがあるという場合は、そんな思いを抱くのは当然。なぜなら、並行品のドンペリは一時期1万円以下で販売されていたことがあるのです。

私もドンペリが1万円以下で販売されている時期を実際に見てきましたが、その時期から考えると、今のドンペリの価格はとにかく破格。ドンペリのみでなく、他高級シャンパンを含め、軒並み高価になった感覚が強いのです。

でもよく考えると、ドンペリが1万円以下の時期はリーマンショック(2007-2008)と呼ばれる世界金融危機が起きた直後でした。株価は大暴落、為替の変動もあり、世界的に経済不安を抱いていた時期。その頃は、今から考えるととにかく高級シャンパンが安かった。無意味ながらも、あの頃を思い返し、「あの時買っておけば・・」とよく思ったものです。

また日本の場合は、酒税も多少影響があるといえます。日本は酒税が少しずつ上がっており、日本洋酒輸入協会によれば、日本のワインの税率は諸外国と比べても高い上に、2017年から増税で定期的に酒税はアップ。>>ワインの酒税について(日本洋酒輸入協会HP)「あれ?高くなったな・・」と気づく程度だと思います。そして、今後も酒税は高くなっていく傾向があります。

そう考えると、今の状況のままいけば、今後もドンペリの価格は高くなるわけでして・・。

それなら今の内に買わなければ!

私もついそう思いがちなのですが、今後どうなるかは経済状況も含めて未知の世界。「あの時買っておけば」も含めて、結果論なのです。

現にセールやアウトレット品として激安ドンペリが販売される可能性もあるわけで。そう考えると、欲しい時に買っておく。私はこれが一番後悔がないということにたどり着きました。価格を考えて購入すると、価格の変動に一喜一憂しがちなのです。

以上が、ドンペリが高く、高価である理由でした。

オススメ記事

関連キーワード
Recommend Posts