箱の中のドンペリ

 

ドンペリにまつわる、とっても素朴な疑問。

『ドンペリって毎年出るの?』

実は、これは私がワインを飲まない頃、我が家がお祝いにドンペリを贈ろうと思いつき、ショッピングサイトを見ていた時にふと湧いた疑問でした!

でもこの、疑問を解くには、複合的な知識が必要で、初心者の私にはなかなか分からなかったんです。ということで、『ドンペリって毎年出るの?』という疑問について、まとめておこうと思います!

”ドンペリ”は、毎年出るわけではない!なぜ!?

そうなんです!ドンペリは、毎年出るわけではないんですよね。毎年解禁!とよく耳にする”ボジョレーヌーヴォー”とは異なるということ。

そもそも、ドンペリはヴィンテージにこだわりのあるシャンパン。いわゆる、”ヴィンテージシャンパン”!ちなみに、ヴィンテージシャンパンとは、単一年に収穫されたブドウのみ使用されているシャンパンということ。

うーんちょっとまだ難しい気がするので、もう少し簡単に言えば、下記ドンペリのラベルには、"2006"という年号が書かれているのがわかります。

ドンペリ ラベル

この”2006”が、ヴィンテージ!2006年(単一年)に収穫されたブドウのみを使用していることを意味していてます。


コメントアイコン ”単一年に収穫されたブドウのみ”を使用して造られるってどういうこと!?

空に?の文字

シャンパンは、様々なワインをブレンドして造られることが特徴なんですよね。異なる畑や、異なる年などに収穫されたブドウから造られたワインをブレンドすることで、安定した品質を出します。

そうすることで、ブドウの生育がいまいちで、優れたブドウが収穫できない年でも、リザーブワインといって、ブレンド用に保存してある優れたワインなどで調整することで安定したシャンパンを生み出します。これが、ノンヴィンテージシャンパンと呼ばれているもの。

一方で、ドンペリのように単一年に収穫されたブドウのみを使用する、ヴィンテージシャンパンは、品質安定や伝統的なブランドらしさを出すのに大変な努力が要るんですよね。他年のブドウで造られたワインは使わない。その年のブドウのカラーやドンペリらしさを出しつつも、安定した品質を保つ。最高級品として、リピーターやお客様を納得させる必要があります。

となると、ブドウの出来がどうしても悪い年、品質が安定しない、ドンペリブランドとして相応しい出来にならない年が出てきます。そういう年は、ドンペリとして出さない。なので、ドンペリのヴィンテージライブラリーを見るとよくわかりますが、抜けている年号があるのがわかります。その年号のドンペリは、そもそもないということ。

よって、『ドンペリって毎年出るの?』という質問の回答は、『毎年は出ない。優れた作柄の年のみドンペリとしてリリースされる』ということになります。


 

以上が、”『ドンペリって毎年出るの?』について!”でした。

ドンペリを人に贈ろうした際、知らないものは贈れない!という思いから、色々な疑問が浮かびましたが、なんだか質問するのも恥ずかしく素人ながら必死に調べたのを覚えています。

ただ、知ろうとすると、シャンパンについての知識も必要になり、とーっても難しかったんですよね。なので、素人だからこそ思いついた疑問も素人目線から分かるようにまとめていけたらなと思います。

それでは、また!

Twitterでフォローしよう

Reccomend