シャンパングラスと夕焼けの海

これは、実は我が家で起きたこと。とにかく高評価で高級と呼ばれ、人生で1度は飲みたい・・なんて言われる有名なシャンパンを飲んでみた時のこと、どう頑張っても、

美味しくない。楽しめない・・。

こんな事が起きてしまいました。もはや、気持ちが沈んで、飲み進められないほど重い空気が流れ、美味しいとすら感じられない状態になってしまったのです。

これでも飲み始めは、なんとか美味しいと思おうと頑張っていました。なぜなら、フルボトル1本(750ml)数万円のシャンパンは、一般消費者にとってそれはそれは高価に感じ、美味しさへの期待が高かったから。それに、ワイン関連の本でワインプロの方が「一生に1度は飲みたい」と説明しているようなシャンパンだったからです。

でも結局、なぜ美味しいといわれるのか一切理解できずに飲み終えてしまい、とてもショックでした。

でも実はこの「美味しくない」と感じてしまうことは、よくあることなんですよね。高級シャンパンや、高評価のシャンパンで楽しめないものって意外と多いのです。私の経験上、高価なシャンパンほど、同じように楽しめないことがありましたね。

そんな時、飲み手としては様々な感情が渦巻きます。美味しさが理解できないことに『不安』や『落胆』、『恥ずかしさ』、『悔しさ』、『申し訳なさ』、『怒り』など、とにかく複雑な感情が出てきます。

なぜ、こんなことが起こるのでしょうか。高評価の高級シャンパンが美味しくないと感じてしまうのは下記2つの理由があります。

スポンサーリンク

高級シャンパンは、飲み手の期待値が高すぎてしまう!

シャンパングラス

高級シャンパンが美味しくない、楽しめないと感じてしまうの理由の1つは、”飲み手の期待値が高すぎるから”です。多くの人はシャンパンを含むワインに対して、支払った費用が高ければ高いほど、美味しさも増す”と思い込んでいます。

こんなに高価なんだから、当然美味しいはず。

そんな風に無意識に感じています。でもある意味これは当然のこと。”安物買いの銭失い”っていう言葉あるくらいだから、そう感じるのはごく自然なことですよね。だから高級シャンパンはそもそも飲む前の期待値がものすごく高くなりやすいのです。

でも、シャンパンを含むワインはそう単純ではなく、次の2つ目の理由で詳しく説明していますが、高価になればなるほど、美味しさを感じるのに難しさが増す傾向にあります。

そうなると、「あれ?」となるわけです。一口目から美味しさに感動するはずだったのに、”期待外れ”。あまりのギャップに、怒りや様々な感情を含めて「美味しくない」と落胆してしまうのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

高級シャンパンは、飲み手を選ぶ!?

高級シャンパンが美味しくない、楽しめないと感じてしまう2つ目の理由は、”高級シャンパンは飲み手を選ぶから”です。高級シャンパンというと、シャンパンランクで言えば一般的な”ノン・ヴィンテージシャンパン”ではなく、大体が”ヴィンテージシャンパン”、”プレスティ―ジュシャンパン”に該当します。

最もスタンダードであるノン・ヴィンテージシャンパンは、様々な年に収穫されたブドウで造られるワインをブレンドして造られ、品質も安定しやすいと言われています。そんなノン・ヴィンテージシャンパンは、いわゆる大衆化したシャンパンであり、簡単に言えば誰もが美味しいと思えるように造られています。だからこそ、美味しさも分かりやすくなります。

一方で、高級シャンパンと呼ばれる、”ヴィンテージシャンパン”や”プレスティージュシャンパン”になると、大衆化が目的ではなく、簡単に言えば各ブランドや生産者の”こだわり”を強く表現する個性派シャンパンになります。例えば、ブドウの品種にこだわりがあったり、ブドウの収穫年にこだわりがあったり、限定された畑から収穫されるブドウにこだわったり。

こういうこだわりが前面に出る高級シャンパンは、ある意味、”玄人向き”のシャンパンなのです。

なぜなら、シャンパンやワインの経験値がなければ比べる基準がないので、”こだわり”や”違い”も分からないからです。その高級シャンパンの良さやこだわりが理解できなければ、おのずと美味しさや価値は感じられません。となると、美味しさや価値を見出す上で、高級シャンパンは、飲み手を選ぶということになります。

もう少し分かりやすく説明するために、”ドンペリ”に間違われた”スパークリングワイン”の話しを例えにしてみましょう。

スポンサーリンク

高級シャンパンは、飲み手を選ぶ。ドンペリに間違われたスパークリングワインの例!

