はてな

「予算1000円代で、ギフトで良い”シャンパン”&”スパークリングワイン”ってありますか!?」という質問を先日いただきました。ということで、この質問についてまとめておこうと思います。

スポンサーリンク

予算が1000円台なら、シャンパンはなく、選択肢はスパークリングワイン!

泡

そもそも質問を頂いた方は、”シャンパン”と”スパークリングワイン”の差が分からないということだったのですが、そもそもスパークリングワインは発泡性ワインの総称で、各国の全ての発泡性ワインのことを意味しています。一方で、シャンパンとは、フランスのシャンパーニュ地方で造られている一部の限定的なスパークリングワインのこと。シャンパンと呼ばれるには、フランスのワイン法で定められている厳しい条件をクリアしている必要があり、下記画像のようにシャンパンであればボトル上やラベルの上に必ず"Champagne(シャンパーニュ)という記載があります。

ペリエジュエ

ちなみに日本においては、シャンパンのことをシャンパン、それ以外の発泡性ワインのことをスパークリングワインと呼ぶ傾向にありますね。そんなシャンパンですが、フルボトル1本(750ml)最低でも3千円台後半~が目安と考えるのが無難。他のスパークリングワインは、ワンコイン(500円程度)から見つかりますが、シャンパンの場合は最低価格がその他スパークリングワインに比べて高めになります。なので、予算1000円台で探すとなると、必然的に選択肢はスパークリングワインになります。

スポンサーリンク

え?でも、1000円台のシャンパンあるけど?

大手酒屋さんや、ネット上でシャンパンを探すと、確かに1000円台のシャンパンが僅かながら見つかります。上記の商品画像もこの記事を書いているときは、1998円(税込)で販売されていました、ほとんど2千円ですが、1千円台といえます。

もちろん、どうしてもシャンパンにこだわりたいという方は、こういった1000円台のシャンパンでも良いと思いますが、シャンパンを含むワインを普段飲んでいてシャンパンの相場が分かっている身としては、1000円台のシャンパンを飲むのであれば、1000円台スパークリングワインを飲みたいですね。相場が分かっている分、ちょっとケチったのかなという捉え方が出来てしまう懸念もあり、プレゼントやギフトでも同じですが、1000円台のシャンパンであれば、1000円台のスパークリングワインの方が個人的には嬉しいです。

スポンサーリンク

予算1000円台、プレゼントや手土産ギフトにもオススメのスパークリングワイン!

【価格】1千円台前半~*価格は変動します。

プレゼントやギフトとしても使えることを考えると、見栄えも気にしたいところですよね。そんな期待に応えられる1本としてまず紹介したいのが、上記の「サンテロ プロセッコ」。イタリアの辛口のスパークリングワイン(スプマンテ)なのですが、サンテロといえば、下記のように白やロゼを含めて種類があり、価格もリーズナブルなことから人気が高いスパークリングワイン。

特に、黄色ラベルの白(ピノ・シャルドネ)は、税込1000円未満で販売されていることも多い上に、有名ワイン漫画の「神の雫」に登場したことからとても有名です。その中でも、先に紹介した水色ラベルのプロセッコ(グレラー種というブドウ品種から造られているスパークリングワイン)は、あまり店頭で見かけることがなく割と特別感があるのと、柑橘系の爽やかさが広がり美味、すっきりとした飲み口で食事の邪魔もせず、飲みやすいためオススメとして選んでみました。>>”サンテロ プロセッコ”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

次に紹介するのは、贈り物を考えて選んだスパークリングワイン、「ガヴィオリ スプマンテ フラワーボトル」

【価格】1千円台前半~*価格は変動します。

イタリアの辛口スパークリングワイン(スプマンテ)なのですが、まるで桜が待っているかのようなボトルデザインは美しく、日本人として心に残りますよね。桜は多くの人の心を和ませる花、そんな花が描かれたスパークリグワインとなれば、贈り物の価値をグンと上げてくれます。ちなみに、味も飲んでみましたが美味しいですよ!爽やかでフレッシュさがあり、甘さも若干感じられるスパークリングワインです。>>”ガヴィオリ スプマンテ フラワーボトル”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

3本目に紹介するのも第一印象抜群のスパークリングワイン、「フィオーレ・デル・アモーレ」

【価格】1千円台~*価格は変動します。

こちらもイタリアの辛口スパークリングワイン(スプマンテ)。爽やかさがありこちらも普通に美味しいのですが、魅力はなんといってもボトルデザイン。逆さにすると赤いバラの花束になるようにデザインされています。

デザインの由来は、ヨーロッパで女性の家に男性が招かれたら花束と1本のワインを持参するという風習から。そんな背景も含めて、女性へのプレゼントにオススメです。>>”フィオーレ・デル・アモーレ”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

そして最後に紹介するのが、オーストラリアのスパークリングワインの「イエローグレン」

【価格】各1千円台前半~※価格は変動します。

上記商品画像は、イエローグレンの中でも”イエローグレンカラーズ”といって、デイリーに楽しむためのスパークリングワインとして造られたもの。ポップでモダンなデザインが魅力的で、ちょっとした手土産にオススメ。種類も、”classically(古典風)”と表現されるイエロー(辛口・白)、”pretty(可愛い)”と表現されてるピンク(甘口・ロゼ)、”easy-breezy(気軽で陽気)”ホワイト(やや甘口・白)、”bold and daring(大胆)”と表現されるレッド(辛口・赤)の4種類があり、気分やシーンによって選べる楽しさがあります。>>”イエローグレン カーラーズ”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

他には、「ボタニックスシリーズ」として、下記のようなフェミニンなボトルデザインのスパークリングワインも販売されています。

【価格】各1千円台後半~*価格は変動します。

上記商品画像の左が”成功を祝う”がテーマの”ピノノワール シャルドネ”(辛口・白)、真ん中が”愛らしさを楽しむ”がテーマの”ピンク モスカート”(甘口・ロゼ)、右が”甘い一時を”がテーマの”プロセッコ”(辛口・白)です。カラーズに比べると、上品さがアップするので、目上の方へのギフトや、上品さを演出したいシーンでオススメです。>>”イエローグレン ボタニックス”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

 

以上が、「予算1000円台、手土産ギフトやプレゼントにオススメのシャンパン、スパークリングワイン!」でした。ボトルデザインが魅力的なスパークリングワインは、贈り主の印象をアップさせてしまうかも!魅力的なスパークリングワインを贈って、センスの良さをアピールしちゃいましょう。

それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事