シャンパングラスと海

「シャンパン」とは、スパークリングワインの1種で、フランスのシャンパーニュ地方で生産される一部のスパークリングワインのこと。「シャンパン」と呼ばれるには、フランスのワイン法で規定された条件を満たす必要があるため、実はシャンパンは下記図のように、とても限定的なスパークリングワインなのです。

ワインを知る図

そんなシャンパンですが、その他のスパークリングワインに比べると、知名度は抜群。フランスのワイン法で規定されているため品質も安定していると言われていますが、その分高価というイメージが根付いています。そんなシャンパンだからこそ、なるべく安く手に入れたいですよね。

ということで、今回は「安いシャンパン」について、相場や安い理由、注意点やオススメなど、まとめておこうと思います。

スポンサーリンク

シャンパン、安くていくらから!?安いシャンパンの相場!

泡

シャンパン、最も安いもので、フルボトル1本(750ml)2千円程度~販売されています。実際、1千円代後半から販売されてますが、大体2千円という認識でOK。ただ、この2千円程度のシャンパンの場合、聞いたことがないような、知名度の低いシャンパンブランドが大半です。>>3000円未満のシャンパンを見てみる(楽天市場)(amazon)(Yahoo!ショッピング)

下記のシャンパンもこの記事を書いているときは2千円程度で販売されていました。

【価格】2千円台~*価格は変動します。

一方、有名で知名度や話題性のあるシャンパンブランドとなると、安くて3千円代後半~。雑誌に掲載されていたり、大手シャンパンブランドということで見る機会も多くなるため、このあたりのシャンパンから価値の共有がしやすくなります。

でも、「安いシャンパン」、ネット上で探すにあたって、ちょっと注意が必要なんですよね。というのも、本来シャンパンではないスパークリングワインがまるで「シャンパン」かのように販売されていることが多々あるからです。

スポンサーリンク

注意!「安いシャンパン」、それシャンパンじゃないかも!?

気づきのマーク

特に大手ショッピングサイトを利用する場合に注意が必要なのですが、検索ボックスに「シャンパン」と入れて検索すると、実はシャンパン以外のスパークリングワインも多々ヒットしてしまいます。つまり、シャンパンを購入したつもりが、シャンパンではないスパークリングワインを買ってしまうリスクがあるということ。

「では、もっと条件を詳細に設定して検索しよう」

となりますよね。

シャンパンは、フランスのシャンパーニュ地方で造られる一部のスパークリングワイン。そしてフランスのワイン法で定められている条件を満たしたもののみ、「シャンパン」と呼ぶことができます。

となると、検索ボックスの「シャンパン」に加え、カテゴリーは「スパークリングワイン・シャンパン」を選び、国名は「フランス」、地方は「シャンパーニュ地方」を選んで検索し直します。しかし、

それでも、一部のスパークリングワインがシャンパンとして出てきてしまうのです。これはお手上げ状態。

では、どうすれば良いわけ!?

こうなると、最後は自分で見分ける必要があるということになります。

ということで、次はシャンパンの見分け方を伝授しましょう。シャンパンの見分け方、申し訳ないくらいに簡単です!

こんなに簡単だったの!?シャンパンの見分け方!

クリュッグ

シャンパンの見分け方は実はとても簡単。シャンパンの場合、上記のようにボトルやラベル上に必ず、「Champagne(シャンパーニュ)」という記載があります。(全て大文字の場合もあるし、先頭文字だけ大文字で後は小文字のこともあります。)

なので、まずは商品画像を見て、「Champagne(シャンパーニュ)」の記載があるかを確認しましょう。また、可能性は低いとは思いますが万が一、掲載画像の間違いがある場合を考慮して、商品詳細で、「シャンパン」である旨の記載があるかも併せて確認されること、オススメしています。>>3000円未満のシャンパンを見てみる(楽天市場)(amazon)(Yahoo!ショッピング)

そんなシャンパンですが、同じショップ内、同じ銘柄のシャンパンでも価格差があることがあります。安いシャンパンななぜ安いのか、見ていきましょう。

値段が安いシャンパン、なぜ安い!?安いシャンパンの特徴!

泡

ズバリ、安いシャンパンの理由や特徴は下記の通り。いずれに該当するはずです。

1つずつ、もう少し詳しく見てきましょう。

熟成期間が短い。

シャンパンは、シャンパンランクによって最低熟成期間の条件があります。安いシャンパンのほとんどは、シャンパンランクでいう最もスタンダードな「ノン・ヴィンテージ」に該当しており、ノン・ヴィンテージシャンパンは、最低でも15ヵ月間の熟成期間を経る必要があります。

ただ、大手シャンパンブランドのノン・ヴィンテージシャンパンの多くは、それを遥かに上回る熟成期間を設けているところが多々あり、その熟成期間の長さに比例するように価格が高価になる傾向があります。

