ドンペリコルク

最近、シャンパンを飲んでいて、ある人がふと言った一言、

『”高級シャンパン”は、全ての人が好きなわけではないだろうね。』

この意味は、『シャンパンの中には、飲む手が気を遣うシャンパンがある』ということでした。そして、私のような一般人からしたら、高級シャンパンは、その『気を遣うシャンパン』に該当するものが多いと感じます。

その『飲む側の気遣い』、飲む状況や贈る先によっては、『高級シャンパン』のデメリットにになりえます。もちろん、このデメリットは、贈る相手や、飲む状況によっては、最大のメリットにもなるのですが・・。

今回は、そんな『高級シャンパン』のデメリットについて、『気遣い』という側面からまとめていこうと思います。

スポンサーリンク

『高級シャンパンと気遣い』、『気遣い』が起こすデメリットとは!?

はてな

前回の記事で、シャンパンにもランクやグレードと呼ばれる分け方があり、そのランクやグレードについて、まとめました。

>>【シャンパンとランク】ランクから知る、選ぶ、シャンパン!

高級シャンパンというと、"プレスティージュシャンパン""ヴィンテージシャンパン"を思い浮かべますが、その中には、"ドンペリ"を含め、普段ワインを飲まない方でも聞いたことのある名前やブランドがあります。なので、「シャンパン」というと、手に取りやすいのが聞いたことのある、有名なブランドの高級シャンパン!

でも、その中には飲む側に「気遣い」が必要なシャンパンがあり、多少なりとも飲む側に「負担やストレス」がかかるものがあります。

ワインのプロ、資格をお持ちの方、普段からワインが大好きで飲まれている方にとっては、そんな『気遣い』が逆に楽しく、本来のワインの良さを引き出す方法や忍耐を持っていることでしょう。そして、『気遣い』をした先に、本来のワインの良さを引き出せた場合・・、ワインによって感情が動くというような感動にも出会えます。

でも、素人や、ワインを普段飲まない方にとっては、その『気遣い』は逆に”難しさ”や”分からないストレス”、”大して美味しくない”、そんな認識を引き起こしかねないんですよね。これが、高級シャンパンに潜むデメリット、”飲む側に気遣いを要し、負担やストレスになる可能性があること”を意味します。

もう少し詳しくまとめていきますね!

スポンサーリンク

なぜ、高級シャンパンには”気遣い”や、”忍耐”が要るの?

ドンペリ

なぜなら、ズバリ!『高級シャンパンは個性が強いから!』なんです。なぜ個性が強いと気遣いが必要なのかというと、理由は下記の通り。

適切な環境やタイミングで開けないと本領発揮しないものがある!

泡

高級シャンパン(いわゆる"ヴィンテージシャンパン""プレスティージュシャンパン")のの場合、熟成期間が長いからか開けてすぐに『わぁ美味しい!』とならないものが結構あります。まだ眠っている感覚っていうのかな。

>>【シャンパンとランク】ランクから知る、選ぶ、シャンパン!

特に、自宅にセラーがない場合は冷蔵庫保存しますよね、そうすると開けてすぐだと冷え過ぎていて香りも広がらないので、なんだか『これが高級シャンパンなの!?』と過小評価に至ったことが何度もあります。でもね、温度が上がっていくと『あれ!?』という具合に香りが広がり一気に『わぁすごい』と印象が変わったり。

そんな高級シャンパンがある一方で、最初から、『わぁ美味しい!』という高級シャンパンもある!

>>美味しさに思わず感動!素人でも”後悔しない”、高級シャンパン2本とは!?!

だからこそ、私のように一般に楽しむ場合で、『あれ?なんだか楽しめないな』という高級シャンパンに出会った場合は、『温度かな?』、『まだ起きてないのかな!?』、『もっと熟成期間置いた方が良かったのかな・・』、『玄人向きだったかな・・』なーんて、色々と気を遣う必要が出てきます。

スポンサーリンク
”個性”は経験値がないと気付けないから

電球アイコン

そもそも、高級シャンパン(ヴィンテージシャンパンやプレスティージュシャンパン)は、個性を売りにしている側面があります。

例えば、プレスティージュシャンパンって大体が”ヴィテージシャンパン”に該当します。スタンダードシャンパンは、様々な年に収穫されたブドウで造られたワインをブレンドして造られるのに対し、ヴィンテージシャンパンの場合は単一年(例えば2004年など)のブドウのみを利用して造られるシャンパン。だから、その年のブドウの個性が反映されるシャンパンということなんですよね。それでも十分個性的!

