ドンペリロゼ

”ドンペリニヨン”こと”ドンペリ”を造るにあたって、マニフェストがあるのをご存知でしょうか!?

現在の”ドンペリ公式ページ”には掲載がなくなってしまったのですが、以前ドンペリ公式ページには、”ドンペリ”こと”ドンぺリニヨン”ブランドのマニフェストが掲載されていました。ドンペリの伝統やドンペリらしさを貫くための10項目のマニフェスト。

その”マニフェスト”を見ると、生産者の熱い情熱が感じられ、多大な労力と尽力をかけて”ドンペリ”が造られていることを実感するはず。私自身、マニフェストを知ったことで、”ドンペリ”というシャンパンの先にいる”生産者”を意識することができ、感動と感謝の気持ちが湧いてもっとドンペリが好きになったのを覚えています。

今回は、そんな”ドンペリとマニフェスト”、まとめておこうと思います。

Info

※下記”マニフェスト”は、2016年3月に公式ページに掲載されていたものを引用しています。専門用語が多かったため、分かりやすいようメモを付けています。

※”ドンペリ”は、2019年1月に28年に渡って”ドンペリニヨン”を率いてきた醸造責任者のリシャール・ジェフロワ氏に代わって、新しく”ヴァンサン・シャプロン氏”が就任。”マニフェスト”の変更などのお知らせを見つけた際には修正、削除等する予定です。

ドンペリの未来を繋ぐ、10のマニフェストとは!?

1.ドンペリニヨンのヴィンテージに対するこだわり

我々の、ヴィンテージに対する誓いは絶対的なものである。ドンペリニヨンはリスクを背負いながらもヴィンテージごとに新しい価値を生み出している。もし優れたワインができない場合は、そのヴィンテージを発表しないという代償が伴う。

MEMO

ヴィンテージとは、年号(収穫年)のこと。ドンペリのラべルを見ると分かりますが、必ず年号の記載があります。年号の記載があるということは、ヴィンテージシャンパンであることを意味していて、その年のブドウのみを使って生産されているということ。

様々な年のブドウから造られたワインをブレンドして造られる”ノンヴィンテージシャンパン”よりも、品質の安定を図るのに大きな尽力を要します。

スポンサーリンク

2.ドンペリニヨンは必ずアサンブラージュを行う

貯蔵庫

アサンブラージュは、ドンペリニヨンのスタイルの基本となる作業。この作業は、ドンペリニヨンにおける醸造家庭で最も重要な工程である。ドンペリニヨンは理想の姿を追い求め、各ヴィンテージには白のアサンブラージュ、ロゼのアサンブラージュが1種ずつしか存在しない。

MEMO

”アサンブラージュ”とは、ブレンドするということ。シャンパン造りにおいて、ブレンドするというのが特徴で、一般的には、様々な年や色々な畑で採られたブドウ、異なるブドウの品種で造ったワインなどを調合することによって造られます。

ただし、ドンペリは、単一の収穫年のブドウのみを使用してブレンドすることになります。

3.我々は、白ブドウと黒ブドウのバランスが完璧に取れたドンぺリニヨンのアサンブラージュを行う

ドンペリルミナス

シャルドネとピノ・ノワール。この2種の葡萄は互いに補い合い、相反する特徴を活かし、バランスの取れた完全なる状態へと導く。こうしてドンペリニヨンならではの二面性を生み出す

MEMO

これは、2.のブレンドにおけることですね!使われているブドウ品種、その2種によって、ドンペリらしさを出すということを意味しています。

スポンサーリンク

4.我々は、シャンパーニュ地方で最高品質の葡萄を使用する

ぶどう畑

それがどこにあろうとも。中心となるのは由緒ある8つのグランクリュ(アイ、ブージィ、ヴェルズネ、マイィ、シュイィ、クラマン、アヴィーズ、ル・メニル)と、伝説に残るオーヴィレールのプルミエクリュ。また、その他17のグランクリュからも葡萄を使用する権限を保有している。

