シャンパンと温度

シャンパンやスパークリングワイン、温度”によって、味わいが変わることはご存知でしょうか!?ワインのプロじゃなくても、味覚の変化に気づきます。

ということで、”シャンパンやスパークリングワインの温度による味の変化について”、まとめてみようと思います!

”シャンパン”や”スーパークリングワイン”!温度によって、何がどう変わるの!?

”温度が低い”と、どんな味わい!?低温の強み!

低めの温度の特徴!
  • フレッシュさ、新鮮さ
  • 泡のきめ細やかさ
  • 酸が際立つ

まず、シャンパンやスパークリングワインの一般的な飲み頃温度と言われているのが8℃程度(各シャンパンやスパークリングワインによって差はありますが!)。それよりも低い温度で飲むシャンパンやスパークリングワインは、上記のようにいわゆる、キリリとしたフレッシュ感や爽快感が際立ちます。おのずと、酸味もシャープに鋭く感じるはず。

低めの温度が向いているとされるシャンパンの種類:

”ノンヴィンテージ・シャンパン”や”スパークリングワイン”、”ブラン・ド・ブラン”

>>シャンパンの種類(ドンペリ豆知識)

スポンサーリンク

”温度が高い”とどんな味わい!?高温の強み!

高めの温度の特徴!
  • 香りが豊か
  • まろやか
  • 複雑さ、コク、深さを感じ取りやすい
  • 甘さを感じやすい
  • 酸が弱くなる

高級シャンパンの多くは、若干高めの温度(10℃以上、個人的には12℃程度)で飲んだ方がポテンシャルを感じやすいと思います!

ドンペリもそうですが、冷蔵庫で冷やしてキンキンの状態で飲むよりも、少し時間がたって温度が上がってきてからの方が熟成感を感じることが出来て、飲むのが断然楽しくなります。低めの温度から飲んでいくと温度の変化による味わいの違いを感じることが出来て、思わず感動しちゃうかも!

だからこそ、冷蔵庫で冷やした場合は、時間をかけて飲んで欲しいですね♡

高めの温度が向いているとされるシャンパンの種類:

”ロゼ”、”ヴィンテージシャンパン”、”プレスティージュシャンパン”、”熟成期間が長いスパークリングワイン”

>>シャンパンの種類(ドンペリ豆知識)

以上が、”シャンパンやスパークリングワインと温度について”でした。

それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

Reccomend