ホームパーティやバーベキューにお呼ばれしたり、知り合いのお宅を訪問したりする際に気になるのが手土産ですよね。以前問い合わせをいただいたこともあるので、お呼ばれの際には多くの人が気にさせれているはず。

ということで、今回は、「手土産用のシャンパン、スパークリングワインについて」、オススメを含めてまとめておこうと思います。また、一ワイン好き家庭としてどんなスパークリングワインやシャンパンを手土産にもらうと嬉しいのか、経験も踏まえて紹介していきますね。

スポンサーリンク

手土産ワインの相場や価格はいくら!?

はてな

手土産ワインの相場ですが、カジュアルなパーティの場合、1000円台~3000円程度。セミフォーマルやフォーマルなホームパーティの手土産であっても5000円程度までが一般的です。

手土産は、招いて下さった方やお宅へのご挨拶を兼ねたお土産のこと。過剰なギフトはホスト側が恐縮してしまったり、逆に気を遣わせてしまったりする可能性があるので、注意しましょう。

ちなみに、ワイン好き一般家庭としての個人的な意見はというと、手土産は3000円未満までが嬉しいです。あえていえば、1000円未満でも全然OK、嬉しいです。3000円以上になると、やはり恐縮しますね。「しっかり接待しなくては」、「気を抜けない」という感覚になってしまうのです。

スポンサーリンク

なぜ、手土産にシャンパンやスパークリングワインがオススメなの!?

パーティイメージ

ワインの中でもなぜ、シャンパンやスパークリングワインなどの発泡性ワインがオススメなのかというと、「万人受けしやすいから」です。ワインの中で最も飲みやすく、好みに左右されずに飲めるのが、発泡性ワインであるスパークリングワインやシャンパンということ。

ワインは、人によって好き嫌いが別れるお酒。特に赤ワインは好みの差が激しく、好みではない赤ワインにあたると「飲めない」可能性が出てきます。ワインの中では赤ワインが最も好みが別れ、次に白ワインやロゼワイン、最後に最も飲みやすいのがシャンパンやスパークリングワインとなります。

誰もが飲める、楽しめるのが、スパークリングワインやシャンパン。だからこそ、シャンパンやスパークリングワインが手土産にオススメなのです。

スポンサーリンク

手土産は、シャンパン or スパークリングワインどっち!?予算次第でおのずと決まる!

泡

では手土産のワイン、シャンパンorスパークリングワインどちらを選べば良いのでしょうか・・。その答えは、予算によっておのずと決まってきます。

シャンパンは、最も安いものでも3000円台から。よって、予算が3000円程度であれば、スパークリングワインを選びましょう。少数ではありますが、一部のシャンパンが2000円台で販売されています。ただ、あまり知名度はないシャンパンが多く、価値の共有が難しいものが多いですね。ワイン好きとしては、2000円台のシャンパンであれば、有名どころのスパークリングワインの方が嬉しい。そんな思いがあります。

手土産ワイン、どこで買う!?実店舗とネットショップどちらが良いの!?

手土産ワイン、どこで購入するかですが実店舗、ネットショップどちらにもメリットとデメリットがありますが、すぐに欲しい場合や、ワイン選びに迷ってしまう場合は、実店舗を。時間に余裕がある場合や、お目当てのワインがある場合はネットショップがオススメです。

ネットショップの場合、注文から到着まで自分のペースで買い物が出来て楽ですし、価格を比較できるためより安く購入できる可能性があります。また、豊富な種類から選べるので、あまり店頭では販売されていないものを購入できます。一方で、配送に時間がかかるため、急ぎの場合は向いていませんし、送料がかかります(それでも安いことがありますが)。さらに、豊富に種類があるため、お目当てのワインやある程度購入するワインを絞っていないと迷ってしまう可能性があります。

実店舗の場合、その場ですぐに購入できるため、時間がない場合はメリットが大きいです。また、その場にあるワインの中から選ぶことになるため、迷うのが苦痛な方は逆に選びやすいかもしれません。一方で、大手スーパーなどを利用する場合は、日常的に見慣れたワインの中から選ぶしかなく、特別感は感じられない可能性があり、店舗によって取り扱うワインに制限や違いがあることから、希望のワインが見つからない可能性が多々あります。>>実店舗の購入にオススメ、シャンパン、スパークリングワイン!

ちなみに私はというと、ケースバイケースで、実店舗とネットショップ両方を利用しています。先日もホームパーティがあり、お寿司が振る舞われるということだったので、お寿司に合うスパークリングワインをネットショップで購入し持参しました。実店舗であまり販売されていないスパークリングワインだったのと、時間に余裕があったので、ネットショップが最適でした。

それでは早速、手土産にオススメのスパークリングワイン、シャンパンを見て行きましょう!

