カーヴ

ドンペリの保存”のページでも伝えていますが、”ドンペリ”の自宅保存については、短期であれば冷蔵庫保存でもOKだけれど、長期となると”冷蔵庫”はNG。

でも、なぜ長期の冷蔵庫保存がダメなの!?冷蔵庫で保存すると”ドンペリ”はどうなるの!?

ということで、今回は、”ドンペリ”こと”ドンペリニヨン”の長期冷蔵庫保存がなぜNGなのか、詳しく理由をまとめておこうと思います。

ドンペリの長期冷蔵庫保存はNG!3つの理由と影響とは?

はてな

”ドンペリ”こと”ドンペリニヨン”の長期冷蔵庫保存がNGな理由は、下記3つ。

1.長期の低温保存は、”酒石”が出てきてしまうから!

酒石酸

【上記画像引用元】酒石はワインのダイヤモンド ! - MOT!WINE

”ドンペリ”を含むシャンパンを低温で長期保存してしまうと上記画像のような”酒石”という、ワインに溶け込んでいた成分の結晶が多く出てきてしまうと言われています。

酒石とは・・

ワイン醸造の際、発酵槽の底に生ずる結晶性沈殿。酒石酸水素カリウムが主成分。酒石酸の製造原料。

この”酒石”が出てきてしまうと、本来ワインにあったウマ味成分と結合してしまい、味が変化する可能性が出てきます。そして、一度出来た”酒石”は再度溶けることは難しくなります。
スポンサーリンク

2.ドンペリの豊かな香りが隠れて、酸が強くなる傾向があるから!

ドンペリ

これは、短期冷蔵庫保存でも、実際に実感出来る変化!特にドンペリの場合は、本来香りが豊かなので、温度によって香りの差が顕著に出ます。

ドンペリを”冷蔵庫保存”をした後、低温の状態ですぐに飲むと、香り(アロマ)はあまり感じられません。でも短期保存であれば、その後しばらくテーブルに置いておくことで少しずつ温度が上がり、香りも豊になる変化を感じ取ることができます。この香りの変化に感動することも!

また”低温”になればなるほど、”酸”や”フレッシュ感”を強く感じます。温度が高くなれば酸がやわらぐ印象があります。

これが長期にわたって保存されるとなると、”ドンペリ”を含むワインの香りや味わいに変化が生じる可能性があります。

スポンサーリンク

3.”冷蔵庫”は温度変化が激しく、時間と共にドンペリの味を損ねてしまう可能性があるから!

”冷蔵庫”は日常的に使うため、開け閉めも多く、温度を一定に保つことは難しくなります。なので、温度変化が激しく、日本の場合は四季も加わるので、冷蔵庫の扉の開閉する時期や時間によっても温度変化の幅は大きくなります。つまり、冷蔵庫はワインを保存する設備としては環境の変化が激しいということ。

そして、”ワイン”自体はというと、瓶詰されたあとでも、保存環境やワインによって熟成が進むと言われています。正しい環境でそのワインにあった適切な熟成が進めばより美味しく楽しめる一方で、熟成が過度になると劣化に繋がります。

ドンペリを含むシャンパンの場合は、飲むためにあえての”熟成”は必要はないけれど、「何年か寝かすと美味しい」、「高級シャンパンは100年も耐える」そんな意見が多数存在します。実際、私自身も5年間セラーで寝かせたシャンパンを飲んだことがありますが、あまりの美味しさに衝撃でした。よりまろやかになっている印象を受けましたね。

ただ、”冷蔵庫保存”の場合、その”熟成”の程度が全く分からず、まさに運次第。温度変化も激しく、”温度の上がり下がり”の積み重ねで、適切な熟成が進んでいるのか、劣化の道に進んでいるのかも分からない、そんなリスクが冷蔵庫保存は高くなります。

以上、これら3つが、”ドンペリの長期冷蔵庫保存がNGの3つの理由”です。

スポンサーリンク

”ドンペリ”を冷蔵庫保存する際の保存期間の目安とは!?

泡

”ドンペリ”を含む、”シャンパン”や”スパークリングワイン”を冷蔵庫保存する場合、個人的には最大で1ヵ月程度をオススメしています。

”1ヵ月程度”の理由は、期間の経過と共に温度変化の積み重ねも多くなり、劣化のリスクも増えて行くので、温度の変化幅が激しくなる”夏”の季節も踏まえて、1ヵ月程度が無難という結果に至りました。

以上が、『”ドンペリ”こと”ドンペリニヨン”、長期の冷蔵庫保存はなぜNGなの!?理由とは!?』でした。

オススメ記事

スポンサーリンク
関連キーワード
Recommend Posts