ルイロデレールクリスタル

予算から知る、シャンパンシリーズ!今回は、”10000円以上で選べるシャンパン”について、まとめておこうと思います。

>>予算3000円~5000円以内で選べるシャンパンとは!?
>>予算5000円~10000円以内で選べるシャンパンとは!?

お祝いや贈り物でシャンパンを探す際に、一番最初に浮かぶのが『予算』。実は、この予算をある程度決めると、どんなシャンパンが選べるかがおのずと決まります。

予算が1万円以上だとどんなシャンパンが選べるのか!?今回も一般的なフルボトル(750ml)を選ぶという前提で、話を進めていきますね!

スポンサーリンク

お祝いのシャンパン!1万円以上のシャンパンは、どんなシャンパンなの!?

1.1万円以上のシャンパンの特徴!

krug箱付き

1万円以上のシャンパンと言えば、高級シャンパン!特徴は下記の通り!

シャンパンランクは、”ヴィンテージシャンパン”から、”プレスティージュシャンパン”

ドンペリ ラベル

この予算のシャンパンは、”ヴィンテージシャンパン”、”プレスティージュシャンパン”!簡単に言えば、高級シャンパンということ!

>>【シャンパンとランク】ランクから知る、選ぶ、シャンパン!ヴィンテージシャンパンとは?プレスティ―ジュシャンパンとは?

ランクと値段の関係で言えば、「ノンヴィンテージシャンパン→ヴィンテージシャンパン→プレスティージュシャンパン」の順にお値段が高くなっていく傾向があります。(そうでない場合もありますが!)

ちなみに、ヴィンテージシャンパンの見分け方は簡単!上記、ドンペリのラベル写真にあるように、年号の記載(上記では、"2006”)がラベルにあれば、ヴィンテージシャンパン!そして、商品ページに”ミレジメ(Millesime)”という記載も多くありますが、”ミレジメ”とは、”ヴィンテージシャンパン”を意味しています。

スポンサーリンク

名入れなど、付加価値のついたシャンパンも該当!

上記でお伝えした、高級シャンパンではなく、ごく一般的な”ノンヴィンテージシャンパン”であっても、名前や記念日の刻印などの付加価値がついたものや、シャンパングラスとセットになったものなどは、1万円を超えるものが多数存在します!

名前や記念日などを入れてくれるサービスはサプライズ演出にもなり、贈り物の価値がぐっと上がります。

>>”名入れ”できるシャンパンを探す(楽天)、(amazon)

”高級シャンパン=美味しい”とは限らない!

シャンパングラスに注がれたロゼ

実は、この価格帯に該当する高級シャンパンには、玄人向きと感じられるものが多数存在します。どういうことかというと、ワインのプロが『これは美味しい!一度は飲んだ方が良い!』と評するシャンパンを、初心者が飲んだ際に、

『この値段で、こんなものなの!?お金がもったいなかったな・・』

と感じてしまう可能性があるということ。

なぜそう思ってしまうかというと、高級シャンパンの中には、価値を理解するのに、ワインの経験値や飲む技術を必要とするものがあって、素人さんだとその価値が理解できないからなんですよね。価値が理解できないと、いくら高級シャンパンと言われても、”美味しい”と感じることは出来ません。

シャンパンは、決して安くない!せっかく、費用を出すのであれば、素人でも美味しいと感じられるシャンパンか、記憶に残ってしまうような分かりやすいシャンパンであってほしい。

後に記述する、オススメシャンパンでは、ワイン玄人でなくても美味しいと感じたシャンパンや記憶に残るシャンパンを紹介しています。

スポンサーリンク

この価格帯(1万円以上)のシャンパン選びは、最も困難!?

予算からシャンパンを選ぶ上で、この価格帯が最も難しいと感じます。なぜなら、選択肢が広まって、様々なシャンパンが該当するようになるから

そもそも、シャンパンの価格は、スパークリングワインよりも高め。1万円以上ともなると、白、ロゼ、辛口、甘口、ノン・ヴィンテージシャンパン、ヴィンテージシャンパン、プレスティ―ジュシャンパン、名入れ等のシャンパンなど、様々な種類のものが該当してしまい選択肢がぐっと増えます。

選択肢が増えてしまうと、決めるのに迷いが生じて、ストレスがかかりがち。たくさんの時間を費やして迷った挙句に、選べずにシャンパン選びを断念する・・、そんな可能性が高い価格帯なんです。

なので、この予算帯では、どんなシャンパンを選ぼうかある程度決めおくのがオススメ!例えば、ロゼシャンパンにする!とか、有名な高級シャンパンにする!とか甘口シャンパンにする!など、どれか1つでも決める条件があると、シャンパン選びが楽になります。

>>お祝いシーンや予算に応じて、簡単にシャンパンを探す!(シャン・スパギフト!)

スポンサーリンク

2.どんなシャンパンがあるの!?オススメシャンパンは!?

ここでは、ワイン玄人さんでなくとも、開けて美味しいと感じられるシャンパンに絞って、紹介していきます!

”クリュッグ”


上記ラベルを見ると、年号の記載がないので、ランクでいえば一般的な”ノン・ヴィンテージ”なのですが、このクリュッグに関しては、”マルチヴィンテージ”と呼ばれ、クリュッグから出される全てのシャンパンが、”プレスティージュシャンパン”(最高級)に該当します!

そして、このクリュッグ、高級シャンパンに多い、近寄りがたい雰囲気が全くない!誰にでもオープンで陽気にしてくれる高級シャンパン!

初心者でも玄人でも、分け隔てなく迎えてくれる高級シャンパンです!

>>”クリュッグ”を探す(楽天)、(amazon)

”ドンペリニョン(ドンペリ)”


シャンパンと言えば、日本中で最も知られている”ドンペリ”。『ドンペリ』は、”高級”、”特別”というようなイメージが浸透しているので、とっても分かりやすい高級シャンパン!

ただし、ドンペリの場合、高級シャンパンらしい閉ざされた感覚が最初はあるので、素人さんが楽しむためには、ゆっくりと飲む必要があります

>>【初めての”ドンペリ”、飲む前の注意書き3つ!】その飲み方もったいない?初めてのドンペリに潜む落とし穴!

シャンパン含む発泡性ワインは、飲みやすいのでゴクゴクと飲んでしまいがちですが、温度変化を楽しみながらゆっくり飲むことが大事。冷えすぎていると、ドンペリの本来の凄さを感じずに終わってしまうので、注意が必要です。

>>ドンペリを探す(楽天)、(amazon)

”ペリエ・ジュエ ベルエポック”


とにかく、一度観たら忘れられないほど魅力的なデザインの、高級シャンパン、”ペリエ・ジュエ ベルエポック”。シャンパン名である、”ベル・エポック”とは”美しき良き時代”というメッセージ性のある意味で、贈り物の価値をさらに高めてくれます。

>>”ペリエ ジュエ ベル エポック”を探す(楽天)、(amazon)

 

以上が、”1万円以上で選べるシャンパン!オススメシャンパンは!?” でした!

それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

Reccomend