ドンペリ ラベル

高級シャンパンの”ドンペリ”、出来るだけ安く買いたい!

これって、誰もが思うこと!ドンペリ含むワインって、価格変動が結構あるし、販売されている価格にも差が出ています。

実際、以前はあのドンペリが、1万円満たない価格で販売されていたことがありました!それは、リーマンショックと呼ばれる世界的金融危機が起きた後のこと!現在の価格を考えると驚きですよね!?

ということで、”ドンペリを安く買うコツ&注意しておくべき点”について、まとめておこうと思います!

スポンサーリンク

ドンペリを安く買う3つのコツと注意点!

1.円高の時にドンペリを買うべし!

ドンペリは海外からの輸入品!なので、経済状況によって価格に変動があり、不景気な時、円高の時ほどドンペリが安く買えます

実際、私が最も安くドンペリを購入できたのは、リーマンショックという世界的な金融危機が起きた後、経済が不安定になった時。その頃は、円高で、なんとドンペリことドンぺリニヨン白が9千円代!!

ドンペリブランドの価値は変らないのに!不景気な時、円高の時は、まさにお得にドンペリを購入することが出来ます!

>>”ドンペリ”を探す(楽天)、(amazon)

スポンサーリンク

2.ネットショップを利用する!

なぜネットショップでドンペリを安く購入出来るかというと、大手ショッピングサイトを利用すれば、ドンペリを低価格順に並べることが出来るから!そうすれば、最も安いドンペリを選ぶことが出来ます。

一方で、直接足を運ぶ必要のあるワインショップ、デパート、大手スーパーなどの場合は、他店と価格を比べることってなかなか出来ない。お店をはしごしない限りは比較が出来ません。

そう考えると、ネットショップは、ドンペリをお得に楽に購入することが出来ます。

 

注意点

ただ、ネットショップを利用する場合に注意が必要なのが下記2点。

  • 送料がかかる場合がある
  • 実際に商品が見られない

ネットショップ利用の場合、商品は配送で届くため、送料がかかる場合あり!ただ、ドンペリの場合、1本の価格が高いので、送料無料で対応してくれるショップも複数あります。

そして、ネットショップの場合は実際に商品を見ることが出来ないため、ラッピングの状態などが分かりづらいことがあります。ショップによっては、ラッピング対応の情報を分かりやすく公開しているところもあり、そういった対応のあるショップを選ぶと安心。当サイトでも、”ギフト購入レポ”として、ショップのラッピング状態を写真付で公開していますので、ご興味があれば参考としてどうぞ!

>>”ドンペリ”を探す(楽天)、(amazon)

スポンサーリンク

3.並行輸入品を選ぶ!

ドンペリ(ドンペリニヨン)の購入を検討し、大手ショッピングサイトを見ていると、同じドンペリニヨンでも、価格に若干差があることが分かります。それは、時に数千円の差があって、「一体何が違うんだ!?」と感じるはず。

そして、若干安いドンペリの商品説明のほとんどに、”並行輸入品”という表記があることに気づきます。

では、並行輸入品ってなぁに?

並行輸入品とは・・

正規品とは、正規のルートで販売しているドン ペリニヨンのこと。ドンペリの輸入販売元は、”MHDディジアオ モエ ヘネシー”。よってその記載があれば、正規品になります。
それに対し、並行品は、正規販売者以外の個人や団体、組織が輸入していものを意味します。

参考:ドンペリ購入ナビ

簡単に言ってしまえば、並行輸入品とは、正規ルートで輸入されていないドンペリということ。正規品のドンペリと品質が変りない場合は、並行輸入品はお得なドンペリになりますが、並行輸入品には当然ながらリスクが存在します。

 

注意点

 

並行輸入品の場合、当然ながら正規輸入ルートではなく、個人や他組織がそれぞれで輸入します。そうなれば、保存状態、輸送状況は、その個人や組織によって異なるため、品質の保証はありません。

そのため、ドンペリをギフトやプレゼント、贈り物として利用したい場合で、失敗を限りなく0に抑えたい場合は、『正規品のドンペリニヨン』が無難。

それ以外に家飲み用だったり、身内への手土産だったりする場合は、リスクを受け入れた上で、並行輸入品を活用すればお得。ちなみに我が家の場合、並行輸入品も購入しましたが、今のところ一度も問題なく、お得なドンペリになりました!

 

以上が、”ドンペリを安く買うための3つのコツ&注意点”でした。

それでは、また!

>>”ドンペリ”を探す(楽天)、(amazon)

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

Reccomend