予算3000円未満、手土産にオススメのスパークリングワイン3本!

サンテロ プロセッコ スプマンテ エクストラドライ

【価格】1千円台~※価格は変動の可能性あり。

イタリアのスパークリングワインで、世界中で人気の「サンテロ」という生産者が造る、白・辛口スパークリングワイン。グレーラ種というブドウ品種100%で造られたスパークリングワインで、柑橘系の香りとともに爽やかでとても美味しいスパークリングワイン。

サンテロのスパークリングワインは他にも種類があります。

上記のピンク、イエロー、ブラックラベルのどれもオススメなのですが、あえて選ぶなら最初に紹介した水色ラベルの「プロセッコ」が個人的には最も美味で、オススメです。

>>”サンテロ プロセッコ”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

グラハム・ベック ブラン・ド・ブラン

【価格】2千円台~※価格は変動の可能性あり。

「勝利のスパークリングワイン」、「勝者のスパークリングワイン」、「歴史的瞬間に立ち会ってきたスパークリングワイン」とも言われているのが、南アフリカのスパークリングワイン「グラハム・ベック」。米国のオバマ元大統領や南アフリカのマンデラ元大統領が、大統領就任の際の祝杯に使われたことも有名です。

そんなグラハム・ベックの白ブドウのみを使って造られたのがこのブラン・ド・ブラン。何度も手土産に利用してますが、とにかく美味しいと喜ばれあっと言う間に空になってしまいます。あっさりと爽やかな中に果実味をしっかりと感じます。また、華やかさも兼ね備えるコスパ最高のスパークリングワインです。

2016年6月の日経新聞「NIKKEIプラス1」の何でもランキング「夏を潤すスパークリングワイン」で1位に選ばれています。

>>”グラハム・ベック ブラン・ド・ブラン”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

ガヴィオリ スプマンテ フラワーボトル

【価格】1千円台~※価格は変動の可能性あり。

贈り物は見た目も大事。特に、女性へのギフトや、ご夫婦へのギフトの場合は女性を意識したギフト選びが正解。そんなスパークリングワインギフトとして活躍してくれるのが、このイタリアの辛口・白スパークリングワイン。

ボトル上に描かれているお花を桜をモチーフにしたもので、まるで桜の花が舞っているかのようなデザインでとてもステキです。こういった美ボトルデザインのスパークリングワインは、その場にあるだけで華やかな雰囲気を演出してくれるので、パーティなどの手土産にはオススメ。

味わいも爽やかであっさり、爽快感のあるスパークリングワインです。

>>”ガヴィオリ スプマンテ”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

スポンサーリンク

手土産にオススメのシャンパン3本!

パイパー・エドシック ブリュット

【価格】3千円台後半~※価格は変動の可能性あり。

マリリンモンローが愛飲したシャンパン、カンヌ国際映画祭の公式シャンパンとしても有名なのがこのパイパーエドシック。とても開(ひら)けた明るく陽気なシャンパンで、誰もが美味しく楽しめるパーティライクなシャンパン。オススメです

>>”パイパー・エドシック ブリュット”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

ランソン ブラックラベル ブリュット

【価格】3千円台~※価格は変動の可能性あり。

英国王室御用達であり、テニスのウィンブルドン選手の公式シャンパンとしても有名なのがこのランソン。飲んだら分かりますが、とても爽やかな酸味があるので、すっきりとした爽快感のあるシャンパン。あっさりドライな感覚がお好きな方にはオススメです。

>>”ランソン”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

ポメリ― ブリュット ロワイヤル

【価格】3千円台~※価格は変動の可能性あり。

シャンパンの歴史に欠かせなのが、このポメリ―。現在の辛口シャンパン主流の流れを作ったのがこのブランドです。飲んでみると、とても上品でまろやか。和やかなふんわりと雰囲気を演出してくれるパーティにもオススメです。

>>”ポメリ―”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

実店舗で購入したい!オススメのシャンパン、スパークリングワイン!

リゾナーレ八ヶ岳ワインハウス

実店舗となると、購入できるシャンパンやスパークリングワインは限られてきます。ここでは、様々なショップでも取り扱っている可能性が高い、おススメシャンパンやスパークリングワインを紹介しておきます。

スパークリングワイン

【価格】2千円台~※価格は変動の可能性あり。

まず最初に紹介するのが、上記の「シャンドン」というスパークリングワイン。店頭で並んでいるものの多くがオーストラリアで生産されているものですが、米国や他国で生産されているものもあります。

このスパークリングワインはドンペリの生産者である「モエ・エ・シャンドン社」がフランス国外で展開するブランド。「モエ・エ・シャンドン社」が造る最高級シャンパンが「ドンペリ」、誰もが親しみやすいシャンパンブランドが「モエ・エ・・シャンドン」、もっと手軽に楽しめるスパークリングワインブランドがこの「シャンドン」。コストの割には優秀で、話題性もあるため、安旨スパークリングワインの代表格です。

