ドンペリ2本

最近、とあるワイン雑誌の一文を読んで、思わず”ズドン”と心を射抜かれてしまいました!

その文を読んだことで、”ドンペリ”こと”ドンペリニヨン”に対してずーっと疑問に感じ、心に引っ掛かっていたことが解決したんです。それが、28年もの間”ドンペリ”こと”ドンペリニヨン”を導き、2018年末で”ドンペリ”の醸造責任者を引退した”リシャール・ジェフロワ氏”の下記発言でした!

 

『ドン ペリニヨンは、力強さからはほど遠い存在です。力は記憶に残らない。私は跡を残すのです』-リシャール・ジェフロワ氏

引用元:Winart (2012) No.67 美術出版社 pp.142

”力強さ”で表現する簡単な美味しさよりも、人の心に『跡』を残すのが”ドンペリ”こと”ドンペリニヨン”!

ドンペリ ロゼ

もう、このジェフロワ氏の発言に思わず感動!だって長年抱いてきた疑問がすーっと消えたのだから!

実は、何度飲んでも”ドンペリ”正体を掴めずにのずーっと疑問を抱いていました。”ドンペリ”って決して簡単じゃなくて、一口飲んでドカンと”美味しさ”を感じるシャンパン達とは一線を画している印象がずっとあったんです。

でもね、決して美味しさを感じないわけじゃなくて、「わぁ美味しい」と感動する瞬間もあるんだけれど、ガツンとした美味しさではなくって、どこか冷静でミステリアス、最後まで正体が掴めない曖昧さに、”悔しさ”という感情が必ず芽生えていました。

つまり、『あぁ美味しかった』という簡単な感情ではなくて、複雑な感覚が残って、それがずーっと記憶に残るんです。そして忘れられない!だからこそ、正体を掴もうと、時を経てまたドンペリニヨンを飲んできました。これこそが、ドンペリの凄さなんですけどね!→記憶に残るシャンパンはほんの一握り。

でも自分の中では、”ドンペリ”の印象はこれで良いのか、自分の飲み手としての技量が足りないんじゃないかって疑問や不安を抱き続けてきました。

>>ドンペリには二面性や矛盾さがある!?”ドンペリのマニフェスト”!

でも、ジェフロワ氏の『ドン ペリニヨンは、力強さからはほど遠い存在です。力は記憶に残らない。私は跡を残すのです』という発言を読んで、ようやくそんな疑問や不安に終止符を打てました!

スポンサーリンク

”ドンペリ”こと”ドンペリニヨン”って力任せの”美味しさ”を表現するシャンパンじゃない!

ドンペリのミュズレ

ジェフロワ氏の発言を読んで、そう気づいたんです!

力強さがあるシャンパンって、飲んだ瞬間からガツンとインパクトが押し寄せるので、”美味しさ”はすごく感じやすい。なので、開けた瞬間に「わ!美味しい!!」ってシャンパンはたくさんあります。→手っ取り早く”美味しさ”を求めている場合は、こういった力強いシャンパンを選ぶと分かりやすくて楽しめるはず。

>>開けてすぐに『美味しさ』を感じられるシャンパンまとめ!(オーナーブログ)

でもね、そういったシャンパンの多くは、よっぽどの力強さやインパクト、他の魅力がないと記憶に残らない。私の場合は特に、飲んでいるときは楽しめるけれど、まさに”跡”に残らないんです。

”ドンペリ”はその逆。力強さからくる、手っ取り早い”美味しさ”という側面はないし、”美味しさ”を感じるのに時間がかかるけれど、ずーーっと跡に残る。私が抱き、ずっと忘れられない”悔しさ”という感情も、まさに、”ジェフロワ氏”の言う、ドンペリの魅力を感じている証拠なのだと、ようやく納得できました。

改めて、”ドンペリ”って凄い。

私の場合、あまりの”悔しさ”から、しばらくドンペリと距離を置こうと飲んだ直後は思うのに・・・、時間が経つとまた買ってるんですよね!w 『もう一体何なの!』と思っていたけれど、納得。これこそが、ドンペリの魅力なのだと分かりました。

あーーー、スッキリ!w→個人的にですので、あしからず。 私の抱いていた感情、そのままで良いんだ。それも正解だったんだ。なんだか不安から解放され、改めてドンペリの偉大さも感じて、なんだかハッピーな1日になりました!

それでは、また!

>>ドンペリ、何で美味しくないと感じるの!?

スポンサーリンク
Recommend Posts