セグラヴューダス ブルート レゼルバ エレダード

以前は、【シャンパンと有名人】ということで、シャンパンについて有名な情報をまとめましたが、今回はシャンパン以外のスパークリングワイン、”有名人や公式イベントにまつわるスパークリングワイン"について情報をまとめておこうと思います。

スポンサーリンク

有名人や公式イベントにまつわるスパークリングワイン、まとめ!

1.ロジャーグラート カヴァ:スペイン

  • 2008年パリコレ公認のスパークリングワイン
  • ロゼは、日本のテレビ番組の『芸能人格付けチェック』という企画内で、有名人がドンペリと間違えたことで一躍有名に!

スペインのスパークリングワイン(カヴァ)!日本においてはスパークリングワインの中では、有名。というのも、テレビ番組内で、有名人が、知名度の最も高いシャンパン"ドンペリ"と間違えたスパークリングワインということで、一躍有名に!

ドンペリというブランド力が浸透している日本では、話題性があって、とても分かりやすいスパークリングワインです!値段は、ドンペリの1/10以上!お手頃です!

種類も、辛口から、甘口、白やロゼなど豊富な種類があります。

【価格】1500円程度~*価格は変動します。

>>”ロジャー・グラート カヴァ ロゼ”を探す(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

2. フェッラーリ:イタリア

  • イタリアの大統領官邸や、大使館などの公式晩餐会に必ず出されるというスパークリングワイン
  • 車とは無関係なものの、ネーミングが似ていることで、なぜか高級車を連想させてしまうスパークリングワイン

イタリアのスパークリングワイン(スプマンテ)です!名前が似ていることから、車のフェラーリをついつい連想してしまうのですが、無関係なんですよね。でも、一度見たら記憶に残ってしまう、ブランド名、それがとても魅力的です。

【価格】3000円代前半~*価格は変動します。

>>”フェッラーリ”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

3. セグラ・ヴューダス:スペイン

  • 1992年バルセロナオリンピック、公式スパークリングワイン(カヴァ)
  • TBSの番組内で、有名人がドンペリと間違えたスパークリングワイン
  • スペイン王室御用達

こちらも、ドンペリと間違われたスパークリングワインとして、話題性があって分かりやすいスパークリングワイン。

上記の商品画像は、セグラ・ヴューダスの中でも最高級品といわれる"セグラヴューダス ブルート レゼルバ エレダード"というもの。ボトルデザインがとても素敵で、置いておくだけでその場の雰囲気を華やかにしてくれます。

【価格】1000円代前半~*価格は変動します。

>>”セグラ・ビューダス”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

4. グラハム・ベック:南アフリカ

  • オバマ大統領の大統領就任演説前の祝杯に使われたスパークリングワイン
  • ネルソンマンデラ大統領の就任式典に飲まれたスパークリングワイン
  • ”グラハム・ベック・キュヴェ・クライヴ”は、映画『007 Carte Blanche』の原作に登場

南アフリカで最も有名で、最も多くの賞を受賞している生産者が造るスパークリングワイン。上記のような、歴史的瞬間に立ち会ってきたスパークリングワインとして話題で、初心者にも分かりやすくとても美味しいスパークリングワイン!

一部のシャンパンよりも美味しいかも!?この値段で、このクオリティ!?そんな驚きのコストパフォーマンスを持つ1品です!

【価格】1000円代後半~*価格は変動します。

>>”グラハム・ベック”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

5. コドーニュ:スペイン

  • スペイン王室御用達

これもスペインのスパークリングワイン(カヴァ)!スペインで初めてカヴァ(シャンパン製法のスパークリングワイン)を造った、名門の生産者のスパークリングワイン!

【価格】1500円程度~*価格は変動します。

>>”コドーニュ”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

6. アルガブランカ・ブリリャンテ:日本

  • ”2016年G7伊勢志摩サミット”で出されたスパークリングワイン
  • ワインの漫画、”神の雫”にも登場したスパークリングワイン

日本が誇るスパークリングワイン!感情を揺さぶられた、スパークリングワインでしたがお値段はシャンパン並みです。

【価格】5000円代~*価格は変動します。

>>”アルガブランカ ブリリャンテ”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

以上が、"有名な方や有名イベントにまつわるスパークリングワイン、まとめ!"でした。

それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事