温度計

シャンパンやスパークリングワイン、温度によって、味わいが変わることはご存知でしょうか!?ワインのプロじゃなくても、味や香りの変化に気づくことができます。

ということで今回は、シャンパンやスパークリングワインの温度による味の変化について、まとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

シャンパンやスーパークリングワイン!温度によって、何がどう変わるの!?

温度が低いと、どんな味わい!?シャンパンやスパークリングワイン、低温の強み!

泡

低めの温度の特徴!
  • フレッシュさ、新鮮さ
  • 泡のきめ細やかさ
  • 酸が際立つ

まず、シャンパンやスパークリングワインの一般的な飲み頃温度とメディア等で言われているのが8℃程度(各シャンパンやスパークリングワインによって差はありますが)。我が家の場合、冷蔵庫で冷やしていると大体6℃程度になっており、これくらいの低い温度で飲むシャンパンやスパークリングワインは、上記特徴ののようにいわゆる、キリリとしたフレッシュ感や爽快感が際立ちます。おのずと、酸味もシャープに鋭く感じるはず。

低めの温度が向いているとされるシャンパンの種類:最もスタンダードなノンヴィンテージシャンパンやスパークリングワイン、白ブドウのみを使って造られているブラン・ド・ブラン

温度が高いとどんな味わい!?シャンパンやスパークリングワインの高温の強み!

ジャックセロス

高めの温度の特徴!
  • 香りが豊か
  • まろやか
  • 複雑さ、コク、深さを感じ取りやすい
  • 甘さを感じやすい
  • 酸が弱くなる

高級シャンパンの多くは、若干高めの温度(10℃以上、個人的には12-15℃程度)で飲んだ方がポテンシャルを感じやすいです。

ドンペリもそうですが、冷蔵庫で冷やしてキンキンの状態で飲むよりも、少し時間がたって温度が上がってきてからの方が熟成感(まろやかさ)を感じることが出来て、香りも一気に豊かになります。せっかくなので、低めの温度から飲んでいくと温度の変化による味わいや香りの変化を感じることが出来て、断然楽しくなるのでオススメです。

だからこそ、冷蔵庫で冷やした場合は、時間をかけてゆっくり飲みましょう。

ただ、シャンパンやスパークリングワインによっては温度が上がっても変化を感じられないものもあります。これまでの経験上、高級シャンパンは変化を感じやすく、分かりやすいです。高級シャンパンに関しては、私の場合は高めの温度の方がより美味しく感じられます。

高めの温度が向いているとされるシャンパンの種類:ロゼ、高級シャンパンと呼ばれるヴィンテージシャンパン(年号記載のあるシャンパン)、プレスティージュシャンパン(各ブランドの最高級品)、熟成期間が長いスパークリングワイン

以上がシャンパンやスパークリングワインと温度についてでした。それでは、また!

Twitterでフォローしよう

オススメ記事