ランブルスコ

女子が大量買いをする光景も見たことがある、ランブルスコ。そんなランブルスコについて、まとめておこうと思います。

スポンサーリンク

ランブルスコとは!?

ランブルスコとは、

 イタリアのエミリア・ロマーニャ州で主に造られる、赤色が特徴の天然微発泡の赤ワイン(スパークリングワイン)のこと!

 

グラスに注ぐとまさに赤!見た目にも赤ワインがスパークリングワインになったというような印象を受けます。

ちなみに、産地であるエミリア・ロマーニャ州は、美食の地としても有名。パルミジャーノ・レッジャーノというチーズや、生ハム(プロシュート)、バルサミコ酢ー、ボロネーズなどが有名!

>>”ランブルスコ”を探す(楽天)、(amazon)

ランブルスコの甘辛度、表記について!

電球アイコン

甘辛度表記は下記の通り。シャンパンやその他スパークリングワインと表記の仕方が異なります。ランブルスコのボトルや各ランブルスコの名前に記載があることが多いですね!

  • Dolce(ドルチェ)、Amabile(アマービレ):甘口
  • Secco(セッコ):辛口

ちなみに、1つ例を出すと下記のランブルスコの場合、ラベルに記載がありました!赤線を引いた部分に、”Amabile(アマービレ)”の表記があるので、”甘口”と分かります。

ランブルスコ

ランブルスコが長けていること!女子がつい好きになってしまう、3つの理由とは!?

ランブルスコばかりをを大量買いしている女子が居る!なぜ、ランブルスコが良いのか!

実際に飲んでみると、”ランブルスコが他のワインより長けていて、女子を虜にしてしまう理由3つ”が見えてきます!その3つの理由は、下記の通り!

ビールより、”オシャレ”で他のワインより気軽で飲みやすいから!

ランブルスコ

ランブルスコって、美味しさが分かりやすいんですよね!個人的に言えば、ワインの中でもビールに近い印象を受けます。

手軽で気軽、そしてグビっと旨い!っていう感じ!笑

でも、ビールとは違う、オシャレ感があるんですよね~。

ビールよりもワンランク上、あくまでワインというところが、女心をくすぐります。

しかも、ランブルスコの”甘口”を選べば、甘いけれど、甘さが残らず、スッキリ!今までワインが苦手という方にとってはパラダイムシフトが起こるかも!?あまりの美味しさに、驚くはず。

さらに、価格もデイリーに楽しめるようなお手頃価格で気軽に買える!1000円未満のものもありますよね!

実際ランブルスコって、イタリアでは安いワインという位置づけだったそう。気軽に、デイリーでも楽しめるというような感覚。今はそんなランブルスコの印象を変えようと品質を重視する生産者も増えているようですが、価格はやっぱり手頃のものが多いです!

おつまみが簡単!女子が好きなイタリアンが楽しめる!

ワインっておつまみ選びも楽しみの1つですが、そのおつまみ選びが意外とストレスになる!ワインに合うとか合わないとか、欲しいものがなかなか売っていないとか、もろもろ負担になりかねない。

でもこのランブルスコ、生産地が、美食の地として有名で、イタリアの”パルマ産生ハム(プロシュート)”、イタリアのチーズの王様と呼ばれる、”パルミジャーノ・レッジャーノ””ボロネーゼ”とか、美食家と決して呼ばれていない我が家でも知っているレベルの有名なものが作られています!

なので、ランブルスコのおつまみは、同じ産地で作られているものを合わせれば良い!とーーっても簡単!

パルマ産生ハムとか、パルミジャーノ・レッジャーノとかって、粉チーズとしても販売されているし、固形のものも割と大きなスーパーで販売されているので、揃えるのも簡単!さらにボロネーゼやミートソース系のパスタ、ピザなどのやイタリアンって女子が好きで、日常的に作っている方も多いはずなので、気楽に用意できます。

>>”パルミジャーノ・レッジャーノ”を探す(楽天)、(amazon)
>>”パルマ産 生ハム”を探す(楽天)、(amazon)

アルコール度数が低め

ランブルスコって、アルコール度数が低め!

赤白ワインや、シャンパン、その他スパークリングワインのアルコール度数って、大体12.5%が多いんですよね。アルコール度数としては高めで、3杯くらい飲むと結構酔っちゃう!

でも、ランブルスコの場合、アルコール度数11%程度が多く、中には8%というものもあります!

なので、ワインのアルコールの強さが苦手という方でも若干飲みやすい!

甘辛度にもよりますが、他の赤ワインや白ワイン、シャンパン、スパークリングワインだと、飲みが進まないという方でも、ランブルスコだと気づいたら空っぽなんていうことがありえます。

逆に、他のワインより劣っているところってあるの!?

空に?の文字

個人的な印象だけれど、シャンパンや他の一部のスパークリングワイン、赤白ワインと比べると気軽さが勝るがために、深さがない。そんな印象は少なからず受けます。

ワインを飲んでいると感情を動かされることが多いのですが、ランブルスコに限れば、今のところ感情が揺れ動いたことがないんですよね。

ただ単に「美味しい!」、「爽やか!」という感じ。

ある意味美味しさが分かりやすし、気軽だけれど、ワイン好きさんの中には「物足りない」と感じる方もいらっしゃると思います。ワイン好きさんは、ビールで得られるような感覚とは全く違うものをワインに求めている方が多い気がします。

劣っているところを挙げるとすればそんなところかな~と。

ちなみに我が家の場合、ランブルスコは飲むタイミングを選んで楽しんでいます!ランブルスコを飲みたいタイミングって、感覚的に言えば金曜日の夜!とにかく何も考えずグビッと気軽に美味しく飲みたい、そんな気分の時にランブルスコが合っている気がしています!

以上が、『女子が好きなワイン、”ランブルスコ”とは!?”ランブルスコ”のどこが良いの!?』でした!

それでは、また!

>>”ランブルスコ”を探す(楽天)、(amazon)

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事