>>”シャンドン”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

次にわりと見かけるのが下記の、「ロジャーグラート カヴァ ロゼ」。

【価格】千円台~※価格は変動の可能性あり。

スペインのスパークリングワイン(カヴァ)ですが、シャンパンと同じ製法で造られているスパークリングワイン。以前、日本のテレビ番組で、ワイン通や食通の有名人が価格差が20倍程度ある「ドンペリ ロゼ」と間違えたスパークリングワインとして一躍有名になったスパークリングワイン。気軽に美味しい一時を楽しめるコスパの良いロゼスパークリングワインです。

他には、大手スーパーに下記の「クロ モンブラン プロジェクト クワトロ カヴァ」をよく見かけます。スペインの辛口・白のスパークリングワイン。

【価格】千円台~※価格は変動の可能性あり。

クワトロというのはスペイン語で「4」を意味しますが、その数字の通り4種のブドウを使って造られているのがこのスパークリングワイン(カヴァ)。手頃な値段で楽しめるスパークリングワインです。メタリックなボトルも目を惹くので、雰囲気作りにも貢献してくれるスパークリングワイン。ロゼも一緒に販売されていることが多いですね。

シャンパン

【価格】3千円台~※価格は変動の可能性あり。

どのショップでも定番のように置いてあるのは、上記の「モエ・エ・シャンドン」。ドンペリの生産者である「モエ・エ・シャンドン社」が生産する、「モエ・エ・シャンドン」というブランドのシャンパンです。明るく陽気なシャンパンで、まさにパーティライクなシャンパン。大手スーパーなどで取り扱っていることも多く、気軽に手に入れることができるのが魅力です。

次によく見かけるのが先ほども紹介した下記のポメリ―。

「モエ・エ・シャンドン」ほどではないけれど、大手スーパーなどの店頭に並んでいることも多いです。

スポンサーリンク

BBQにお呼ばれ、手土産にオススメのスパークリングワインは!?

アウトドア

ホームパーティやお呼ばれといっても、特別なのがBBQ。炭を使って、煙がもくもくと上がり、そして香ばしいジューシーなお肉。そんなカジュアルな場面での手土産は、屋内でのホームパーティとはまた違ったカジュアルにも楽しめるスパークリングワインがオススメ。

特にオススメなのが、イタリアの赤のスパークリングワイン、「ランブルスコ」。>>ランブルスコとは!?

現在は多くのランブルスコを大手スーパーなどの実店舗でも見かけるほど人気ですよね。輸入品を販売している、全国チェーンのKaldiさんでもよく見かけていました。辛口~甘口まで多数あり、価格もリーズナブル、1000円未満から販売されているのでカジュアルなバーベキューなどのィベントにも気兼ねなく楽しめます。

気兼ねなく、購入しやすいところで、ランブルスコ探してみましょう。見分け方として、ほとんどのランブルスコのラベルに「LAMBRUSCO(ランブルスコ)」の表記があります。

他には、お肉を食べることを考えると、ロゼスパークリングワインがオススメ。実店舗でのオススメスパークリングワインにも紹介した、下記の「ロジャーグラート カヴァ ロゼ」や、

「クワトロ カヴァ ロゼ」も多くの実店舗で販売されていることが多く、1000円台とリーズナブルなので、気軽に購入できてオススメです。

手土産スパークリングワインで注意したいこと!

ホームパーティなどの手土産スパークリングワインを持参する場合に注意したいのが、そのスパークリングワインが冷えているかどうか。

当日飲むことを想定している場合は、冷えているスパークリングワイを準備するか、もしくはその場で冷やす必要が出てきます。氷と水があれば当日冷やすことも可能なのですが、スパークリングワインは冷やして飲むお酒、常温では楽しめないのです。>>冷えていないスパークリングワイン、当日に冷やす方法とは!?

スポンサーリンク

手土産シャンパン、スパークリングワインのラッピングはどうする!?

ドゥブル

手土産の場合のラッピングは、カジュアルに考えてOK。それこそ、ワイン用の袋(紙袋でもビニール袋でも)に入っているだけでも良いし、カジュアルなラッピングでも問題ありません。逆にかしこまりすぎると、場面にミスマッチな場合があるので気を付けたいですね。

逆に、ギフトとして正式感やクラシック感を大事にしたい場合は、箱付きのラッピングがオススメです。箱付きにするだけで、キチっとした印象になりますよ。

ワイン好きさんのご家庭へ、ホームパーティへの手土産としてのシャンパンやスパークリングワインワイン、手土産としてなんとなくオシャレなんですよね。頂く側としてもと嬉しい手土産です。

あまりかしこまらず、気軽に贈りましょう!それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事