3つの時代を通るシャンパン、ドンペリ!【ドンペリからメンタルを学ぶ】-成長とタイミング-

ドンペリことドンペリニョンは、”3つの時”を迎えると言われます。

ワインが、3つの時代を渡る・・、それを味わいで表現できるって、なんだか鳥肌が立ってしまいました。

実際にドンペリは、3つの段階を経ると言われていて、実際に、その”3つの時”を表現するドンペリニョンがリリースされています。いわゆる種類です。

>>ドンペリの種類と価格

“段階”というのは「時」であり「時代」、正式なことばで表すと、「Plenitudes(プレニチュード)」で、『熟成』を意味します。

その3つの時の最高のピークを迎えたドンペリについてまず見て行きましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大の広告

ドンペリが迎える3つの時代

➣1つ目の時代:ドンペリニヨン ヴィンテージ (ドンペリ白)

『約8年の時を経て、最初の熟成のピークの時を迎えた、ドンペリニヨン!』

*上記画像をクリックすると販売先に移動します。

これは、ドンペリニヨンのスタンダートのもの。これも、ヴィンテージシャンパンでもあり、プレスティージュシャンパンとも呼ばれています。

>>ドンペリの種類と価格

すでにこの1つ目の時代である、ドンペリニヨンは約8年の熟成でピークを迎え出荷されます。だから、例えば、1998年の葡萄で造られたドンペリニヨンは、2007年頃にようやく私たちの前にお目見えするということ。

でも、3つの時代を踏まえてみると、まだまだ若さ溢れるフレッシュな状態。『蕾(つぼみ)』と言う表現もされています。

>>1つ目の時代:ドンペリニヨン ヴィンテージを低価格順で探す(楽天市場内)

➣2つ目の時代:ドンペリニヨン P2 / ドンペリニヨン エノテーク (ドンペリ黒)


『約16年の時を経て、2つ目の熟成のピークの時を迎えた、ドンペリニヨン!』

*上記写真はP2として販売されているもの。(クリックすると販売先に移動)

ドンペリはそもそも、優良なブドウが収穫できた単一年のブドウで造られる上に、ドン ペリニョンのブランドを背負う最高責任者の決定によって出されるシャンパン。

>>ドンペリとは?

なので、そもそも、ドンペリのブランドのコンセプトやマニフェストに合わない場合は、世に出ないため、毎年出されるという制約はないんですよね。その中でも、熟成に耐え、素晴らしい飛躍をするだろうと決定され、見事に第二の熟成のピークを迎えたドンペリのみが、『ドンペリニヨン エノテーク/ P2』としてリリースされます。

青春時代を謳歌し様々な経験を積んで晴れて成人式!というようなイメージ。

様々な本を読むと、この2つの時代を過ぎたドンペリは、味わいや香りだけではなく、エネルギーを秘めているとのこと。

そしてこの2つ目の時代を迎えたドンペリ、白だけではなく、ピンドンと呼ばれるドンペリニヨン ロゼでも存在します。

*”エノテーク”と”P2″という名称が付けられたドンペリニョンが存在します。どちらも熟成期間は長く同じようですが、より”2度目の熟成のピーク”ということに基づいてリリースされたのが、”P2″であり、2つ目の時代を感じるという意味では、エノテークより”P2″をオススメします。

>>ドン ペリニヨン エノテークを低価格順で探す(楽天市場内)

>>ドン ペリニヨン P2を探す (楽天市場内)

➣3つ目の時代: ドンペリニョン P3

『25年以上の時を経て、3度目となる最後のピークのを迎えた、ドンペリニヨン!』

約25年以上もの時を経て、リリースされる、ドンペリニヨン。ドンペリの迎える最後の熟成のピーク、それが3つ目の時代です。

成人になった青年が、喜怒哀楽を感じながら様々な経験をして自分の人生をふと振り返る、まさにそんな時を表すのがこの、”P3″と呼ばれる、ドンぺリニョン。

様々な年の中でも、この長期間の熟成に耐え、飛躍を見せたドンペリだけが、”P3″としてリリースされる。まさに希少なドンペリ!

でも、この”P3″にまでなると、お値段はやはり高いですね!希少価値の高いドンペリなので当然といえば当然!でも、ワインを知らなかった頃の私としては、このP3の値段こそが『ドンペリ』に思い描くイメージでした!

>>3つ目の時期:ドンペリニョン P3 を探す(楽天市場内)


以上、3つの時代を渡り歩くシャンパン、ドンペリについてでした。

今回の記事を書いていて感じたのが、『人も同じなんだろうな・・』ということ。

発泡性ワインに限らず、ワインにはまるポイントは、「感情」が伴うことなんですよね。これは、ワイン初心者であってもワイン素人であっても感じることが出来ます。私が出来たんですから!笑

そして、その「感情」が沸き起こすのは、飲んだ時と思いがちなんですが、飲んだ時だけに限らないんですよね。もちろん、飲んで衝撃を受けたり、感情揺さぶられるワインはあって、一生忘れられないというような体験もワインはさせてくれのですが、それだけじゃない!

こうやって、ドンペリの背景や歴史、ブランドの背景を知る内に鳥肌が立ったり、感動してしまうんですよね。そして、自分の人生や生活に当てはめて、考えさせられることがたくさんあって驚きます。

だから今回も、”ドンペリが3つの熟成のピークを迎える”ということで、それを『人間の生活や人生に置き換えて』ついつい、考えてしまいました。

ということで、「ドンペリから学ぶメンタル」と称して、そんなン側面から”ドンペリが3つの時代を迎える”ということについて引き続き書こうかなと思います。

余談ですので、お時間がなければ、ここまでで!またお会いしましょう!

【ドンペリからメンタルを学ぶ】-成長とタイミング-

気球を飛ばす場面

今回、”ドンペリが3つの時代を通る”ということをメインでお話しました。

でもこの事実の中には、1つ目の時代(ドンペリ白)としてリリースされながらも、2つ目の時代(P2/エノテーク)としてリリースされなかった年のドンペリだって存在するということになります。

”1つ目の時代のドンペリからの中でも、長期の熟成に耐えられる年のものと、耐えられない年のものがあるということ”

もちろん、”2つ目の時代の熟成を迎えた(P2やエノテーク)”としてリリースされるか否かの判断は、ブランドの最高責任者が決定することなのですが、リリースされなかったものは、 長期間熟成しても飛躍しなかったということ

それから先の”P3”としてリリースされるのは、また2つ目の時代を通り過ぎた中から僅かになるわけです。

この事実をまとめながら、いつのまにか自分にも重ねていて、

『成長(うまく行く)にはタイミングがある』

っていうことか・・、なんてしんみりと腕を組んでしまいました。笑

いくら焦って、様々な行動を起こしたり、取り組んでも成果を出せないこと、うまく行かないことってあるよな・・なんて。

でも、思いも寄らない時や、きっかけで、今まで苦悩していたことが解決したり、うまく行く経験ありませんか?

私は結構そういう経験が思い起こされて、もちろん欲しい成果や結果を描いて、その望む成果や結果を見据えて日々を送ることを大事だとしても、うまく行かない時は焦らずにタイミングを待つことって大事なんだ・・、と改めてタイムリーな感じで心に響いてしまいました。笑

いや、逆にタイミングを見て待つと意識的に思わずとも、必死であがいてもうまく行かず自然とタイミングを待つことになるのかもしれませんが・・

こんな風に、ワインのことでメンタルに響いてしまうことが多々あります。

それでは、また!