ドンペリの箱

シャンパンやスパークリングワインを探していると、「箱付き」という表示があるものとないものがあるのに気づきます。そうなると、「箱付き」のものにするか、「箱なし」を選ぶか、迷いが生じるんですよね。

なぜ迷うかというとズバリ「あり」「なし」によって、価格差があるからです。「必要ないものに費用はかけたくない」、そう思うのは当然。

では、シャンパンやスパークリングワインの場合、「箱付き」と「箱なし」ではどんな違いがあるのでしょうか。

今回は、贈り物で失敗しないためにも、シャンパンやスパークリングワインの箱事情についてまとめておこうと思います。

スポンサーリンク

シャンパンやスパークリングワインの「箱あり」、「箱なし」って何が違うの!?

ポメリーウィンタータイム

シャンパンやスパークリングワインを探していると、同じものでも『箱あり』のものと『箱なし(ボトルのみ)』の2タイプが販売されているのが分かります。何が違うのか、簡潔にいえば贈り物としての印象と、価格が違います。

もう少し詳しく、それぞれのメリット、デメリットを見ていきましょう。

「箱付き」「箱あり」シャンパンやスパークリングワイン、メリット&デメリット!

パイパーエドシック レア ヴィンテージ

「箱付き」のメリット

  • 高級感、フォーマル感、重厚感といった印象を与えやすい
  • デザインされた箱が多く見た目から楽しめる
  • 箱を覆うように、包装紙でラッピングすることが容易(一部のデザインは不可)

「箱付き」のデメリット

  • 箱付きの方が、箱なしよりも、価格が高い

箱付きのシャンパンやスパークリングワインは、フォーマル感や特別感が出やすいです。なので、目上の方やお世話になった方へのプレゼントやギフト、特別なお祝い時は箱付きがオススメ。

シャンパンの場合は正規箱付きのものだと、ボトルデザインと同じように箱もデザインされていることが多くオシャレなものが多数存在します。

ただ、箱付きでないものを購入した場合でも、ラッピングとして箱を購入できる可能性大。ラッピングとして箱を付けるのもありです。

「箱なし」のシャンパンやスパークリングワイン、メリット&デメリット!

シャンパンハーフボトル

「箱なし」のメリット

  • カジュアルに贈ることが出来る
  • 箱付きよりも価格が安い

 

「箱なし」のデメリット

  • 包装紙でのラッピングが難しいため、ラッピングの種類は限られる
  • ラッピングの種類によって、見え方が変わる
  • 重厚感、フォーマル感は弱め

上記のようなことから、ホームパーティやBBQなどのカジュアルな手土産のシーンでは、逆に箱なしの方が気楽でオススメです。

ただ、「箱なし」シャンパンやスパークリングワインをプレゼントやギフトにするのも全然あり。予算的に箱なしだったら購入できることって往々にしてあります。

そんな場合は、ラッピングを工夫しましょう!ラッピング次第で、箱付きと同じように素敵なプレゼントやギフトにできます。

「箱なし」でも大丈夫!上品に見せる、ラッピングのコツとは!?

ドゥブル

上記は「箱なし」で購入したスパークリングワインですが、どうでしょう。とてもステキに見えませんか!?

そうなんです、ラッピング次第で「箱なし」シャンパンやスパークリングワインでも見栄え抜群にすることが出来ます。つまり、「箱なし」シャンパン・スパークリングワインを見栄え良くするコツは次の次の通り。

  • 気に入ったラッピング対応のあるショップを選ぶこと!
  • ラッピングをケチらないこと!

箱なしのシャンパンやスパークリグワインの場合、ラッピング次第で印象がガラリと変わります。そして、ラッピングサービスはショップによってかなり差があるため、気に入ったラッピングサービスのあるショップを選ぶことが大事。

そして、ネットショップの場合は、ラッピングはほとんど有料ですが(一部、素敵なラッピング無料対応のところもあります)、経験上、ケチらないことが大事です。

箱なしシャンパン・スパークリングワインのラッピングについて詳しくは、ラッピングについてまとめた記事がありますので、参考にしていただけたらと思います。素敵なラッピングサービスを提供しているショップも紹介しています。>>シャンパンのラッピング豆知識!

以上が、シャンパンやスパークリングワインの箱事情についてでした。それでは、また!

Twitterでフォローしよう

オススメ記事