ヴーヴクリコ箱付

贈り物などで、シャンパンをネット上探していると、『全く同じシャンパンなのに、価格差があることに気づきます。

「価格差で一体何が違うのか!?」、「安い方は、何かデメリットがあるの!?」

ワインを普段飲まなかった頃は、価格差の違いに困惑して、一気に不安に!でも、日々ワインを購入するようになり、”安い”シャンパンには、ある程度決まった理由があることが分かりました!

ということで今回は、”「同じ銘柄のシャンパンなのに、なぜ価格差があるのか。」、「安いシャンパンは、どういうシャンパンなのか!?」、安さの秘密について”まとめておこうと思います!

スポンサーリンク

『同じシャンパンなのになぜ安い!?』、その『安さ』の”カラクリ”とは!

はてな

ズバリ、同じ銘柄で価格差がある場合は、下記のいずれかの理由に該当します!つまり、下記に該当するシャンパンの場合は、『安く』なります!

少し詳しく説明していきますね!

1. ラベルや、箱に傷や汚れがあるから!

ポメリ―

これは、誰にでも分かりやすい”安さ”の理由!シャンパン自体の品質に問題がなくとも、ラベルや箱に不良がある場合は、安く販売されています。

ただし、お祝いや贈り物としてシャンパンを贈る場合、ラベルや箱に傷や汚れがある商品は適さないですよね!実際に、ショップによっては、”傷や汚れ”から低価格で販売しているものは、ラッピング対象外としているところがあります!

スポンサーリンク

2.並行輸入品だから!

飛行機

ワインには、”正規品”と”並行輸入品”があります。正規品とは、その名の通り正規のルートを通って、輸入されたシャンパンだということ。逆に並行輸入品は、正規ルートではなく、個人や法人などが各々の責任において輸入して販売しているということ。

なので、保存環境や品質などにおいては、”正規品”の方が輸入ルートが明確で品質管理が一定して管理されているのでより安心感があります。ただ、だからといって”並行輸入品”は、良くないのかと言われると、そうでもないんですよね。”並行輸入品”でも、”正規品”と同じような品質が保たれている場合は、まさに良いものを安価で購入できるのでお得でしかない。

ちなみに我が家は、並行輸入品を購入していますが、今まで不味かった、劣化しているものが届いたことは1度もないんですよね。ただ、目上の方や、正式なお祝いなど失敗したくない贈り物の場合は、”正規品”の方がオススメです!

スポンサーリンク

3.”箱なし”だから!

ペリエジュエ箱付き

シャンパンは、多くのブランドが、ラベルと共にデザインされた正規箱というものがあります!上記のものは、”ペリエ・ジュエ ベル・エポック”というブランドのシャンパン。下記は、ドンペリの箱。

ドンペリの箱

ブランドによってデザインが異なり、つい集めたくなるほど!ただ、やはり正規箱付シャンパンは、箱なしのものよりは高く販売されています

見栄えでいえば、箱付の方が、高級感やフォーマル感が出ますが、ショップによってはラッピングが充実していれば、箱付でなくても贈り物としては十分な見栄えになります!例えば、下記は我が家で箱付ではなく、ボトル単体で注文したものですが、簡易ラッピングをお願いして届いたもの。個人的には、贈り物として十分ステキでした♡→ショップは、ヴェリタス〜輸入直販ワイン専門店さん!

ドゥブル

>>わざわざリピートしちゃう!シャンパン、スパークリングワインギフト、ラッピング対応が素敵な、ショップ3選!

なので、箱付でないシャンパンは、『お得』という捉え方もできます!

スポンサーリンク

4.ラッピング対応がないから!

フェッラーリ

安値で販売する代わりに、ラッピング対応は一切しないというショップが存在します。いわゆる手の掛かることはしない代わりに安く提供するということ!

ラッピングがないので、到着すると、緩衝材が巻かれたままの状態だったり、贈り物として「うーん」とちょっと考えてしまうデザインの箱で届いたりすることもあります!

自宅用や、ごく親しい方への贈り物であれば、お得という捉え方もあるかもしれませんが、お祝いや贈り物としてシャンパンを贈る場合には、若干リスクがあるかなというのが、個人的な印象です。

スポンサーリンク

5.キャンペーンや期間限定のイベント、セール開催のため!

この場合は、完全に『お得!』という状況。”正規品”であれ、”並行輸入品”であれ、通常販売している価格より安く販売されるので、お得でしかないですよね!この安さの理由は分かりやくて、とってもシンプルです!

 

以上が、"同じシャンパンなのに、価格差がある理由!安さの秘密!" についてでした!

それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事