使われているブドウや果汁の品質が値段なり。

葡萄畑

シャンパンは、そもそもフランスのワイン法でブドウ品種や醸造・栽培条件などが細かに規定されていることから、ある一定の品質が保たれていると言われています。

それでも、その範囲内で、原料であるブドウや果汁の品質に差は出てきます。安いシャンパンの場合、使われているブドウや果汁の品質は安いなりの品質と考えるのが無難です。

シャンパンの中には、水っぽかったり、深みがなかったり、「シャンパンらしくない」というような感覚に陥るものが少なからず存在します。

生産者(ブランド)の知名度が低い。

2千円程度の安いシャンパンとなると、聞いたことのないブランド名やシャンパン名のものが大半。つまり、知名度は低いシャンパンということになります。

並行輸入品。

これは、全く同じシャンパンに価格差が生じている場合の「安い方(ほう)」に該当する理由。ワインには、「正規品」と、「並行輸入品」というものがあります。

正規品とは、その名の通り正規のルートを通って、輸入されたシャンパン。逆に並行輸入品は、正規ルートではなく、個人や法人などが各々の責任において輸入して販売されるシャンパンのこと。

なので、保存環境や品質などにおいては、「正規品」の方が輸入ルートや品質管理が明確なためより安心感があります。その分、「並行輸入品」よりはちょっと高め。

だからといって「並行輸入品」は、良くないのかと言われると、そうでもありません。「並行輸入品」でも、「正規品」と同じような品質が保たれている場合は、まさに良いものを安価で購入できるのでお得と考えられます。

ちなみに私自身、並行輸入品を多々購入していますが、劣化しているものが届いたことはほとんどなく、私の経験上、確率としては低いです。ただ、目上の方や、正式なお祝いなど失敗したくない贈り物の場合は、「正規品」の方がオススメです。

ラベルや箱に傷や汚れがあるから。

これも、上記と同様、全く同じシャンパンに価格差が生じている場合の「安い方(ほう)」に該当する分かりやすい理由。シャンパン自体の品質に問題がなくとも、ラベルや箱に不良がある場合は、安く販売されています。

「箱」なし。

パイパーエドシック レア ヴィンテージ

これも、同じ銘柄のシャンパンに価格差が生じている場合の「安い方(ほう)」に該当する理由。大手や有名ブランドのシャンパンの多くは、ラベルと共にデザインされた正規箱があります。

特に有名ブランドのものはデザイン性に優れていて、上記のように箱自体も魅力に感じるものも。

こういった「正規箱」が付いているシャンパンの場合は、「箱なし」のものよりも価格が若干高くなります。その分、「箱なし」より見栄えは豪華。高級さや品が出て、正式感を印象付けてくれます。

キャンペーンや期間限定のイベント、セールの対象。

これは、最も分かりやすい安い理由ですね。完全にお得なシャンパンです。

安いシャンパン、オススメは!?

泡

予算が3000円未満の「シャンパン」を探している場合は、種類も少なく差もさほど出ないため、ラベルやデザインで好きなものを選ぶのがオススメ。>>3000円未満のシャンパンを見てみる(楽天市場)(amazon)(Yahoo!ショッピング)

ただ、注意!「安いシャンパン」、それシャンパンじゃないかも!?で先にお伝えした通り、購入しようとしているシャンパンが本当に「シャンパン」なのかはしっかり見極めましょう。

予算が3千円以上ある場合で、安いシャンパンのオススメは下記3本。

まず1本目は、「パイパー・エドシック ブリュット」という白・辛口シャンパン。

【価格】3千円代後半~※価格は変動します。

このパイパー・エドシックというシャンパンは、マリリン・モンローが愛飲したことでも有名で、カンヌ国際映画祭の公式シャンパンとしての知名度も抜群。とても陽気に明るい雰囲気にしてくれるシャンパンで、ワイン初心者さんも美味しく楽しめるオススメのシャンパンです。>>パイパー・エドシック ブリュットを見てみる(amazon)(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

次に紹介するのは、「ランソン ブラックラベル(白・辛口)」。

【価格】3千円代~※価格は変動します。

このランソンは、テニスのウィンブルドン国際大会の公式シャンパンとして有名なシャンパンで、爽快感や爽やかさが記憶に残る、特徴的なシャンパンです。>>ランソン ブラックラベルを見てみる(amazon)(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

最後に紹介するのは、「GHマム コルドン ルージュ(白・辛口)」。

【価格】3千円代後半~※価格は変動します。

この「GHマム」見たことがある方も多いのではないでしょうか。以前まで、F1レースの公式シャンパンだったことから、表彰台で豪快に開けられたことから、「勝利」という印象が強いシャンパン。赤いリボンが掛った品のあるボトルデザインは、フランスの最高勲章である、レジオン・ドヌールがモチーフ。見た目にも品のある印象が残るシャンパンです。>>G.H.マム コルドン ルージュを見てみる(楽天市場)(amazon)(Yahoo!ショッピング)

以上、「安い」にこしたことはないけれど、「安い」はちょっと心配。そんな気持ちに応えられるよう、「安いシャンパン」についてまとめてみました。それでは、また!

Twitterでフォローしよう

オススメ記事