シャンパングラスに注がれたロゼ

お祝いやプレゼント、ギフト、手土産、様々な場面での贈り物に、『スパークリングワイン』や『シャンパン』を贈りたいと思いつく方は多いはず。

そこで、

『なぜ、スパークリングワインやシャンパンが贈り物に選ばれるのか』、
『贈り物にスパークリングワインやシャンパンを選ぶとどんな良いことがあるのか』

今回は簡単にまとめてみました!

スポンサーリンク

贈り物にシャンパンやスパークリングワインが選ばれる、5つの理由!

まずは、先に5つの理由を挙げてみます。

1. ”特別”、”お祝い”、そんなイメージが付き物

シャンパンで乾杯

結婚式など、慶事の乾杯で"シャンパン" や "スパークリングワイン" が使われることが多く、また、メディアを通しても"シャンパン" や "スパークリングワイン" に、”特別”、”お祝い”、”高級”というように伝えられるため、そんなイメージが日本中に浸透しているのが最大のメリット。

そのイメージは、ワインを普段飲まない人でも容易に連想することができるはず!すごい!

そんな、”特別”、”お祝い”、”高級”というようなイメージは、贈る側だけでなく、贈られる側でも自然と共有することが出来ます。

つまり、"スパークリングワイン" や "シャンパン" は、相手にお祝いや特別という認識を伝えるのにはとても適したギフトになります。

2. 五感で楽しめる

ポルロジェ

シャンパンやスパークリングワイン、は5感で楽しめるお酒であることもメリット!

  • 視覚・・グラスに注げば、黄金色の中に立ち上る泡は美しく、つい見てしまいます。
  • 聴覚・・泡がパチパチと弾ける音が時を演出し、発泡性であることを楽しめます
  • 味覚・・もちろん飲めば美味しい一時を過ごせます
  • 嗅覚・・香りを楽しむことができます
  • 触覚・・冷えたグラスやボトルで涼を体感できます

3. ワインが苦手な人でも飲みやすい

並ぶシャンパングラス
発泡性ワインなので、ワインを普段飲まない方、アルコールを普段飲まない方でもとても飲みやすいのもメリット!さらに、甘口タイプを選べばなおさら飲みやすくなります。

ワインの中では、最も飲みやすいのが、シャンパンやスパークリングワインだと感じます!

4. すぐ飲める、熟成させなくて良い

シャンパングラスと夕焼けの海

そうなんです。シャンパンやスパークリングワインは、自宅で保存し熟成しなくてもすぐに飲めるワイン。

赤ワインや白ワインだと、(得に赤ワインは、)熟成させないと魅力を引き出せなかったり、美味しいと感じられないものが存在します。そうなると、素人だと難しい!また、ブドウが採れる畑や場所の知識がないと、特別感を共有できない場合もあります。

一方、シャンパンやスパークリングワインは、熟成のピークを迎えた段階で出荷されていたり、すぐに飲めるように出荷されるので、熟成の心配は無用。普段ワインを飲まない方にでもオープンなワインなんです。

5. ワインの中では選ぶのが簡単!

ワインとを選ぼうとすると、赤ワイン、白ワイン、スパークリングワイン、シャンパン、すべてが含まれ、量や種類が膨大でとても迷ってしまいます!そのストレス、侮るべからず!

あまりの量の多さに、見るのも疲れ果ててしまい、ワインを贈ることすら諦めてしまう方も多いんですよね!

それに比べ、スパークリグワインやシャンパンに絞れば、まだシンプルで分かりやすい!『ドンペリ』、『クリュッグ』、『モエエシャンドン』などのシャンパンは、割と多くの人が聞いたことがあるブランドであったり、ファッション雑誌で特集されていたりで、知っている名前があるだけでも馴染みやすく、選ぶ上での敷居が低いと思います。

>>お祝いに”シャンパン”と”スパークリングワイン”、どちらが良いの?
>>お祝いシーンや予算、行事などから簡単にシャン・スパを探す!(シャン・スパギフト!)

-----

以上が、贈り物にシャンパンやスパークリングワインが選ばれる理由まとめ”でした!

スパークリングワインやシャンパン、楽しんで贈り物を選べますように!

それでは、また!

Twitterでフォローしよう

オススメ記事