MEMO

”グランクリュ”とは、『特級畑』という意味で、その特級畑から収穫される最高品質のブドウをドンペリの生産に使用するということ。

5.我々は、テロワールと季節を尊重する

ぶどう畑

我々の使命は、テロワールとヴィンテージの個性に背くことなく、それをさらに高めるものである。葡萄本来の新鮮さを守る必要があり、醸造の哲学は最小限にとどめる。酸化は大敵であり、防がなければならない。

MEMO

ワイン全般において、テロワール(畑)の個性がブドウに表現されると言われています。また、ブドウの出来具合は、その年(ヴィンテージ)の季節や天候にも左右されます。その個性を大事にすることも、ドンペリ造りのマニフェストに含まれています。

スポンサーリンク

6.「凝縮感」とは、精密ゆえのものでなければならない

ワインにおける「凝縮感」とは、力強さによるものではなく、精密さによるものである。乱雑なインパクトではなく、適度な感触を与える良質なワインでなければならない。

MEMO

「凝縮感」というと、とても難しい感じがしますが、上記にもあるように”力強さ”というところに注目すると、なんとなく素人でも分かりやすいはず!乱雑な力強さから「凝縮感」を出すのではなく、ドンペリは精密さから「凝縮感」出すことにこだわっているということ。

7.ワインの与える口当たりこそがドンペリニヨンの本質である

グラスに入ったドンペリ

ワインの口当たりはなべらかで継ぎ目がなく、熟したての軽やかで豊かな味わい、滑らかで口の中を撫でるようなテクスチャーを有する。比類ない方法で、官能的な味わいを保つ。

MEMO

これは、タイトル通り!ワインの口当たりを重視することが記載されています。

スポンサーリンク

8.ドンペリニヨンの複雑さは、ゆっくりとした熟成から生まれる

ドンペリニヨンは、白とロゼどちらも、その複雑さと長期熟成の可能性を持つことで知られる。ドンペリニヨンはセラーで8年間の熟成を経た後、最初の熟成のピークに達する。ドンペリニヨンエノテークは、数十年という時を超えるものである。

MEMO

ドンペリは、ランクから言えば最高級ランクの、プレスティージュシャンパン。そして、3つの時代を通るとされていて、長期熟成に耐え進化すると言われています。

>>3つの時代を通るシャンパン、ドンペリとは!?(オーナーブログ)

スポンサーリンク

9.ドンペリニヨンのミネラル感は、その独特の香りの特徴と言える

ドンペリ

神秘を内包した重厚感のある特徴は、ヨード、トースト感、スモーク、ビート(泥炭)など、海の特徴であると同時に大地の特徴でもある。

MEMO

ドンペリを口に含んで感じ取れるテイストについて。その1つにミネラル感というのがあります。そして、ヨード、トースト感、スモーク、ビート(泥炭)というのは香りの表現です。

10.ドン ペリニヨンのスタイルは極めて特徴的である

華麗なパラドックスは、ドンペリニヨンに繰り返し見られる特徴である。ドンペリニヨンのスタイルを形容する言葉、それは緊張感、リズム、鮮やかさ、正確さ、触覚、なめらかさ、新鮮さと熟成感、力強さ、複雑さ、そして官能性。

MEMO

”パラドックス”とは、調べると、「矛盾」と同義語とあります。3.のマニフェストでもドンペリらしさとして二面性という言葉がありますね。そんな相反する2つの顔を持つというのがドンペリの特徴でもあるという捉え方ができます。

 

以上が、”ドンペリの10のマニフェスト”でした!

この10のマニフェストに沿って、生産されるのがドンペリ。最初にこのマニフェストを見た際は、なんだか良い意味でゾッとしました。このマニフェストでよりドンペリを理解出来る気がしています。

Nextドンペリの歴史

スポンサーリンク
Recommend Posts