>>【シャンパンとランク】ランクから知る、選ぶ、シャンパン!ヴィンテージとは?プレスティージュとは?

それに、最高級ランクのプレスティージュシャンパンとなれば、そんな個性に加えて、生産者(メゾン)やブランドの伝統や個性をより全面に出すように労力とコストをかけて造られます。だから、万人にヒットするシャンパンというよりは、各メゾン(生産者)のカラーを出していることが多い!なので、私にしてみれば、高級シャンパンって個性が強い。

でも”個性”を感じ取るには、ある程度の”標準”が出来てないと感じ取れないと感じます。だからこそ、良さを理解するために『気遣い』が必要になります。

スポンサーリンク

その”気遣い”が高級シャンパンのデメリット!?

シャンパングラスに注がれたロゼ

そんな”気遣い”、実は高級シャンパンを飲む上で”デメリット”になる可能性があります。なぜなら、

”飲む側が美味しい!さすが高級シャンパン!楽しい!と思えない可能性があるから!”

例えば、ワイン素人の方も含んだカジュアルな集まりで、「シャンパンを開けよう!美味しく飲もう!」となった時は、開栓してすぐに楽しめるシャンパン、すぐに美味しいと笑顔になれるシャンパンが望まれます。

そんな時には、「気遣い」が必要なシャンパンは雰囲気を変えてしまう可能性がある。”デメリット”になりえるということ。

「でもでも!そんな”雰囲気”の違いなんて素人には分からないでしょ!?」

と思いがちですが、びっくり!私自身がワインを飲み始めたばかりの頃、ワインを飲んでなんだか一気に暗く思い雰囲気になり、「気味が悪いな・・」と感じたことがあります!後にそのワインは、開栓して本領発揮(ひらく)するまで時間がかかるワインだったことを知りました。

なので、素人だからといって侮るべからずなんですよね・・。せっかくの、楽しい集まり、仲間内でワイワイとする会、女子会、ワイン好きばかりではない会であれば、カジュアルで楽しめるノンヴィンテージのシャンパンの方を私はオススメします。

>>開けてすぐに『美味しさ』を感じられる、シャンパンまとめ!

スポンサーリンク

でも、高級シャンパンの”メリット”もあるでしょう!?

プレゼント画像

もちろんある!デメリットとメリットは紙一重のようなもので・・。時と場合によって、デメリットがメリットに転じます。

例えば、目上の人や、ワイン好きの方に贈るシャンパンを選ぶ場合、格式の高さや、高級感、特別感、フォーマル感、価値のあるシャンパンという第一印象のインパクトを贈り先様に示したい場合などは、高級シャンパンはメリットになるはず。

他にも、「別に美味しいかどうかではなく、高級シャンパンの存在自体に価値を感じる」という場合も、高級シャンパンはメリットになりえます。

贈り先様のタイプ(目上の人なのか、友人なのか、ワイン好きなのか・・など)、贈る場面がどんな場面か(フォーマルなのかカジュアルなのか)、贈り物でどんな価値を表したいかによって、高級シャンパンのメリットとデメリットが入れ替わるということですね!

>>美味しさに思わず感動!素人でも”後悔しない”、高級シャンパン2本とは!?!

以上が、『高級シャンパンにもデメリットがある!?高級シャンパンの"メリット"と"デメリット"!』でした!

人付き合いに例えると、「気遣い」とはメリットのように捉えられます。ただ、「気遣い」をしてもそれが相手にとって心地よいかは別のこと。良かれと思って示した「気遣い」から不協和音を生むことだって実際はありえます。

気遣いが相応しい場と、そうでない場がある。シャンパンを贈る目的を意識すると、高級シャンパンを選ぶかどうか、おのずと答えが出る気がしています。

それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事