”ドンペリ”も実は、高級シャンパンらしく、その美味しさや価値を理解するのに少し時間がかかります。時間をかければ、素人さんでもその美味しさを実感できるけれど、グビグビ飲んでしまうと、『あれ?こんなものなの?』という感覚に陥ります。

>>【初めての”ドンペリ”、飲む前の注意書き3つ!】その飲み方もったいない?初めてのドンペリに潜む落とし穴!

つまり、”ドンペリ”も、飲み方によっては、”美味しくない”と感じる可能性が多いにあるということ。

その難しさの証拠となるのが、価格がドンペリの1/10以上の下記”ロジャーグラート カヴァ ロゼ”というスパークリングワインが、ドンペリロゼに間違われたという話しから分かります。

どういうことかというと、とあるTV番組で、”ドンペリ ロゼ”と上記の”スパークリングワイン”を見分けがつかないようにグラスに注いで出し、”どちらがドンペリ ロゼか”を当てる企画がありました。その時に、複数の有名人が、このスパークリングワインを”ドンペリ ロゼ”と勘違いしたのです。間違えた有名人の中には、ワイン好き、ワインに詳しい方も居たという話し。

この”間違い”が、高級シャンパンの『難しさ』を表しています。

ドンペリ ロゼに間違えられたスパークリングワインはいわゆる大衆化タイプで、美味しさが分かりやすいのです。飲んだ瞬間1口目から力強さがあり、美味しさが感じられます。もし、価格を知っていればリーズナブルなので、期待値が低い分美味しさが最初にドカンと来る。シンプルに『美味しい』と感じやすいんです。

一方で、ドンペリロゼは、収穫年とぶどう品種にこだわって造られた、高級シャンパン。特に、ドンペリは力強さを売りにしているわけではなく、”ロゼ”の場合はブドウ品種の”ピノ・ノワール”に重点を置いて造られているため、決して大衆向けのシャンパンではありません。よって、単純な美味しさがあまり感じられないのです。

つまり、『美味しさ』で選ぼうとすると、ドンペリよりもその安価なスパークリングワインの方が断然分かりやすくなります。だからこそ、ドンペリロゼと間違えてしまったと考えられます。

でも、高級シャンパンの中には、最初から美味しいと感じられるものもあります。最後にそんなシャンパンを紹介しておきましょう。

スポンサーリンク

美味しさが分かりやすい!オススメの高級シャンパンは!?

【価格】2万円台~*価格は変動します。

一般消費者でも初心者でも美味しいと感じやすい高級シャンパンでオススメなのは2本。一本目は、上記の”クリュッグ”です。簡単に言ってしまえば、お金持ちなのに一切気取らない、誰をも迎え入れてくれるような陽気な高級シャンパンです。「美味しかった」その記憶がずっと抜けません。

>>”クリュッグ”を見てみる(楽天)、(amazon)

2本目は、下記の”テタンジェ コント・ド・シャンパーニュ”。

【価格】1万円台~*価格は変動します。

まるで、上流階級の華やかな舞踏会に参加しているかのうような気分になります。品格が高いのに、居心地が良く、気取らず陽気でつい長居してしまう感覚になり、美味しさに感動した記憶があります。

>>”コント・ド・シャンパーニュ”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

ついつい過剰な美味しさを期待してしまい、美味しさが分かりづらくもある高級シャンパンですが、記憶に残り感情を動かすのも高級シャンパン。だからやめられないのです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事