ルイロデレールクリスタル in ワインクーラー

上記写真でボトルを包んでいるものは、我が家で夏場に使っているワインクーラーと呼ばれるもので、温度が急激に上がらないように保冷をしてくれるアイテム!

>>ワインクーラーとは?

他にもワインクーラーというものは色々な種類があるんですよね!この”ワインクーラー”が多数販売されているということは当然ながら、シャンパンやスパークリングワインは”冷やして飲む”ということが当然の知識として普及しています。

でも、温度”によって、味わいや風味?(なんて表現したら良いか分かりませんが)が変わることはご存知でしょうか!?

ということで、”シャンパンやスパークリングワインと温度について”、まとめてみようと思います!

”シャンパン”や”スーパークリングワイン”!温度によって、何がどう変わるの!?

まず、シャンパンやスパークリングワインの適温って、もうほんっと難しいんです!読む本、雑誌、ボトル裏の説明などによって異なります。キーーーーーッ!!

例えば、”9℃~12℃”、”6℃~12℃”、”10度前後”、”8℃~13℃”、”10℃~14℃”など。

うーーん、1本1本違うので、当然といえば当然なのですが、この”1本1本それぞれ”が素人を惑わせます。笑

ということで、我が家の場合は適温は『10℃前後』と総括しているのですが、実は、”低めの温度”と”高めの温度”でそれぞれのワインの違った強みを生かせるのだと知りました!

---目次---

-----

温度が低いことで際立つ、強み、魅力とは!?

  • フレッシュさ、新鮮さ
  • 泡のきめ細やかさ
  • 酸が際立つ

低め温度で飲むシャンパンやスパークリングワインは、いわゆる、キリリとした爽快感魅力を際立たせるということ!

となると、思い浮かぶのが、白ブドウのみで造られる、”ブラン・ド・ブラン”!だからこそ、フレッシュさや、新鮮さの強みを生かす場合は、低めの温度が適温ということですね!

向いているとされるシャンパンの種類:

”ノンヴィンテージ・シャンパン”や”スパークリングワイン”、”ブラン・ド・ブラン”

>>シャンパンの種類(ドンペリ豆知識)

スポンサーリンク

温度が高いことで際立つ、強み、魅力とは!?

  • 香りが広がる
  • 複雑さ、コク、深さを感じ取りやすい
  • 酸が弱くなる

ドンペリもそうですが、冷蔵庫で冷やしてキンキンの状態で飲むよりも、少し時間がたって温度が上がってきてからの方が断然楽しくなります。素人でも分かるほどで、香りが広がり、深さやコクを感じられるようになるんですよね。

だからこそ、冷蔵庫で冷やした場合は、時間をかけて飲んで欲しい!

向いているとされるシャンパンの種類:
”ロゼ”、”ヴィンテージシャンパン”、”プレスティージュシャンパン”、”熟成期間が長いスパークリングワイン”

>>シャンパンの種類(ドンペリ豆知識)

以上が、”シャンパンやスパークリングワインと温度について”でした。

シャンパンやスパークリングワインも国、生産者、使われているブドウなどによって、それぞれ個性や強みが異なります。そんな強みを最大限生かすために、適温が設定されているのだと分かります。

知っていると、楽しみが増えるかなと思います!それでは、また!

Twitterでフォローしよう

Reccomend