飛行機

シャンパンを探す目安の1つとして思い浮かぶのが、航空会社がビジネスクラスやファーストクラスで提供するシャンパン。

ビジネスクラスやファーストクラスの利用は、ステータスの象徴として認識されていますよね。なので、そんなファーストクラスやビジネスクラスで出されるシャンパンといえば話題性も抜群。

特に、JALやANAといった日本の大手航空会社は、日本人にとっては馴染みのあるブランドのため、さらにステータスを感じることが出来ます。

ということで、今回は、話題性のあるシャンパンとして認識される、日本の航空会社の国際線、ビジネスクラスやファーストクラスで出されているシャンパンをまとめておきたいと思います。

飛行機で出されるシャンパンの注意点!

機内食

飛行機で出されるシャンパンをこれから紹介していきますが、その上で注意点があります。それは、

  • 飛行機で提供されるワインは、時期によって変わるということ
  • 路線によっても提供されるものが異なる

可能性があるということ。

なので、飛行機で出るシャンパンは流動的と考えるのが無難。ただ、有名航空会社で採用された実績があれば、話題性という意味では十分だと思います。

実際、「某有名航空会社で採用!」というような文言で販売されているのも見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。

採用されているワインの最新情報については、記事最後で調べ方をまとめているので参考にしてみてください。>>最新情報の調べ方とは!?

では、実際に飛行機で提供されているシャンパンを見ていきましょう。今回は、JAL・ANA共にロサンゼルス行きに絞って紹介していきます。

*現在:May 2021

スポンサーリンク

JALのファーストクラス、ビジネスクラスで出されているシャンパン

泡

現在、JALのファーストクラスで提供されているシャンパンは、「サロン2007」、「ルイロデレール クリスタル2008」、「シャルル エドシック ロゼ 2005」の3本でした。

超有名・超高級シャンパンが含まれており、人生で1度は飲んでみたいと言われるような有名な2本です。

まず、「サロン」ですが、高級シャンパンの中でもトップといっても過言ではない立ち位置にあります。下記がサロンの商品画像、ラベルもシンプルです。

【価格】9万円台~*価格は変動します。

白ブドウ(シャルドネ)のみを使った、ブラン・ド・ブランという白・辛口の高級シャンパン。使われるブドウの畑も単一畑に限定。生産量が少ないことから希少性があり、幻のシャンパンと呼ばれることもあります。

ブドウの作柄が良い年にしか造られず、熟成期間も約10年ということから、なかなかお目にかかれず。また、月日が経つにつれて価格が高騰していくのが見受けられます。

実際、古いヴィンテージ(年号)のサロンは10万円以上で多数販売されています。>>サロンを見てみる(amazon)(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

そして、ファーストクラス2本目は「ルイ・ロデレール クリスタル」は次の通り。

【価格】2万円台~*価格は変動します。

ルイ・ロデレールというブランドから出る最高級ランクの白・辛口シャンパン。これも有名な高級シャンパンで、サロンと同じくワイン好きで知らない方はいないはず。

玄人向きともいわれており(→私もそう思います)、高貴さが感じられるシャンパンです。>>ルイ・ロデレール クリスタルを見てみる(amazon)(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

ファーストクラス、最後のシャンパンは「シャルル エドシック ロゼ 」

【価格】1万円台~*価格は変動します。

シャルル・エドシックというブランドの高級ロゼシャンパン(辛口)。最高醸造責任者が「危険なシャンパーニュ」と表現したと記載がされている情報がありましたが、どんなシャンパンなのか、興味をそそります。>>シャルルエドシック ロゼ ヴィンテージを見てみる(楽天市場)(amazon)(Yahoo!ショッピング)

次にJALのビジネスクラスで採用されているシャンパンは、「ドゥラモット ブラン・ド・ブラン NV」、「アヤラ ブリュット マジュール NV」の2本。

最初の「ドゥラモット ブラン・ド・ブラン NV」は、「サロン」の姉妹ブランドという立ち位置にある「ドゥラモット」の白・辛口シャンパン。

【価格】6千円程度~*価格は変動します。

白ブドウ(シャルドネ)のみを使って造られたブラン・ド・ブランというシャンパン。

先にファーストクラスで提供されている「サロン」の姉妹ブランドとはどういうことかというと、「サロン」が造られない年、実ったブドウたちはこの「ドゥラモット」に使われます。

サロン系列ということもあり、消費者の興味をそそる1本です。>>ドゥラモット ブラン・ド・ブランを見てみる(楽天市場)(amazon)(Yahoo!ショッピング)

次は「アヤラ ブリュット マジュール NV」

【価格】5千円台~*価格は変動します。

白・辛口シャンパン。造り手は小規模な生産者といえることから、オートクチュールのようなシャンパン造りと表現されています。そんなアヤラのスタンダードなシャンパン。>>アヤラ ブリュット マジュールを見てみる(amazon)(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

