ドンペリコルク

期待を膨らませて初めて買った『ドンペリ』、飲んだ後に、「大したことないな」、「お金の無駄遣いだった」、「もったいなかったな」って感じる方が実は多いことに気づきます。

”これは、初めての『ドンペリ』に潜む落とし穴。” ドンペリが初めての場合は、この落とし穴にはまりがちなんです。

実は、私もその1人!初めて『ドンペリ』ことドンペリニヨンを飲んだ時は、期待でいっぱい!その気持ちが強すぎて、開栓してから複数人でグビグビッと一気に飲み干しました!→あちゃーー!笑 

その時に感じたのが、

「ドンペリってこんなもん?」、「これで1万円以上?」

ってこと。想像のドンペリはもっと、感動といった感情を与えてくれるのだろうと期待していて、ガッカリしちゃったんです。だって、グビグビ複数人で飲んだらすぐ終わっちゃった!挙句の果てには、

素人だからドンペリの価値が理解できないのかも!?でも、これで1万円じゃお金がもったいないな・・

とまで正直思いましたね!でもね・・・、実は飲み方が悪かったから、ドンぺリの価値が分からなかっただけ!ドンペリは高級シャンパンらしく多少の気難しさがあるけれど、ワイン素人さんでも飲み方にさえ気を付ければ”ドンペリの凄さ”を理解することができます。フフフフ・・

ということで、”初めてのドンペリの飲み方!”まとめておこうと思います!

スポンサーリンク

初めてのドンペリで注意したいこと3つ!『ドンペリ』の”本当の凄さ”を知る飲み方とは!?

箱の中のドンペリ

改めて伝えると、

ドンペリは、ワイン初心者でもドンペリニヨンが初めてであっても、飲み方に少し注意を払えば、ドンペリの中の”変化”を感じ、感動を与えてくれる高級シャンパン

でも、飲み方を間違えると、以前の私のように、「なんだ、大したことないな・・。お金もったいなかったな・・」で終わりかねません。それって、本当にもったいない!せっかくなら、楽しむべし!

そのためにドンペリの飲み方&注意したいことが下記3つです!

1. ドンペリ1本を大人数で飲まない!

ドンペリのフルボトル1本は750ml。普通の細長いシャンパングラスで飲むとドンペリ1本を開けるのにグラス6~7杯なはず。それを例えば4人で飲むと・・・グビグビ飲むつもりがなくても、1人1杯くらいになって、すぐ飲み終わっちゃうーー!ギャーーーー!

そうなると、当然ながらドンペリの価値を感じる時間も余裕もなくなりますーー!

ドンペリは簡単に凄さを明かしてはくれない!本来のドンペリの価値を感じるには、時間が勝負なんです。時間をかけてゆっくり飲むことで、ドンペリの温度が少しずつ上がり、ドンペリに起きる『変化』に気づきます。その変化に感動を覚えるんです!

ドンペリの本来の価値や凄さを少しでも感じたいのなら、2人か多くても3人で飲むことがオススメ!ちなみに3人で飲むなら、ゆーーっくり飲んでほしい!

スポンサーリンク

2. ドンペリを開栓してすぐ飲まない!

開いたドンペリ
『ドンペリ』(ヴィンテージ白)は、少なくとも約8年間の熟成期間を経ています。つまり、"長期間眠っていたこと"と同じ。それが急に、コルクを抜いた途端に飲み手の都合で叩き起こされるわけです!

・・・ドンペリの気持ちになると・・、開けた直後って浦島太郎状態。そんな浦島太郎状態の時に、一気に注がれ、飲まれたら・・・、ドンペリからすれば眠気眼(ねむけまなこ)のまま仕事をしろと言われているようなもの!そりゃ本領発揮できない!ドンペリさんの気持ちになってみて!大分きつい!笑

なので、長年の熟成の末に起こされた『ドンペリ』、まずは出番が来たということを認識させるという意味で、コルクを抜いた後、少しばかり落ち着かせましょう!

我が家は10分~20分放置しちゃいました。まずは、長年の眠りから覚めたドンペリ様が本領発揮できる状態まで、少し待つようなイメージ。ただ、夏など気温の高い季節の場合は、すぐに温度が下がってしまうので、ワインクーラーなどで適宜冷やしながらがオススメです。

>>素人でも出来る!ドンペリの開栓方法!

>>ワインクーラーとは?(ドンペリ豆知識)

スポンサーリンク

3. 一気に飲まない!グビらない!時間をかけて飲むべし!

『ドンペリ(ドンぺリニョン)』は、発泡性ワイン。発泡性ワインなので、赤ワインや白ワインよりも飲みやすく、簡単にグビグビ行けちゃいます!

でも待ってーーーー!!ドンペリの凄さを感じるには、時間が必要になります。だから、グビグビ飲まずにあえて時間をかけてゆっくり飲んでほしい!

ドンペリニヨンは、温度が上がるにつれて、香りや味がどんどんと変化していきます。もうね、お見事ってぐらいに素人でもその変化が分かって感動できるはず。我が家の場合、最後には、最初の気難しさは何だったんだっていうくらい、門が開かれて「なんだこのお花畑は!」っていうような優雅な感覚に浸っておりました!笑

だから、是非、チョび飲みしましょう!→チョび飲み=少しずつゆっくり飲むこと。

ドンペリを開ければ、少しずつ温度が上がっていきます。その温度の変化でドンペリが変化していくんですよね~。ワインクーラーに入れておいたとしても、ワインクーラーの氷が少しずつ溶けてきて温度が上がっていきます。

>>冷えていないシャンパンやスパークリングワイン!当日飲むにはどうする!?

もし温度の上がりが遅ければ、ワインクーラーからボトルを出して飲んだって良し!ただ温度の上がりすぎ注意!ぬるすぎると美味しさが減る、ぬるくなりすぎたらまたワインクーラーに入れましょう!

>>”温度”によって生かせる”強み”が違う!”低めの温度"と"高めの温度"、シャンパンやスパークリングワインの美味しさはどう違うの!?

我が家は、冬でしたが開栓から2時間以上の時間をかけてゆーーっくりドンペリを飲み干しました!→いや、会話が弾みまして~♡ 

 

以上が、”初めての『ドンペリ』、飲み方&注意したいこと3つ”

『ドンペリ』は、パーティーなどで次から次へと開けて飲むとか、シャンパンタワーに注いで大勢で一気に飲むというようなイメージがメディアを通して伝わりがちなのですが、それだと本来のドンペリの凄さが分かりづらいです!

ドンペリニヨンは決して安くはない!飲む機会に恵まれたなら、初めての『ドンペリ』で感動や驚きを感じてほしいなと思います!

それでは、また!

>>ドンペリの楽しみ方(ドンペリ豆知識)

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

Reccomend