泡

よくワインを飲むシーンで、グラスに入ったワインを嗅ぐ場面がありますよね!それは、香りのテイスティングとも言われています。

ただ、私を含めて一般消費者さんの場合は、香りを嗅いだからと言って、なんとなく香りの特徴は掴めてもそれを具体的に言葉で表すのは至難の業。よほど嗅覚が良く、色々な食品や植物、スパイスの香りの記憶がある方であれば、香りを表現出来るかもしれませんが、一般的には何の香りかを嗅ぎ分けることってとても難しいです。

プロの方の場合、香りのトレーニングを積んでいる方が多く、実際、下記のように香りを学ぶための本やトレーニング用のキットがも販売されているほどなので、そもそも簡単には嗅ぎ分けは出来ないということ。

では一般消費者の場合は、どうしたら良いのかというと、一消費者としては、香りを嗅ぎ分けるのではなく、香りを楽しめれば良いのです。ということで、今回は、一般消費者として香りを楽しむべく、香りから何が分かるのか、香りのステージ(種類)について、まとめておこうと思います。

スポンサーリンク

シャンパンやスパークリングワインの香りから分かる3つのこと!

テタンジェ

一消費者として、香りから分かることと言えば次の3つが挙げられます。これらが分かれば十分。プロを目指すとなると、ワイン教室に通ったり、キットを購入したりとこれ以上にトレーニングが必要になります。

一消費者が”香り”から分かる3つのこと!

飲めるかどうか!シャンパン、スパークリングワインが健全か。

グラスに入ったスパークリングワイン

シャンパンやスパークリングワインが飲めるか(健全か)どうか、劣化していないか、これはそもそもワインを楽しむために必須なことですよね。そしてこの健全かどうかは、開けたシャンパンやスパークリングワインの香りで分かります。

劣化していれば、「おやおや!?」と異変に気付くはず。私自身、先日初めてそんなシャンパンに出会ったのですが、開けてすぐに、「なんか変だな」と違和感を感じました。飲むのを躊躇するような、不快な香りが漂うということ。もはや香りとはいえず、臭いという表現の方がしっくりきます。

ただ稀に若干不快な香りがしても、グラスに注いでみて空気に触れると、「大丈夫だった!」という場合もありますが、グラスに注いでみても「やっぱりなんだかおかしい」と感じた場合は注意が必要。購入したショップに問い合わせてみましょう。

香りの特徴!

花

この香りの特徴は、嗅ぎ分けるという意味ではなく、何らかの特徴を感じることが出来ます。例えば、お花の香りがするとか、ハチミツの匂いがする、青々しい草の匂いとか、柑橘類の果物の匂いとか、パンの香りとか、スパイシーな香りがする、バニラのような匂いとか。そんな大雑把な感覚で香りの特徴を把握し楽しむことが出来ます。

香りの変化!

グラス実験

シャンパンやスパークリングワイン、まず、香りの変化があるものと、変化がないものに分かれます。香りが変化するシャンパンやスパークリングワインは、時間と共に、そして温度が上昇するにつれて香りが変化するので、思わず感動してしまうもの。

ただ、先にもお伝えしましたが全てのシャンパンやスパークリングワインが香りが変化するというわけではありません。香りの変化が期待できるのは熟成期間が長く、高級なものに多いでですね。例えば、ドンペリもその1つ。逆にワンコインのものなどは、香りの変化は感じられないと思います。

以上が、シャンパンやスパークリングワインから分かる3つのことでした。では、次に一般消費者として知っているとより楽しめる、香りの種類や知識についてまとめておきたいと思います。

香りのステージ(種類)!

マネキネコ

香りは下記のような3つのステージ(種類)があって、そのステージ(種類)が分かっていると楽しみが倍増します。

第一アロマ(香り)

ブドウ畑

開栓後、シャンパンやスパークリングワインをグラスに注いだ直後の香りのこと。この第一アロマは、使われているブドウ品種による香りと言われます。なので、プロの方やワイン好きさんの中には、この第一アロマから使われているブドウ品種を当てられる場合があります。

香りの種類例:
柑橘系の果物(オレンジ、グレープフルーツ、レモン、ライムなど)、青りんご、梨、桃、ライチ、マンゴーなど)、葉、スパイスなど。

第二アロマ(香り)

シャンパン

シャンパンやスパークリングワインが空気と接触して出る香りのこと。この第二アロマでは、製法による香りや、発酵の際に出る香りと言われています。第一アロマを感じた後、しばらく経ってから香りの変化を感じたら、それは第二アロマ。香りの変化はとても面白く、楽しさが増します。

香りの種類例:
スパイス類(バジル、ミント、ローズマリーなど)、お花類、乳製品(バター、チーズなど)、果物など。

第三アロマ(香り)

ドンペリとロジャーグラート

この第三アロマは、シャンパンやスパークリングワインによって出るものと出ないものに分かれます。第二アロマが出た後、さらに時間が経ってからなので、早飲みしてしまうと感じられないかも!?

第三アロマはブーケとも呼ばれていて、熟成による香りや製造過程で樽が使われたことによる香りと言われています。つまり、全てのシャンパンやスパークリングワインに出るわけではないということ。個人的な経験から言うと、熟成期間の長い高級シャンパン(プレスティージュ)は、第三アロマを感じやすかったです。ちなみに、ドンペリもこの第三アロマを感じることが出来ました。

後は、樽香と呼ばれる樽(たる)由来の香りは、素人でも分かりやすいです。バニラとか、トーストやバターを焦がしたような香ばしい香りがしてとても癒されますね。

第三アロマは、複雑な香りが集大成として広がるイメージですね!

香りの種類例:

バニラ、トーストやブリオッシュ、コーヒー、タバコ、革製品、腐葉土、トリュフなど。

以上が、『シャンパン&スパークリングワイン、香りから何が分かるの!?香りのステージ(種類)とは!?』でした。

香りを嗅ぎ分けるのではなく、香りをありのままに感じて楽しめれば良い。そのために知っておくと良いと思う情報をまとめてみました!

シャンパンやスパークリングワインのステキな香りに癒されますように♡それでは、また!

Twitterでフォローしよう

オススメ記事