スポンサーリンク

ANAのファーストクラス、ビジネスクラスで出されているシャンパン

泡

まず、ANAのファーストクラスで提供されているのが「クリュッグ グラン キュヴェ」と「ドゥーツ ブラン・ド・ブラン2014」

さすがファーストクラス、「クリュッグ グラン キュヴェ」も高級シャンパンとして不動の立ち位置を誇るシャンパンです。

【価格】2万円台~*価格は変動します。

辛口・白の高級シャンパンですが、気取った感じがなく、ワイン初心者さんから玄人さんまで誰もが楽しめるような高級シャンパン。

クリュギストというクリュッグ愛好家がいるほど美味しさと満足感で満たされる、魅力のある高級シャンパンです。>>クリュッグを見てみる(amazon)(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

ファーストクラスで次に提供されているのが、「ドゥーツ ブラン・ド・ブラン2014」。ただ一般の小売店でヴィンテージ(年号)2014のブラン・ド・ブランの販売が見あたりませんでした。

というのも、ドゥーツのブラン・ド・ブランで有名なのが、「アムール ド ドゥーツ」という下記の最高級ランクのシャンパン。

【価格】2万円台~*価格は変動します。

ANAの公式サイトに掲載しているラベルデザインと似ていますが、「アムール ド ドゥーツ」の表記の有無が異なります。

ということは、「アムール・ド・ドゥーツ」と似ていますが、別物。市場に出回っていないことを考えると、希少性があり、ワイン好き、シャンパン好きにはたまりません。

そして、ANAビジネスクラスで提供されるシャンパンは、「デュヴァル ルロワ ブリュット レゼルヴ」の1本。

【価格】8千円台~*価格は変動します。

白・辛口シャンパンで、生産者は家族経営で当主女性。誰もが知る有名どころのシャンパンブランドではなく、どちらかというとコア層の支持が高いシャンパン。

ワイン好き、シャンパン好きでも未経験の方も多いだけに、飲んでみたいと感じさせる1本。>>デュヴァル ルロワを見てみる(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

飛行機で出るシャンパン、総括!JAL or ANAどちらが良い!?

パーティ

今回、日本の大手航空会社JALとANAのファストクラスとビジネスクラスで出されるシャンパンをリストにしてみました。そのリストを見て感じたことは、

非日常を演出できるシャンパンが選ばれている

ということ。

「サロン」や「クリュッグ」などのデイリーとは決してならない高価シャンパンや、大手シャンパンブランドから少し視点が外れたシャンパンブランドが採用されている印象でした。

つまり、一般消費者さんからワイン好きさんまで、特別感を感じられるようなシャンパンを選ばれているということ。

例えば、JALのビジネスクラスで提供されている「ドゥラモット ブラン・ド・ブラン NV」。私もそうなんですが、「ドゥラモット」を試す上で、最初に手を出しやすいのが、下記の「ドゥラモット ブリュット」。

【価格】4千円台~*価格は変動します。

価格も最もリーズナブルでスタンダードなので、自分の生活の中で手を出しやすいんです。ファーストクラスやビジネスクラスを常日頃利用されている方にとっては、デイリーワインの位置づけの可能性もありますよね。

一方で「ドゥラモット ブラン・ド・ブラン NV」の場合は、価格も少し高めで、一捻(ひとひね)りあるシャンパン。普段の生活でこのシャンパンをあえて購入するというのは、シャンパン好きの中でも相当なこだわりのある方、もしくはプロフェッショナルの方だと思います。

では、シャンパンリストを見て、JALとANAどちらが良い!?

シャンパンリストありき、そして一般消費者目線、さらに飛行機の利用代金なしで考えるなら「JAL」を選びたいです!ただ、これは完全に私の意見ですが・・。

JALの方がシャンパンの種類が多い、それが理由です。ファーストクラスは特に、白の他にロゼもあります。ビジネスクラスでも2種ありますよね。

また、「サロン」が飛行機の上で提供されるというのは、これはもう私にとってはすごいことです。

飛行機で出されるシャンパンは流動的!最新情報の調べ方とは!?

飛行機

JALとANA、両者に共通しているのが時期や路線ごとにサーブされる飲料の種類が若干異なっていること。そして、公式サイトを通じて、時期や路線ごとに提供される飲料のメニュー(リスト)を見ることが出来ます。

JALでは、現時点で公式ホームページ内の「機内サービスのメニュー→利用クラスを選ぶ→お飲み物」 で搭乗月と出発地・目的地を選んで検索することが出来ます。>>JAL機内サービスのメニュー(公式サイトより)

ANAの場合、公式ホームページの「機内食[国際線]メニュー→利用クラスを選ぶ」、出発地・到着を選んでドリンクメニューを見ることが出きます。>>機内食[国際線]メニュー(公式サイトより)

以上が、日本の航空会社(JAL、ANA)の国際線ビジネスクラス、ファーストクラスで出されるシャンパンとは!?でした。それでは、また!

Twitterでフォローしよう

オススメ記事