ドンペリ
『なぜ、ドンペリが高いのか。』、『なぜ、高価なのか。』その理由は、実はとてもシンプル。なぜ、ドンペリが高いのかというと、ドンペリこと、ドンぺリニヨンは”プレスティージュシャンパン”だからなんですよね。

では、なぜ”プレスティージュシャンパン”だと高価になるのでしょうか。それには、下記3つの理由があります。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

”プレスティージュシャンパン”は、生産者が出す、最高級のシャンパンだから!

ドンペリ3本
ドンペリは、”シャンパンのランク”で言えば”プレスティージュシャンパン”に該当します。”プレスティージュシャンパン”とは、生産者が出す最高級のシャンパンのこと。よって、シャンパンランクでいえば、”プレスティージュシャンパン”が最も高価ということになります。

ドンペリの生産者は、”モエ・エ・シャンドン社”ですよね。その”モエ・エ・シャンドン社”の最高級シャンパンブランドが、”ドンペリ”。なので、”モエ・エ・シャンドン”が生産するシャンパンの中では、”ドンペリ”ブランドが最も高い位置づけということ。

ただ、”プレスティージュシャンパン”というのは他にも多々あって、実は”ドンペリ”が飛びぬけて高いというわけではありません。他生産者の造る、”プレスティージュシャンパン”の中には、ドンペリの2倍以上の価格のものもあります。

>>シャンパンとランク!

ドンペリの価格を見てみる。

スポンサーリンク

ドンペリは、ブドウの作柄の良い年にしか造られない”ヴィンテージシャンパン”だから!

ドンペリ

さきほどドンペリは”プレスティージュシャンパン”と言いましたが実は”ヴィンテージシャンパン”にも該当しています。詳しくはシャンパンのランクに記載がありますが、ヴィンテージシャンパンとは、単一年のブドウを使って造られるシャンパンのこと。例えば、上記ドンペリはラベルに”2006”という年号の記載があります。これは、”2006年の単一年に収穫されたブドウを使っている”ということを意味しています。

一方で、一般的なシャンパンである”ノン・ヴィンテージ”シャンパン”の場合は、様々な年に収穫されたブドウで造られたワインをブレンドして造るため、品質を安定させやすいんですよね。逆に”ヴィンテージシャンパン”の場合は、収穫年を限定するため、その年の天候やブドウの出来具合によって、品質や生産が左右されます。なので、ブドウの出来具合によっては、”ドンペリ”として生産・出荷されない年が出てきます。つまり、”ヴィンテージシャンパン”であるドンペリは、その年のブドウの個性を表現する個性派シャンパンであり、各ヴィンテージ(年号)ごとに唯一無地の存在になるため、希少性が増します。

そんなことから、”ドンペリ”はおのずと高価になるのです。

スポンサーリンク

熟成期間が少なくても約8年かかるから!

”プレスティージュ”シャンパンの場合、一般的なノン・ヴィンテージシャンパンよりも長期の熟成期間が必要になります。”シャンパンの種類”で各ランクごとの熟成期間を記載していますが、”プレスティージュシャンパン”の場合、5年~7年の熟成が必要なんですよね。

”ドンペリ”の場合は、”ドンペリの種類”によって熟成期間が異なりますが、最も少ない”ドンペリ白”でさえも、約8年の熟成を経ることになっていて、プレスティージュシャンパンの規定の熟成期間(5年~7年)よりも長期に渡ります。また、”ドンペリ ロゼ”や”P2”、”P3”ともなると更に長期化します。

熟成期間が長くなれば長くなるほど、管理する期間も長くなり手間がかかるということ。それに、製造面でも”ノン・ヴィンテージシャンパン”のように様々な年のワインをブレンドすることで品質の安定を図ることは出来ません。これら手数(てかず)の面からも、プレスティージュシャンパンであるドンペリは、おのずと高価になります。

以上が、ドンペリが高く、高価である3つの理由でした。

余談ですが、ドンペリの場合、価格とは別に”ドンペリの価値”を引き上げてくれる1つの要因があります。それが、”知名度”。”ドンペリ”の知名度は、日本で抜群なんですよね。普段ワインを飲まない方でも、”ドンペリ=高級シャンパン”と認識出来るため、”価値”が見出しやすく、共有しやすくなります。そういった意味では、高価であるのも納得しやすいシャンパンが”ドンペリ”なのです。

ドンペリを人に贈ろうとする際、ドンペリを購入する際、フルボトル1本の値段があまりにも高いので、不安や緊張を抱いてしまいますよね。ドンペリにまつわる知識を少しずつ入れて、そんな不安や緊張が軽減していきましょう。

オススメ記事

スポンサーリンク
関連キーワード
Recommend Posts